ROCK'N'ROLL GYPSIES ARABAKI ROCK FEST.10 BAN-ETSU 2010.5.1

このようなフェスだと、ライヴとライヴの間にステージ・セッティングがあるので、
自然とその様子もお客さんは待ちながら見る事になる。
夜もいい具合に更けてきた。
さすがに東北の夜なので寒いけれど、それでもいつものように下山側の前列に陣取り、
今日は何のギターを使うのかな…などと、セッティングを見ていた。

Image1005012.jpg Image1005015.jpg Image1005014.jpg

しばらくして何やら様子がおかしいな…と思った。
どうやら下山のアンプ(たぶんTWO-ROCKのjade)の電源が入らないみたいだ。
色々とチェックをしていたようだが結局NG。
マーシャルを代わりに急遽セット。

こんなことがあったので、ライヴ中の下山は精彩を欠いていたように観えた。
気のせいかもしれないけれど、僕にはそう観えた。
本番直前のトラブルだもんなぁ。やはり影響が無かったとは言えないだろう。
ただ、このARABAKI出演直後の5月3日。
福島で行われたGYPSIESのライヴを、下山は体調不良でキャンセルしたそうだ。
機材トラブルに加え、体調がすぐれなかったのかも知れない。

さて、そんなことがあっても、ライヴ自体は良かった。
いつものようにぶっきらぼうにステージに現れ「Walkin' The Dog」でスタート。
あぁ、フェスなのにこんな風に渋めのメニューなのか…と一瞬思ったが、
どうやら1曲目は肩慣らしだったのか、結果としては大満足の40分だった。

2曲目はROOSTERSの「Sitting On The Fence」。
続いては「Oh! My God」に「Criminal Rock」と、ROOSTERZナンバーが続いた。
個人的に「Criminal Rock」が演奏されたことは嬉しかった。
この曲をライヴで聴くのは、たぶん20年以上振りだと思う。
もちろん当時のROOSTERZのライヴを思い出し、燃えた。良かった。

そして「只の夢」と下山が歌う「N.W.O.」を挟み、
花田が曲名を紹介しての「Crazy Romance」。
これは珍しいシーンだなぁと思って、ライヴ後に友達に確認してみたのだけれど、
花田がGYPSIESのライヴで曲を紹介するなんてことは、やはりほとんど無かったらしい。
この日の花田はギターもヴォーカルも気が入っていたのではないか。
まさか下山のトラブル云々が理由ということでは無いだろうけれど、乗っていたように思う。
そんな気持ちがこういったところにも出たのではないか。

そうそう、花田が言ったといえば、
「N.W.O.」の前で下山を紹介した後の " 鶴岡、鶴岡 " には笑った。
ちなみに鶴岡というのは下山の出身地である。

ラストは「Lazy Sun」で締めくくられた。

ROOSTERZナンバーが 『KAMINARI』 から3曲というのが嬉しかった。
実は観るまでは、野外フェスという空間でのGYPSIESのイメージがなかなか湧かなかった。
でも、夜というシチュエーションも良かったのだろう。
カッコ良かったな。

花田の50th EVENTが楽しみになってきた。

※GATE40:ARABAKI ROCK FEST.10@宮城県エコキャンプみちのく 1日目
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ