七夕の夜

花田裕之、下山淳、穴井仁吉、三原重夫。
花田裕之、下山淳、柞山一彦、灘友正幸。

ただ書いただけで盛り上がる。
更に安藤広一、朝本浩文、キハラ龍太郎という歴代キーボーディストをここに加えれば、
僕のアタマの中は 『FOUR PIECES LIVE』 のジャケット同様に、
大きな " Z " の文字で満たされる。

いよいよ七夕の夜が近づいてきた。
花田裕之50thを記念したライヴではあるが、
個人的にはROCK'N'ROLL GYPSIESとROOSTERZの対バンというモードで行く。
対バンと言っても花田と下山は両方のバンドに出演することになるわけだが、
これはかつてEventで、RCサクセションとROOSTERZ、
そして泉谷しげる with LOSERが共演したときと似たニュアンスを感じる。
まぁ、いずれにせよ凄い共演であるということだ。

     **********

" ROOSTERZに参加出来て本当に良かった " という穴井仁吉は、
" 初リハ、初ライヴの恵比寿からラスト・ライヴのエムザ有明まで鮮明に覚えて " いる自分に気付き、
それを " 30代前の記憶だからって事では無い、もっと特別な感じ " だと言う。
" ROOSTERZのリハーサルで下山と三原と音を出していると色んな事を思い出す " とも。

灘友正幸は、ライヴに向けてのリハーサルについて自身のブログに書いている
これは読んだだけで泣けてくる。
ネット上で確認できた当事者のこういった言葉は、本当に感動的だ。

80年代当時、ライヴであの爆音アンサンブルを浴びていたときは、
まさかROOSTERZに対しこういった感情を持つなんて微塵も思わなかったけれど。
でも、確実に僕の10~20代のページに深く刻み込まれているバンドであり、音楽だ。
そんなバンドが23年振りに復活するとなれば、ねぇ…。

肝心の花田自身、更に下山の二人は、今どんな思いを持っているのだろう。
そして、どんな気持ちで当日を迎えるのだろう。

     **********

三原重夫は " 『FOUR PIECES LIVE』 を聴いておくように " と、
花田と下山両氏から厳命を受けたそうだ。
この話を知って以来、普段から聴いている1枚とは言え、
予習も兼ねて、聴きかえす日々が続いている。
勢いでPLAY TABLEというブログパーツを見つけ、このアルバムを貼り付けてしまったよ。

THE ROOSTERZ
コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2003-09-10

今の耳で聴いても、凄いライヴだと思う。
ROOSTERZのセットは、おそらく穴井と三原との4人がレギュラーになると思うが、
セット・リストの柱は、この 『FOUR PIECES LIVE』 になるのだろう。
もう一方の柞山、灘友とは…。

個人的には「SOS」、「Neon Boy」、「Stranger In Town」、「Criminal Rock」、
「No No No」、「Searchin’」、「Burning Blue」なんかをぶちかまして欲しいが、
当日の楽しみにしておこう。

     **********

スマイリー原島のつぶやきによれば " 下山は33曲やる " らしい。
ROCK'N'ROLL GYPSIESとROOSTERZの両方に出ずっぱりだろうから、
この二つのバンドで、少なくとも33曲は演奏されるようだ。
1曲の演奏時間を6分と見積もっても、3時間を越えるライヴになる計算だが、
もちろんジュリーと80曲を演った過去があるから、大丈夫だろう。

下山、ブルーのファイヤーバードを使ってくれ。

     **********

三原による " 初日のリハは良い感じ " という発言は頼もしい。
そして期待大である!

  今日はこれからROOSTERZのリハーサル
  花田ルースターズに係わったメンバーが、全員集合!!!

これは本日7/5付の灘友のブログにあった記載だ。
全員によるセッションはあるのかな?
あれば、何を演ってくれるのかな?
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いよいよですね

いよいよ明日ですね。
七夕の夜を楽しんできてください。
レポートを楽しみにしています。
下山さん・・・、ヨロシクです♪

Re: azurさん

> いよいよ明日ですね。

はい!
いよいよなのですが、このエントリー後に驚きのニュースが入ってきました!
おかげで今日は仕事中も落ち着きませんでした。明日が本当に楽しみ!

明日ですね!

スゲー!
Blueさん、観れていいなぁ~。
レポ楽しみにしてます!
これでオリジナル・ルースターズだけが復活の
片手落ち解消ですよね。

Re: LA MOSCAさん

> スゲー!
> Blueさん、観れていいなぁ~。

大切で特別なバンドですからね。自分なりの思いをぶつけてきますよ。
泣いてしまうかもしれませんが(笑)。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ