Hiroyuki HANADA AGE 50th GIG NAGARE PREMIUM DAYS 2 新宿LOFT 2010.7.7

●花田裕之 / 下山淳 / 灘友正幸 / 柞山一彦 / キハラ龍太郎 / 安藤広一
1.Neon Boy 2.Transmission 3.Stranger In Town 4.Femme Fatale 5.Drive All Night
6.Criminal Rock 7.No No No

●花田裕之 / 下山淳 / 三原重夫 / 穴井仁吉 / 朝本浩文
1.Gun Control 2.再現出来ないジグソウ・パズル 3.Naked Heavy Moon 4.Oh! My God 
5.Everybody's Sin 6.鉄橋の下で 7.Hurt By Love~Land Of Fear 8.曼陀羅 
9.(Standing at)The Cross Road 10.Passenger

●花田裕之 / 下山淳 / 池畑潤二 / 柞山一彦 / キハラ龍太郎 / 大江慎也
1.カレドニア 2.恋をしようよ

●花田裕之 / 下山淳 / 三原重夫 / 穴井仁吉 / 朝本浩文
1.(So You Wanna Be A)Rock'n'Roll Star 2.Searchin'

●花田裕之 / 下山淳 / 灘友正幸 / 柞山一彦 / キハラ龍太郎 / 大江慎也
1.Good Dreams

今夜のHANADA AGE 50th GIG、ROOSTERZのパートのセット・リストは以上。
帰宅してすぐに記憶を振り絞って記しているので、後で訂正が入るかもしれないが、
ほとんどこれで合っているはずだ。

どうだ!
これが、THE ROOSTERZだ!

ライヴの様子はこのリストで想像してもらえれば…と思うけれど、
興奮冷めやらぬ気分のままで、
やはり、いつものように個人的な思いは今夜のうちに記しておこうと思います。

Image1007071.jpg Image1007073.jpg Image1007072.jpg

いくらROOSTERZが復活すると言っても、
まさか80年代に観ていたライヴを再び…とは思っていなかった。
ただし、単なる " 同窓会的 " な感じを望んでいたわけでもない。
花田裕之50th記念による復活であっても、
ROOSTERZとして鳴らされるのは、いったいどんな音なのか。
そしてその音は今の僕の耳にどんな風に響くのか。
更に、ROOSTERZの音楽は自分にとって何なのか。
文字にすれば、きっとこんなことを確認したかったのだと思う。
もちろんこれだけで表現できるはずも無い、
本当に様々な個人的思いや想いを持ってLOFTへ行った。

灘友&柞山とのセットでは、僕が演って欲しかった曲のほとんどが演奏された。
オープニングの「Neon Boy」が始まった時の興奮!
これはとても言葉にはできない。
そして「Stranger In Town」を演ってくれたよ。
本当に演ってくれたよ。
これにはさすがに泣けた。

三原&穴井とのセットでは、ご覧の通り、 『FOUR PIECES LIVE』 のほぼ再現だった。
実は、灘友&柞山セットから三原&穴井セットのセッティングのあいだに、
スクリーンに 『FOUR PIECES LIVE』 の映像が流れた。
それは「Wreck My Car」、「Girl」、「Lady Cool」の3曲。
これを含めれば、 『FOUR PIECES LIVE』 で演奏された曲の、ほぼ9割になるわけだ。
うまい編集と構成だ。

大江慎也がアンコールで出演した。
前日に自身のブログで発表していたので、もちろん僕は事前に知っていた。
正直、それを知ったときには驚いた。
でも、大江が在籍していたのはROOSTERSだけでなく、ROOSTERZもあったわけである。
出演は何もおかしいことでは無い。
ただ、恵比寿にも小倉にも出演しなかったことを思えば、
" 俺はROOSTERZとして出る " という大江自身の思いがあったのかもしれない…なんてことを思う。

ところで、大江のセットだけは、この日だけの急造スペシャルだったのだろうか。
選曲を考えてみると、あらかじめ決まっていたのではなく急遽…のような気もする。
だって、「カレドニア」はギリギリだが、「恋をしようよ」はなぁ…。
演るなら 『φ』 から、あの曲だろう。
ただ、ラストを〆たのが「Good Dreams」だったのは良かったと思った。

久しぶりにぐちゃぐちゃになって観たライヴだった。
明日は足も痛いだろうし、声も枯れているだろう。
でも、まったく心地よい疲労感だ。

" 花田、Zは最高だぜ! " と大きな声で叫びたいし、伝えたい。
今だからじゃない。当時からそうだったんだぜ。

2010年のROOSTERZがLOFTのステージで鳴っていた。

     **********

P.S.
ROCK'N'ROLL GYPSIESも最高だった。
新曲が披露されなかったのは肩透かしだったが、これからのお楽しみにしておこう。

PRIVATESの二人はどう絡むのかな…と思っていたら、池畑&市川とのセッションだった。
GYPSIESからROOSTERZへの橋渡しとして、いい繋ぎのセッションだったと思う。

P.S.2
灘友と三原のブログ。
これを読むと、ステージで演奏していた人がこんな思いを持っていたのだから、
ライヴが素晴らしくなるのは当然だろうということがわかる。あらためて感動!

まだ体が痛いです。。。
7月7日ROOSTERZ その発端からリハーサル
7月7日ROOSTERZ 本番
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。いつも楽しく読ませていただいてます。
早速の素早いレポ、ありがとうございます。

私自身、ルースターズを知ったのはZ時代で、まあSのときも好きなのですが
Zは陳腐な言い方をすると私の青春そのものなんです。

何かBlueさんの文章を読んだだけで泣けてきました。
Stranger In Townを演ってくれるなんて、本当に予想外でした。
ああ、見たかったな。
どこかで一部だけでも、見られることを期待しています。

Re: temari さん

> 私自身、ルースターズを知ったのはZ時代で、まあSのときも好きなのですが
> Zは陳腐な言い方をすると私の青春そのものなんです。

そうですか!
そんな方からのコメントは嬉しいです。ありがとうございます。

> 何かBlueさんの文章を読んだだけで泣けてきました。

花田がどうした、何を言った、何があった…みたいなことはなかなか書けないのですが、
そういう風に言ってもらえると、これもまた嬉しいです。
今夜は興奮していて、とても細かいことまで記せません。
きっとあの場にいた他の方が、詳細は書いてくれるでしょう。
私もそれを見て、新たに感動を噛み締めたいと思います。

> Stranger In Townを演ってくれるなんて、本当に予想外でした。
> ああ、見たかったな。

これねぇ…。本当に演りましたよ。演ってくれましたよ。当時のアレンジで。
下山の、あのギターから始まったんですよ…。あぁ、思い出しただけでも…(泣)。

No title

はじめまして。
うちのダーリンがこちらのブログのファンでして、いつも読ませていただいてます。
私はルースターズ、Sの時もZの時も大好きなんです。
年末は福岡に一人で行ってきて今回も、、、行きたかった!!
『ROOSTERZとして鳴らされるのは、いったいどんな音なのか。
そしてその音は今の僕の耳にどんな風に響くのか。
更に、ROOSTERZの音楽は自分にとって何なのか。』
すごい共感です。言葉で表すのってムズカシイのですが
若い時に聴いていたルースターズが、生で今聴いてどう自分が感じるのか、、、
今もずっとルースターズは聴き続けているのですが、聴けば聴く程また深みにはまる。。。

最近の大江さんのブログを読むと、体調が悪そうだったので
まさか参加あるとは思っていなかったので
ビックリでした。「Good Dreams」唄ったんですね。
この曲を生で聴けることって今後あるのかな、、、
やはり大江さんも小倉とかじゃなく、Zルースターズを選んだんですよね。

Blueさんは、大江さんのことをどう思っているのだろうか?
と実は感じていたのですが(すみません)

いつも大江さんが、病気になっていなかったらルースターズは
どうなっていたのだろうか、、、など女子特有の、もし、をふと今でも考えてしまいます。
それだけ私にとっては、ルースターズは過去のものではなく
ずっとずっと、現在も大ファンで今後も聴き続けていくバンドなのです。

うちのダーリンはチャボオタなんですが
今年、花田さんの流れに連れて行ったら?いたく感動してくれまして
8月に、ここ岡山にまた花田さんが来られるので
楽しんできます♪

なんか支離滅裂な文でごめんなさいです。
ほんとにこの日の模様が、どこかで観られることを期待しつつ。


Re: nicoさん

> 『ROOSTERZとして鳴らされるのは、いったいどんな音なのか。
> そしてその音は今の僕の耳にどんな風に響くのか。
> 更に、ROOSTERZの音楽は自分にとって何なのか。』
> すごい共感です。言葉で表すのってムズカシイのですが

言葉にできませんが、昨夜のLOFTですべて答えが出ましたよ。
あえてまとめると、私にとって必要な音楽のひとつなのは間違いないと言うことですね。

> やはり大江さんも小倉とかじゃなく、Zルースターズを選んだんですよね。

これは私の想像というか、「そうならいいな」という想いかなぁ。

> Blueさんは、大江さんのことをどう思っているのだろうか?
> と実は感じていたのですが(すみません)

もしかしたら、大江時代を否定していたり嫌悪していたり…と思われているかもしれません。
まったくそんな事はありません。
ルースターズはどの時期も好きです。今でも初期だって良く聴きますし、燃えますよ。
ただ、思い入れが 『KAMINARI』 以降であり、そして、それが強烈なのです。
下山淳というギタリストが大好きということも大きいです。

大江に関しては、彼とオリジナル・メンバーとの、
特に伝えられるところの花田とのドラマには複雑な思いがあるし、
NICOさんの言うように、もし…も、たまに考えます。
FUJI ROCKでの解散ライヴ開催は、二人にとって本当に良かったんじゃないかと思います。
ドキュメンタリーDVDも、とても感動的でした。

> うちのダーリンはチャボオタなんですが
> 今年、花田さんの流れに連れて行ったら?いたく感動してくれまして

おお!何と素敵なお二人でしょう!
ダーリン様にもよろしくお伝えください。

コメントありがとうございました。

凄すぎです

幸せのお裾分けしてくれたBlueさんに感謝です。
夢のようですね。

Re: LA MOSCAさん

> 幸せのお裾分けしてくれたBlueさんに感謝です。

この日は客席だけでなく、ステージ上も幸せだったと思います。
七夕のLOFTはそんな雰囲気でした。

Z、最高ですね!

熱いレポートをありがとうございます。
頷きながら、読ませていただきました。
Z、最高ですね!
花田さんは、多くを語らないと思いますが、
下山さんには、DIARYで語っていただきたいな♪
そう思います。

Re: azurさん

> Z、最高ですね!

最高です!
LOFTの夜を経て、" 俺は間違っていなかった " という根拠の無い確信、
でも、自分にはまったく正しいという確信が生まれました。
今の気分は、とにかく怖いもの無しで、自信にみなぎっています(笑)。
Zのおかげです。

> 花田さんは、多くを語らないと思いますが、
> 下山さんには、DIARYで語っていただきたいな♪

花田にもZについては語って欲しいなぁ。
今回の企画について、始まる前にはどう思っていたのか、何故やろうと決めたのか、
そして終わった今は何を感じているのか…を聞いてみたいですね。
誰かインタヴューしないかな?
Profile

Blue

Author:Blue

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's BBS
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ