清志郎を撮り続けた女性写真家 AERA '10.8.23

8月16日発売のAERAに、写真集 『BOYFRIEND』 についての記事が掲載されている。
内容は、追分日出子さんというライターによる、おおくぼひさこさんのインタヴューだ。

目次を見ると 追悼 というテーマの記事だった。
1年以上も経っている今、この 追悼 という文字には何となく違和感を覚えたけれど、
世間にとっては不思議でも何でもないのかもしれない。

CIMG8018.jpg CIMG8020.jpg

ひさこさんが好きなのは " 場面を設定して作りこんだ写真 " とのこと。
それに続いて、こんな発言があった。

  キヨシちゃんって、普段は静かで淡々とした印象。
  だから私は彼を激しく撮ろうとはしなかった。

あぁ、そうか…。
ひさこさんが撮るRCサクセションの清志郎に僕が感じていたのは、
おそらく、こういったことだったのだろう。

ステージでシャウトしている写真であっても、
他のカメラマンのそれとは、僕にとっては何かが違っていた。
例えばそれは、チャボ風に言えば " ロンリーな雰囲気 " であったり…と言ったような。

80年から90年までの一連のRCサクセションをあらためて見かえしてみると、
ひさこさんの、このカメラマンとしての清志郎に対する視点は、
最後まで変わらなかったんじゃないかなって思う。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's BBS
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ