僕たちも君たちを知ってる

11月も終わる。
それにしても、この1ヶ月はチャボの周辺が静かだったなぁ。
横浜でのFAN MEETING以外、特に表立っての活動は無かった。
あの10月、SHIBUYA-AXでのライヴが一段落だったのは間違いないだろう。

思えば、5月のマンダラで行われたチャボによるFor KIYOSHIROのライヴ
これはあいだにいくつかのライヴを挟み、一連の夏フェス出演まで続いたが、
あのFUJI ROCK Fesでの「いい事ばかり~」で頂点を迎えて終了…と、僕は思っていた。
だって、あの、あまりにもの歌とギターだ。
その後があるなんて、想像も予想もできなかった。

でも、それはあった。

I stand alone 僕が君を知ってる。
メニューのほとんどをRCサクセションの曲で構成した、
清志郎のために、ファンのために、
そしてもしかしたらチャボ自身のために…というこのライヴ。
青い森で出会ってからの70年代を。
そして清志郎と一緒に弾けまくっていた最高の80年代を。
誰々と一緒に…では無い。
あくまでも " 独り " で演る。
チャボは自分にとっての清志郎、そして自分が知っている清志郎を、
その二人だけの物語を、独りだけで僕たちの前で奏でていく。

今だから思えるのだが、あのFUJI ROCKでのチャボを観ると、
バンドをバックにしていながらも、まるで " 独り " でステージに立っているようだ。

清志郎とチャボの物語の、その半分は想像の中の美しい世界であるが、
もう半分は、実際に自分の目で観て、自分の耳で聴いていたことになる。
間違いなく共有できる、僕にとっての物語でもある。
80年代は二人と一緒の10年間であったわけだ。

70年代の二人の物語を僕たちはチャボが語ることによって知るわけだけれど、
80年代のそれは、ライヴで演奏される曲を聴くだけで、
少なくとも僕の中には様々な音や映像が一瞬のうちに蘇る。
それこそ、チャボが知らない僕だけの清志郎もそこにはいるのである。
" 僕も君たちを知ってる " のだ。

I stand alone 僕が君を知ってる。
仲井戸麗市、忌野清志郎、そしてRCサクセション。
あのライヴを実際に観たそれぞれのファンが、やはりそれぞれの思いで何かを感じ、
観られなかったファンも、それぞれの思いを馳せて何かを感じた。
そして、皆が胸の奥に大事にしまい込んだライヴだったと思う。

あんなライヴは何度も繰り返すようなものでもないし、繰り返せないものでもあるだろう。
でも、好きなときにはいつだってそれを取り出したいという気持ちも、
多くのファンが持っているだろうことを想像するのも容易だ。
だって、もう二人だけの物語では無いのだ。
" 僕たちも君たちを知ってる " のだから。

   A dream you dream alone
   Is only a dream
   A dream you dream together
   Is reality.
                Yoko Ono

   ひとりで夢みる夢は
   ただの夢
   いっしょに夢みる夢は
   現実となる


嬉しい報せは、僕たちにきっと届くはず…だ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。

10月のAXは私にとって、とても大切なライブとなりました。
チャボの悲しみ・強さ・やさしさ・・・たくさん大切なものを受け取りました。
たったひとり、ステージに立って聞かせてくれた歌とギターに、歩き続ける力をもらいました。

「ありがとうチャボ」の気持ち、上手く言葉にできずにいるのですが、Blueさんの 僕たちも君たちを知ってる に深く共感して、思わずコメントしたくなりました。

中学校のお昼の校内放送でRCに出会った80年代のはじめ。それからずっと、私も君たちを知ってる。なんてラッキーな事実!
また少し力が湧いてきました。すこしずつでも前に進みたいと思います。Blueさんありがとう。

三宅伸治さんが語っていた
“雨あがりの夜空に吹く風が 早く来いよと俺たちを呼んでいる”の、“俺”じゃなくて“俺たちが”になってるのがすごい
っていう、素敵なエピソードを思い出しています。




しおさん

> Blueさんの 僕たちも君たちを知ってる に深く共感して、思わずコメントしたくなりました。

ありがとうございます。嬉しいです。
僕たちも君たちを知ってるんだよ…って、大きな声で言い続けたいですね。

> 中学校のお昼の校内放送でRCに出会った80年代のはじめ。
> それからずっと、私も君たちを知ってる。なんてラッキーな事実!

おー、それは何て素敵な出会いだ!
お昼の校内放送でRCをかけた人は最高ですね。
私も過去…大昔に似たようなことをしていましたが(笑)。

俺もこの二人知ってます

5月のマンダラもフジロックも10月のAXも観れなかったけど・・・。
俺も知ってます。
サイコーの物語ですよね。

LA MOSCAさん

> 俺も知ってます。

そうですね。もちろんファンの皆が知ってますよ。

僕も知ってる

初めまして、いつも拝見させていただいております。
『I Stand Alone』のDVDとCDが来年の1/20に、発売されるようです!!

手が震えてしまった・・・嬉しい、こんなに嬉しいことは無い!!!

RAINDOGSさん

> 初めまして、いつも拝見させていただいております。

それはありがとうございます。

> 『I Stand Alone』のDVDとCDが来年の1/20に、発売されるようです!!

おー!
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ