2007・12・8 in 日本武道館

有賀さんの写真集では127という番号が付けられ、
写真展ではトップ…1枚目に飾られていたのが、2007年12月8日の日本武道館、
ジョン・レノン スーパ・ーライヴの打ち上げでの清志郎とチャボの2ショットだ。

このライヴは、病気療養後の本格的な清志郎の復活であった。
しかも、あの仲井戸麗市が、
決まっていた麗蘭のツアー・スケジュールを変えてまで出演を決めたことでもわかるように、
二人にとっても重要であり、大切なライヴだったと思う。

そんなこともあり、有賀さんの写真から僕が受け取ることができるものも、
本当に様々で、色々で、たくさんで、重く、深く、強いものである。

     **********

さて、Blueの雑記帳を見て頂いている方々の中には、
きっと知っている人も少なくないと思いますし、
もしかしたらお馴染みになっている…ということもあるかもしれない人物。

そうです。友人である日刊スポーツのS記者ですが、
実は、彼はこの2007年12月8日の打ち上げ会場にいたのです。

僕自身は、その当時から、そこでSさんが見たことは聞いていたのですが、
今回の写真展と写真集で、あの1枚を観たことにより、Sさんからの提案もあり、
このタイミングであらためて話してもらうのもいいかなぁと思い、Sさんに打診。
超多忙の中でしたが、嬉しいことに、このたび寄稿して頂きました。

僕は何回聞いても " 羨ましい… " という感想しか出てこない話(笑)なのですが、
有賀さんの写真を観ながら読んでみてください。

     **********

【2007・12・8 in 日本武道館】

ちょっと遅くなりましたが、有賀幹夫さんの写真展で、入口すぐに127の写真が飾られていたので、
当時の思い出を少し話そうかなと思いまして、Blueさんのところにお邪魔しました。

どこか、ちょっとした自慢話に聞こえるかと思います。
そこは、今回だけは、ご容赦してくださいm(_ _)m

あの夜。
武道館内で行われた、打ち上げ会。

大勢の中で、乾杯の音頭を取ったのは清志郎さんでした。
そして、チャボさんは " ある程度 " (笑)立派にスピーチする清志郎さんを、
本当にほほえましい表情で見つめていました。

歓談になると、清志郎さんはチャボさんのためにヨーコさんを呼び寄せて、
記念写真を撮ってあげていました。
清志郎さんに紹介されたチャボさんは、照れくさそうにヨーコさんと握手をしていました。

僕は、タイミングを見計らってあいさつに伺うと、
2人が同時に、「おぉっ~よく来たなぁ」と招き入れてくれました。

はい、職権乱用です。

あまりに夢見心地なことで、一言一句をはっきり思い出せないのですが、
清志郎さんが、
「最近、ニッカンは、よく取材してくれるんだよな。RCのころからファンだってさ」
とチャボさんに紹介してくれて、
チャボさんも、
「うんうん、よく知ってるよ。毎回見に来てくれるんだよ」といった感じで、返されていました。

イチローから朝青龍、果ては和田アキ子やAKB48まで、
どんな人物を取材しても緊張しない僕が、
人生で最大の緊張感とうれしさでガチガチでした。
ろくにしゃべり返すこともできずに、ただただ直立不動でした。

ただ、1つとても後悔したことがあります。

スタッフの方が、「3人のお写真撮りますよ」と気を遣ってくれたのです。
ですが、僕は即座に、遠慮してしまいました。
「とんでもないっす。僕は結構です。ありがとうございます」と言ってしまった瞬間から、
大後悔していました。

でも、断ったのは、「清志郎さんが復活するこれからは、何度でもこんなシーンがあるんだ。
そして、僕は取材し続けるんだから」と、2人のほほえましいやりとりを前にして、
そう固く決意したからでした。。。

とにかく、あの夜は、有賀さんの写真のまんまの2人でした。
清志郎さんもチャボさんも、そこにいることが楽しくて仕方がないって感じ…。

チャボさんが、麗蘭の仙台公演の中日を削ってまで、武道館で演奏した意味は、
手に取るように分かったものでした。

とにかく、チャボさん、清志郎さんが、ヨーコさんを挟んで、
恥ずかしがり屋のロック少年のような顔で、記念撮影していた光景が、今でも忘れられません。

有賀さん、ありがとう。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

たまらん坂と清志郎さん

Blueさん、こんにちは。

NHKの「小さな旅」という番組で、
たまらん坂と清志郎さんを取り上げていました。
清志郎さんのものすごくいい笑顔の写真に、
涙がとまりませんでした。
5月3日ショックからほんとはまだ立ち直っていないんだと、
このごろ感じています。
元気にステージに立ってくれること、
ファンにとってはそれが一番なんですね。
9月にはチャボさんのライブに行こうと思っています。

Re: azurさん

> NHKの「小さな旅」という番組で、
> たまらん坂と清志郎さんを取り上げていました。

私も早起きして…っていう程ではありませんが、観ましたよ。
ちょっと切なくなりましたね。

> 9月にはチャボさんのライブに行こうと思っています。

おー、そうですか!
是非、今のチャボのステージを楽しんで欲しいと思います。

すごい1枚なんですね。

1990年の武道館のあと清志郎の2004年の夏の野音に行ったことがあるんです。
でもそれっきりで。(久々の野音は、もう、野音てこんなに暑かったっけ?って感じでした。
蝉はジージー飛んでて、ペットボトル2本半空けても、ほぼ脱水状態。でも頑張りましたよ!
いいな、この曲、って思ってた「JUMP」と「Baby何もかも」が生で聴けましたし!)
完全復活祭のときに、これは行かなきゃって思って行って。
まだ完全じゃないのかもしれないけど、もう大丈夫なんだって、
清志郎がいなくなるなんてこと本当思ってなかったですから。
もっとライブに行ってれば…とかっていう後悔はもうないですけど、
私的にはまた付き合っちゃおうかな~これから先!みたいに
思っていたから、ほんとに残念というか…何というか…。。
「まだこれからがあるんだから…」って思ってたSさんの気持ち、
ちょっとわかったような気がしました。

Re: tamaさん

> まだ完全じゃないのかもしれないけど、もう大丈夫なんだって、
> 清志郎がいなくなるなんてこと本当思ってなかったですから。

私も似たような思いでした。
あの時点では清志郎がこんなことになるなんて、私も思わなかったです。

なんて素敵な…。

有賀さんの写真を観ながら読みました。
写真の二人が動きだして、その情景が眼の前に現れて…
涙があふれてしまいました。

なんて素敵な自慢話なんでしょう~!!!

S様、Blue様、ありがとうございました。
これからも素敵なお話、どうぞよろしくお願いします!

有賀さんの写真

俺もあの写真みました

なんてほほえましい…。
長く二人をみて聴いてよかった!俺としては復活第一弾となった札幌市民会館最後の日ライブの清志郎飛び入りがいちばん好きです!最後チャボと佐野元春が握手したりして(笑)
8月には我が街にチャボが来てくれます!築百年の映画館で楽しみです!

Re: USAKOさん

> なんて素敵な自慢話なんでしょう~!!!

羨ましいとは言っても、自分がSさんの立場だったら…を考えると、
きっと似たような感じになったんじゃないかなぁ。
あの2人が一緒に、すぐ目の前にいるというのは、そりゃ凄いと思います。

Re: まるけんさん

> 札幌市民会館最後の日ライブの清志郎飛び入りがいちばん好きです!

TVで観ましたが、あの時に映った2人の笑顔は本当に最高でした。
あれを観た人たち全員を、幸せな気分にするものだったんじゃないかなぁと思います。
実際にそんな2人なんですけれど。

> 最後チャボと佐野元春が握手したりして(笑)

後日チャボが話してくれましたが、一緒にコンビニにも行ったそうですよ。

自慢話というよりは

幸福感のお裾分け、って感じがします。
Sさん、そしてBlueさん、ありがとうございます!
バカなファンの思い込みと笑うヤツも居るかもしれないけど
コレ読んだら、鮮明に光景が目に浮かびました。

Re: LA MOSCA さん

> コレ読んだら、鮮明に光景が目に浮かびました。

私は有賀さんの写真を観る前からこの話を聞いていたのですが、
たとえその状況を想像できて目に浮かべられるにしても、
いったいそれは、つまりどんな状況なのか…は、あまりに凄くて把握することができません。
やっぱり羨ましい…。

ああ

Sさん、すごい!よかったね^^
そんな夢のような現実の場にいらして・・
夢のような経験のおすそわけ、ありがとうございます。
なんだか自分もその中にいるような気分を味わうことができました。
あの1枚を見た時、その場の空気が伝わってきました。
その時の空気が真空パックされていて、また、あの場で再生されたような。。
う~ん、すごい。

Re: nobuさん

> Sさん、すごい!よかったね^^
> そんな夢のような現実の場にいらして・・
> 夢のような経験のおすそわけ、ありがとうございます。

そうだよねぇ。これは宝物だよなぁ。

No title

Sさん、Blueさん貴重なお話をありがとうございました。5月9日に写真展に行ってから毎晩写真集を見ています。チャボさんと清志郎さんの独特な二人の世界を前にSさんが緊張されたお気持がよくわかります。
Blueさんに質問なんですが、5月2日に多摩蘭坂に行ったら、坂に記念碑を建てる活動をしている方に逢いました。Blueさんはどう思われますか?

Re: kumahahaさん

> Blueさんはどう思われますか?

質問につきましては、特に思うことは私は何もありません。

ほほえましく

そして少し切なくなるいいお話でした。
神様からのご褒美のような時間だったのですね。


おおくぼさんの写真集も今から楽しみです。
タイトルもグーです。

Re: nonoさん

> そして少し切なくなるいいお話でした。
> 神様からのご褒美のような時間だったのですね。

あぁ、確かに今では切なくなりますねぇ…。

Sさん

もと相撲担当だったことを知ってビックリです。
和田アキ子のグーパンチを食らったのも笑えますね。
と、まったく本題から外れておりますが・・・

Re: 倶李ハラハさん

> と、まったく本題から外れておりますが・・・

外れすぎ(笑)。

Mothers



遅ればせながら
コメントさせてもらいます。

オレもあの写真展(大阪)での一枚目には入り口一発目なのに、いきなりノックアウトされた口です。

久々の…いやっ…清志郎復活の初ステージを終えた二人の“安堵感”が滲み出た、とても暖かい笑顔に
立ち尽くし見入るしかないほどの素晴らしいショットでした。

そして…
この写真を見ながらオレの頭の中ではジョンレノン・スーパーライブでの「Mothers」が流れていました…



「お母さぁぁぁん」



あの曲のあの清志郎の第一声は
いつ聴いても鳥肌がたち、感動に震えてしまいます。

あの曲をあんな風にシャウトできるヴォーカリストなんて
世界中どこを探したって居やしない!!!
心底そう思います。


そしてSさんが清志郎とチャボのスリーショットの記念撮影を拒んで…またいつかチャンスがあると思った気持ち…

立場は違いますが、よくわかります…


オレも実は
「完全復活祭」は清志郎が復活した事で安心して…仕事の都合で観に行ってません…


心の中で
「次のニューアルバムのツアーには絶対に行くぜ」…って思ってました…




オレが最後に観たステージは

あの復活祭の後
藤井裕さんのライブのゲストで登場した大阪bigcatのステージでした…


Re: ゴダイさん

> オレも実は
> 「完全復活祭」は清志郎が復活した事で安心して…仕事の都合で観に行ってません…

当時ネットに書かれた色々なものを読みましたが、
こういったことと似たケースの声はいくつか目にしました。
同じような人は少なくなかったかもしれませんね。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ