真夏の臨時ニュース 1994.8.13 GLAD ALL OVER

本当にココロから楽しみに待っていたライヴというのは、
それこそ数限りなくあった…と言いたいところだけれど、実はそうでもない。
すぐに思い浮かべられるのは、正直、片手で足りるほどだ。

まずはブルース・スプリングスティーンの初来日公演。
続いてはローリング・ストーンズの、これまた初来日公演と、
同じくストーンズの日本武道館公演。
そして忌野清志郎の完全復活祭、日本武道館。

もちろんそれぞれ期待していた質が違うし、
比べあって上だ下だと順位を競っても無意味だ。
それでもそれを承知で、僕の期待が一番だったと断言でき、
しかも、おそらくこれからもこれを超えるものは無いだろうライヴ。
それが94年8月13日、日比谷野外大音楽堂で行われた GLAD ALL OVER だ。

94年の8月というのは、RCサクセションが活動休止した91年からは、
考えてみたら、たった3~4年しか経っていない。
でも、この時期に忌野清志郎と仲井戸麗市が共演するということは、
それぞれのファンはもちろん、とりわけRCサクセション・ファンにとっては、
そりゃ、物凄いものがあったのだ…と決め付けてしまうのは良く無いかもしれない。
ただ、少なくとも僕にとっては大事件だったのは間違いない。

同じ年の6月に、渋谷公会堂でココロの準備、気持ちのリハーサルをしていたが、
やはり夏の日比谷野音で二人を観るということは、違うのだ。

ライヴが発表になり、WEEKLY ぴあやロッキング・オン・ジャパンで特集が組まれ、
届けられたフライヤーには、浴衣姿の清志郎と麦藁帽子のチャボがいた。

CIMG8006.jpg CIMG8008.jpg CIMG8009.jpg

ライヴ自体は、CDはもちろん映像作品としても残されているので、
それを聴いて、観れば、いつでもあの日を思い出せる。
ただし、CDは完全収録だが、映像はそうではない。
しかも「いい事ばかりはありゃしない」と「君が僕を知ってる」が映像では漏れている。
あり得ない。
何とか未発表映像を追加して再発して欲しいものだ。

ちなみに、僕が所有している映像作品はレーザーディスク。
時代ですねぇ(笑)。
もちろん後からDVDで買いなおしたけれど。

特典でもらった巾着袋は、大きさが丁度良いので、
旅行などで小物入れとして重宝している。

CIMG8010.jpg CIMG8017.jpg CIMG8015.jpg
CIMG8012.jpg CIMG8013.jpg CIMG8014.jpg

さて、作品として残されているとは言え、
ライヴが始まる前の野音を取り巻いていた、ある種の異様な雰囲気。
さすがにそこまではCDや映像からは伝わってこない。

前述したライヴはすべて、ファンの期待というものがエネルギーとなること。
そして、それを僕は身体で感じることができたものばかりなのだが、
GLAD ALL OVER は、アタマひとつ…いや、二つも三つもこれが抜けていた。

地下鉄の内幸町駅を出た瞬間に思ったのは、
いつものセミの声は同じだったが、空気が確実に違っていたことだ。
日比谷公園にいるファンのすべてから強烈な想いが、
" 清志郎とチャボに会いに来た " 的エネルギーが放たれていたのはもちろん、
今まで体験したことが無いほど寄って来るダフ屋のおっさん達からも、
そんな雰囲気が漂っていたのである。

ところで、開場1時間ほど前に僕がおっさんに吹っかけられた買値は2万円だった。
開場…もしくは開演時間近くには、これが5万円になっていたことを聞いた。
当時の売値の相場は、大体が買値の倍だったはずだから、
おそらく10万円近く払ってこのライヴを観た人がいるのかも知れない。
ちなみに、当日7万円を用意して行ってもチケットを買えなかった人を僕は知っている。
その一方で、例の場所から見事に潜り込み、ライヴを観た人も二人知っている。

話を戻すが、とにかく開演前は、野外にいるのに息苦しかった。
これは " 蒸し暑くて " というのとは違う。
ファンの期待が、そうさせていたのだと僕は思っている。
期待というのは嬉しさや喜びの感情のはずだが、それがある一定量を超えると、
たぶん逆の感情に似たモノをも呼び起こすのだと実感した。
簡単な言葉にしてしまえば " もう、どうしていいのかわからない " のだ。
だって、あと数十分後には、清志郎とチャボが日比谷野音でライヴを演るのである。
それはどういうことなのか、何がそこで起こるのか、僕は何を観て聴くのか…。
どうしていいのか、わからなかった。
あの場にいた多くのファンも似たような気持ちだったのだと僕は思っている。
とにかく、あんな開演前の雰囲気は、この時しか体験していない。

これがココロから僕が楽しみに待っていたライヴ、
本当にココロから僕が期待していたライヴという点で、
スプリングスティーンやストーンズの初来日よりも、
そして清志郎の完全復活祭よりも GLAD ALL OVER が上だったという理由だ。

チケットの半券を確認したら、僕の席はCブロックだった。
そんなに後ろだった記憶が無かったので、少し意外だったな。
でも、そういえば野音で観るライヴはCブロックというのが多かったなぁ。
確か近くの席に、どんとと2・3'sのメンバーがいたことを覚えている。

CIMG8016.jpg

ライヴはあっという間に終わった。
幸せな時間というのは、体感するのは実際に経過した時間の半分以下だなぁ。

僕が観たのはRCサクセションではなかったけれど、
清志郎とチャボは16年前の今日、
確かに夏の日比谷野音でRCサクセションしてくれたんだ。

     **********

GO!!60 8月の上信越ツアーが終了した。
僕は金沢を観ることができたが、他の会場の様子を伝え聞いたことを合わせて考えると、
去年の5月以降、夏が嫌いになりそうさと歌った…歌っているチャボだが、
今年の夏は、そんな雰囲気は感じられないようだ。
「夏の口笛」でもわかるように、当然、夏の清志郎を思ってのツアーだったと思う。
金沢では、まさにそんな話の最中に花火の音が鳴るという素晴らしい偶然も体験したし。

チャボは今、ホテルだろうか、帰りの車中だろうか、それとも…。
16年前の今日のことを、チャボは思い出したりするのかなぁ。

二人でこんな素敵な夏を過ごしていたのだ。
チャボは夏を嫌いになるはずがない…と思うよ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

RCのライブを一度も見ることができなかった私にとって
GLAD ALL OVER はRCのライブです。
RCのライブに行った人の話を聞くたびにいつもうらやましい気持ちでいっぱいでした。
でも、RCのライブにたくさん行っているBLUEさんが一番というこのライブに行けて
なんだかとても嬉しくなりました。

RC休止後、初めての二人揃うライブでしたから、見に来ている人も見に来ていない人も、
それぞれいろんな思いがあるライブだと今からは思いますが、私はとにかく興奮してました。

初めての野音、初めて見る並んで立つ清志郎ちゃんとチャボ、会場で買ったうちわ、
暗くなってから見上げた夜空のきれいな月。
’ようこそ’のベースが聞こえた時に鳥肌がたったこと。
今でもたくさん覚えています。

今日も朝から蝉が鳴いています。

No title

私も、このライブの目撃者の一人です。
その前夜?にテレビで観た、EVERYDAY WE HAVE BLUES とともに、今でも鮮烈に記憶に残っています。

2人の「夜の散歩をしないかね」も、このライブがきっかけで後に定番化していったような。その日は東武伊勢崎線の友人宅に泊まることになっていましたが、あまりの興奮と酒の勢いで、上野まで歩いたことを思い出しました。
「きれいな月だよ~出ておいでよ。今夜も二人で歩かないか?」

野音といえばうちわ。あのときのうちわ、まだ実家にのこっているかなぁ。

Re: うめさん

> RC休止後、初めての二人揃うライブでしたから、見に来ている人も見に来ていない人も、
> それぞれいろんな思いがあるライブだと今からは思いますが、私はとにかく興奮してました。

あの当時の私は、二人はもう一緒にやらないんじゃないか…と思っていましたから、
このニュースはとても嬉しかったし、同じく興奮しました。
実際のライヴ以外のことを良く覚えているのも、この時だけの独特なものです。

Re: tさん

> 2人の「夜の散歩をしないかね」も、このライブがきっかけで後に定番化していったような。

あぁ、そうかもしれませんね。
それにしても、観に行った人の数だけの、色々な思いがあるんでしょうね。

> 野音といえばうちわ。あのときのうちわ、まだ実家にのこっているかなぁ。

うめさんも書いていますが " うちわ " のイメージがRCの野音には強いですよね。

あの日も暑かったですね

私も九州から行きました。ライブの前後何したか全然覚えてません。それ位ライブに集中してました。普通東京に行く時は目的以外に色々遊んだりするのですが、あの日は野音にひたすら集中。少し早く行ったらリハが聴こえて来て、選曲が分かってしまうと楽しみが減るので、一旦立ち去り、時間潰して会場入りしました。本番はあっという間でした・・・。RCの曲以外では「夏の色調」やってくれたのが嬉しかったです。そういえばこの日以外、「SWEET SOUL MUSIC」は二人の競演では殆どやってないですね。このライブの後、たった一人で全国回ったのがチャボさんらしいと思いました。後日リリースされた映像は、作品は良かったけど曲が少なかったのがなあ・・・。「エンジェル」も「スローバラード」も「君が僕を知ってる」も入ってないし。

感謝です!

チケット取れなくて涙を呑んだ俺にとってこの生々しいエントリーは非常にありがたいです。
なんか情景が目に浮かびました。
どんな評論家先生が書いたもっともらしいモノより、深い思いを持つBlueさんならではですね!
以前、自分のブログでも書きましたがチケットは近くのチケPに早朝から並んだものの取れなくて。
確か、1分かかんないで無くなりました。
スタッフ同士が「ちょっと●●さん、信じられます?」とか言ってるの聞いて
「当たり前だろ!清志郎とチャボが久々に一緒にやるんだぜ!」と思ったのを思い出しました。
完全版の映像、期待したいですね。

Re: デッカードさん

> 少し早く行ったらリハが聴こえて来て、選曲が分かってしまうと楽しみが減る

野音はこれが難点なんですよね(笑)。私もかなり注意していましたよ。

> このライブの後、たった一人で全国回ったのがチャボさんらしいと思いました。

作品化されていませんが、チャボはライヴで「スケッチ '94・夏」という曲を演っています。

Re: LA MOSCAさん

> チケット取れなくて涙を呑んだ俺にとってこの生々しいエントリーは非常にありがたいです。
> なんか情景が目に浮かびました。

まったく個人的な感覚ですから、あの日のお客さん全員が私と同じとは限りませんが、
開演前の、あの独特な雰囲気は忘れられませんねぇ。

> 確か、1分かかんないで無くなりました。

そうでしたか。野音のキャパじゃ仕方なかったかなぁ。

あの日も暑い一日でしたね

私は、残念ながらチケットが取れませんでしたが、でもやっぱりいてもたってもいられなくなって、RC友を誘って取り合えず野音に行きました。
外野で聴いてましたが、外野もかなりの盛り上がりでしたよ~!
夏の野音ってやっぱり特別な気持ちや思い出がつまってますね。
コメントされた方も言われてましたが、あの日の月はホントに綺麗で、カメラで撮影した写真を今も大切に持ち歩いています。

Re: ユキチさん

> 外野で聴いてましたが、外野もかなりの盛り上がりでしたよ~!

私は野音の外でライヴを聴くという体験をしたことが無いのですが、
さすがにこの日は盛り上がったんでしょうね。

> コメントされた方も言われてましたが、あの日の月はホントに綺麗で

「ハイウェイのお月様」の演奏中で、
チャボが一瞬、空を見上げる、私が大好きなシーンが映像に残されています。
キレイなお月様がチャボにも見えたのかな?

No title

GLAD ALL OVERは本当特別ですね!
もう涙が止まらなくなって仕方なかったですよ。
私の元々の座席は当日カメラ席に変わってしまい、その場で座席変更を余儀なくされましたが...。
センターブロックになったのですが、後の方になってしまいちょっと残念でした。
あの時期のチャボは座って演るスタイルをとっていたと思うんですが、宣言通りでしたもんね。

でもこの4年間の長さって半端じゃなく長かったなぁ...。


Re: youさん

> あの時期のチャボは座って演るスタイルをとっていた

あぁ、初期の麗蘭スタイルですね。
結局は興奮して立つんですが(笑)。

> でもこの4年間の長さって半端じゃなく長かったなぁ...。

RCファンにとっては、やっぱりあの4年間は長かったのかな?
今思えば、二人が一緒に演ることが本当に信じられなかったものなぁ…。

1994年 夏

ども。ご無沙汰してます。
Blueさんの文を読んでたら、あの夏の日のことがよみがえってきました。

あのライブ、野音で初めてAブロック席だったんです。チケットが届いた時もうめちゃくちゃうれしかったですね。

90年をはさんだ数年間は個人的に人生で最もヘビーな漆黒の時期でして、94年はそんなところからようやく抜け出した頃でした。
久しぶりの野音は、ものすごくまぶしくてあつくて、熱をもった人たちに圧倒されて、私は身の置き所がなく、ちっちゃくなって座っていました。

ライブは鮮明に心に焼きついていますが、野音に着く前や出ていった後のことはほとんど覚えていません。
ただ野音を出る時、「そういえばチャボさんが自由にしてあげた風船はどこに飛んでいったんだろう」なんて空を見上げたことは覚えています。何時間も経ってるのだから見えるわけないのに(笑)。

それと、その時…ライブが終わった時、なんか自分が浄化されたような気持ちにもなってました。
もう、身の置き所がないなんて思わなくなってたし。なんだったのかなぁ、あれは。
ん~、まるで任侠系の映画見たあと、肩いからせて歩いちゃうみたいな感じ?(…全然違うか。笑)

で、2010年 夏
あの日あの夏ほどまぶしくあつくはないけれど、今年限りの今年の夏も、まちがいなく
“いい夏”です。

Re: 蘭芳さん

> あの夏の日のことがよみがえってきました。

私もコトあるごとに94年の夏は思い出しますし、いい夏だったなぁとも思います。
ただ、あんなにいい夏だったのに…いい夏だったからこそ、今ではとても切ないです。

> ただ野音を出る時、「そういえばチャボさんが自由にしてあげた風船はどこに飛んでいったんだろう」
> なんて空を見上げたことは覚えています。何時間も経ってるのだから見えるわけないのに(笑)。

あぁ、確か曲が終わって二人で風船を飛ばすんでしたねぇ…。
そのシーンも映像には入っていたなぁ。

> それと、その時…ライブが終わった時、なんか自分が浄化されたような気持ちにもなってました。
> もう、身の置き所がないなんて思わなくなってたし。なんだったのかなぁ、あれは。
> ん~、まるで任侠系の映画見たあと、肩いからせて歩いちゃうみたいな感じ?(…全然違うか。笑)

わかるわかる!
私は清志郎やチャボのライヴで、似たような気持ちに何度もなっていますよ。

> で、2010年 夏
> あの日あの夏ほどまぶしくあつくはないけれど、今年限りの今年の夏も、まちがいなく
> “いい夏”です。

チャボ、曲を描くんじゃないかなぁ。
もちろんタイトルは「スケッチ 2010・夏」。
何だか10月9日、またはそれ以降のライヴで披露されそうな気がします。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ