浜田真理子 2days live ~わたくしごと~ PARCO劇場 2009.12.22

東京2daysの、まずは一日目。
お馴染み、セット・リストがブログで発表されています。

見ての通り、まったく非の打ちどころが無いメニュー。
特に一部の流れは、僕にとっては完璧と言っていい程であり、
オープニングの「風の音」で既に持って行かれました。
ライヴの紹介MCの後、例の「The crow」のイントロが流れてきて、更に持って行かれます。
続いての「America」を聴いて、1stアルバム収録曲の瑞々しさを再確認。
素晴らしかった去年の mariko plays『mariko』TOUR を思い出す。
明日は「のこされし者のうた」が歌われる予定なので、既に今から待ち遠しい。

「しゃれこうべと大砲」はアレンジが変えられ、結婚行進曲のフレーズが削除されていたが、
そのピアノと歌の美しさはまったく変わらない。
ラストに付け加えられている「ハレルヤ」を聴くたびに身体が感動で固まってしまう。

「ひそやかなうた」「Love song」「純愛」のラヴ・ソング三連発で一部は終わった。
ここまでで約1時間だったが、ヘタなライヴを2時間観るよりも充実していた。
もう一度繰り返すけれど、僕にとってはまったく非の打ちどころの無い内容だった。

さて、二部の前に、ステージにはウーリッツァーがセットされる。
「うたかた」と「恋ごころ」はこれを弾いて歌われた。
CDでも「うたかた」でこの楽器は威力を発揮していて、
とても曲にマッチしたサウンドを聴かせてくれていたが、
ライヴでもそれは同様の効果をあげていたと思う。

そうそう、ライヴの音響もとても良かったんじゃないかなぁ。
もしかしたらZAKが絡んでいるかもしれない。

ところで、いつもはピアノに座り、僕たち観客に対して真理子さんは横向きになるのだが、
ウーリッツァーは客席に対面するカタチでセットされていたため、
真理子さんは僕たちを見ながら弾き語ることになった。
これは新鮮だったが、本人はやりにくかったかもなぁ(笑)。

CDではギターをバックにしての「みちくさ」は、ピアノでの弾き語りも最高。
続いては知らない曲が歌われたが、これは下田逸郎のカヴァーらしい。
こういったカヴァーが違和感無くオリジナルと馴染むのが彼女のライヴの良いところだ。

二部のクライマックスは「この恋をすてたら」「哀しみのソレアード」「わたしたちのうた」と、
今度は新作からの三連発で締めくくった。
これまでのライヴではお馴染みでも、作品化されたことにより、
ライヴで聴くこれらの曲の味わいが深く深く深くなっていて最高だと思う。

アンコールは久々に聴く気がする「胸の小箱」。
個人的にはライヴのラスト・ナンバーとして相応しすぎる名曲だと思っているので、
歌われたことは嬉しかった。

凄い満足感と感動を受けたライヴだったけれど、2daysである。
まだもう一日あるのだ。
早く明日にならないものだろうか。

     **********

僕は誘っていないのだが、実はチャボ友達が今回のライヴを観に来てくれた。
いたく感動したようだ。
早速、新作のCDを購入し、ライヴ後のサイン会に参加してサインをもらっていた。
僕も友達と一緒に並ばせてもらい、お話と握手をしてもらいました。
この友達は明日の二日目も来るし、何と来年の横浜ライヴのチケットも買っていました。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ