ぼくはロックで大人になった~忌野清志郎が描いた500枚の絵画~ NHK BShi

番組タイトルから、当然のように清志郎の " 絵 " に焦点を当てたものだと思っていた。
もちろんそういった内容ではあったが、
実際に観終えた今の感想は、すべてでは無いにしても、
清志郎の人生を2時間の駆け足で振り返るドキュメンタリーだったなぁということだ。
紹介されるほとんどのエピソードは知られているものだったとは言え、
ディープなファンも納得できる丁寧で深い作りだったのではないか。
というより、初めからビギナー向けには制作していないようにも思う。

リンコ所有のノート類や、
清志郎自身の日記…これは 『十年ゴム消し』 のもとだろう…など、
TVとは言え資料的な価値が高かったというのも良かった。
特に清志郎自筆のものがこれだけたくさん見られたのは嬉しい。
過去のライヴやTV出演の映像よりも、これらを見られた事のほうが僕には重要だった。
あくまでも僕にとっての忌野清志郎は音楽家だ。
だから彼が描いた絵に魅力を感じながらも、同じく書いたものならば、
「宝くじは買わない」の初稿のほうに惹かれるのである。

さて、やはりこれに触れないわけにはいくまい。
チャボのインタヴューも、短いながら放映されていたが、これがまた…。

RCサクセションの休止や 『COVERS』 についてチャボが実際に発言…しかもTVでというのは、
もちろん僕が知る限り…いや、僕が知る限りではなく、おそらく初めてのことだろう。

  俺は(COVERSは)嫌だったんだ

ここまでハッキリと 『COVERS』 について話すチャボを観ることになるとは…。

" もう、いいよ " って思う。
チャボがこういう場に出てくることは、もういいんじゃないかと思う。
今後はチャボの音楽活動の中だけで清志郎のことを語っていく、
清志郎の音楽を伝えていく、それだけでいいんじゃないか…と思う。

それにしてもRCの終わりを失恋と表現するというのは、
清志郎とチャボの関係を考えると、たまらないものがある。
そして、この話をしているときのチャボの表情はなぁ…。

この番組により、ここにきてまた色々と揺さぶられたファンも少なくないんじゃないだろうか。
何だか、今は凄くチャボに会いたい気分だ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

そうですね、なかなか奥深い内容の番組で、TVにかじりついて観たというのは久しぶりでした。

私も、チャボさんのCOVERSに対する発言にはドキッとしました。今だからハッキリと…?
そして、『RS停止=失恋』の話の時には、こらえているチャボさんの表情にこちらが泣いてしまいました。

私も、このブログを読ませていただいて、同感です。
これからは、ライヴとかでちょっとした笑いも交えながら思い出を語ってくれるチャボさんにたくさん会いたいです!

Re: snowdropさん

> 『RS停止=失恋』の話の時には、こらえているチャボさんの表情にこちらが泣いてしまいました。

もう、こういうチャボを私はTVで観たくないです。

今どきBSが観れなくて。

家でBS観れないので観てないんですが…。
DVDにでもなってくれないかしらん。
チャボのインタビューはとても気になるし。
私も『COVERS』はあまり賛成じゃなかった。
(もちろんチャボの立場からの意味とはだいぶ違うでしょうケド)
買っていないですし。だいぶ経ってからレンタルして
カセットテープに収めただけなんです。
アルバムがチャートの1位になったときは(なりましたよね?)
何だか悔しかったな…。何それー…と思った。
RCサクセションが、清志郎が、社会的な事を歌ったりするのが
あまりふさわしくないって思ってたと思うし、
にわかRCファンみたいな人達が増えたような気がして
ちょっと悔しかった。
でも清志郎がそんなにRCのことを愛していたなら
もっと味方してあげれば良かった。
チャボが何故『COVERS』が嫌だったか…うーん観たい。

Re: tamaさん

> チャボのインタビューはとても気になるし。

インタヴューのシーンはほんの少しなのですが、
実に痛々しいし生々しいです。たまらないです。

> 私も『COVERS』はあまり賛成じゃなかった。

このアルバムにはファンの数だけの思いが存在するでしょうし、
その、どれもが間違っていないと思います。
このアルバム、私自身は今でもダメです。
アルバム単位で聴くことは、まずありません。

> チャボが何故『COVERS』が嫌だったか…うーん観たい。

その理由は過去にも雑誌などで断片的に語られてはいましたが、
まさかTVの前で発言するなんて当時はあり得ませんでしたよ。
ですから、実際に観て聴いて、余計にショックでした。

NHKオンデマンドの見逃し番組から観られますよ。
有料ですが(315円)、観る価値はあると思います。期限は8/7まで、です。
http://www.nhk-ondemand.jp/share/missed/#/3/0/

良い番組でした

こんにちは、お久しぶりです。

この番組、録画しておいて昨日観たのですが、観ながら、
「Blueさんはどんな記事を書いただろう・・・」
と思っておりました。
思っていたような記事でした^^。

RC解散=失恋、というのを聞いて、
「それは初めて聞いたな、オレはあの頃、遠ざかろうと
 してたから何も見ていなくて・・・」
って絶句したチャボに、インタビュアーが、
「済みません、余計なことを言ってしまいましたか・・・?」
と小声で言っていて、インタビュアーの人、ちゃんと?RCファン
(チャボファンかもしれないけど)なのだなあ、と思いました。


私も、好きなのは音楽家の清志郎なので、
「絵の特集かあ」
と思いながら観始めたのですが、2時間、しっかり、よくできた
番組だなあ、と思いました。

でも、チャボはもう、こういう場所に出なくていいですよね。
私もそう思います。

Re: びーとさん

> インタビュアーが、「済みません、余計なことを言ってしまいましたか・・・?」
> と小声で言っていて、インタビュアーの人、ちゃんと?RCファン
> (チャボファンかもしれないけど)なのだなあ、と思いました。

少なくとも清志郎とチャボのことを知っているだけでなく、
わかってくれている人だったのかもしれませんね。

> 私も、好きなのは音楽家の清志郎

肝心の音楽活動については、個人的には整理すら十分にされていないと思っているので、
時間をかけてでも、関係者にはそのすべてを、しっかりと、正確にまとめて頂き、
後世に伝えていくようお願いしたいです。

> でも、チャボはもう、こういう場所に出なくていいですよね。
> 私もそう思います。

私は、こういった件に関してはもう十分なのでは…と思います。

こんばんは。

「だんだんわかった」のチャボのRC加入直前か加入したばかりの頃のインタビューで、清志郎という言葉のインスピレーションで「結婚」と答えてるのを思い出して胸が熱くなりました。

Re: 雲さん

> 清志郎という言葉のインスピレーションで「結婚」と答えてるのを思い出して胸が熱くなりました。

あぁ、確かにそうでした。
そうだそうだ、確かにそうだった。

あれは70年代の新譜ジャーナル別冊の古井戸特集の転載。
いくつかの単語からのインスピレーションで、
「結婚」という単語からチャボが連想したのが、清志郎(RCサクセション)。
あぁ、そうかぁ…。

画家でもファンだったと思う。

ありがとうございました。
NHKオンデマンドで購入し、観る事が出来ました。
本当にとてもいい番組でした。。

私は大学で美術(デザインですけど)を学んでいたり、
チャボが通ってたデザイン専門学校を出た友人がいたり、
今も中学の美術教師をしてる友人がいたり(そのうち小林先生の事を教えたい)
清志郎が美大に行きたかったというのは有名だったし、
(昨年夏の個展で清志郎ってちゃんと描ける人なんだって再認識しました)
若い頃は特にそういう親近感を清志郎やチャボに持ってたんです。
昨夜、この番組を観て親近感というかスゴイ感になりました。
うらやましい、というか少しジェラシーなくらい。

チャボのところは、想像してたよりも穏やかだったかな…。
一人抜け二人抜け、チャボも抜けじゃ、
やはり止めるしかなかったかなって、思った…。
やはり多少チャボは憎まれ役みたいに思われちゃう所ありますかね。。
全然恨んではいませんけど(笑)ふたりが仲良しなのは変わりないし…。
メンバーに、というかRCファンに対して胸が痛いのかなって。思いました。

偶然とは思いますけど、今ゴッホの自画像が来日していますね。
青山ロックンロールショーをやった場所?のすぐ近くの美術館で。

Re: tamaさん

> ありがとうございました。
> NHKオンデマンドで購入し、観る事が出来ました。

それは良かったです。

> 一人抜け二人抜け、チャボも抜けじゃ、
> やはり止めるしかなかったかなって、思った…。

清志郎とリンコ…二人のRCという選択は無かったんでしょうね。

> ふたりが仲良しなのは変わりないし…。

色々な時期があったにせよ、ずっと仲良しだったと思いますよ。
仲良しだけど、あの時は離れなければならなかったんでしょう。
二人はお互いに、それをわかっていたんじゃないかなぁ。
それにしても、好きなのに別れなきゃいけないというのは、
失恋パターンでは、いちばんキツイな…。

No title

こちらのおかげで私もオンデマンドで観ることができました。
ありがとうございます!!
そうですね、直筆のものがいっぱいでてきて、
けっして浅くない作りの番組だったと思います。
ビバ!NHK!

5月2日のアラバキの時も、
トリビュートライブに参加するって、どうなんだろうなあ・・・
って思いながらだったけど、blueさんが、
チャボと一緒に過ごしたい、って書いてらしたから、
「そう考えればいいのか!」と納得できました、これも
ありがとう」ございます。

10月9日AXにお祝に行ける事になったので、
一緒にお祝いしましょう!



Re: the crowさん

> そうですね、直筆のものがいっぱいでてきて、
> けっして浅くない作りの番組だったと思います。

清志郎の字を見ているだけで安心しちゃうと言うような、
何だか不思議な感じでした。

> 5月2日のアラバキの時も、
> トリビュートライブに参加するって、どうなんだろうなあ・・・
> って思いながらだったけど、blueさんが、
> チャボと一緒に過ごしたい、って書いてらしたから、
> 「そう考えればいいのか!」と納得できました、これも
> ありがとう」ございます。

一周忌をチャボと一緒にいられたことは、本当に良かったと思っています。
当日は色々なことを思い感じましたが、やはりあれはかけがえの無い時間でした。

> 10月9日AXにお祝に行ける事になったので、
> 一緒にお祝いしましょう!

そうですね。皆で盛大にお祝いしたいです。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ