DRAMA!/中島みゆき -2009-

前半の6曲が、吉川晃司主演で、杉原千畝をモデルにしたミュージカル「SEMPO」。
後半の7曲が「夜会VOL.15~夜物語~元祖・今晩屋」で歌われた曲で構成された、
中島みゆき、何と36枚目(すげぇ!)のオリジナル・アルバムが発表された。
タイトルは『DRAMA!』。

中島みゆき
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
発売日:2009-11-18

僕は「SEMPO」を観ていないので、前半は何の先入観も無く耳を傾けることができた。
1曲目から、いきなりアルバムのエンディングを飾ってもおかしくない大作である。
短い曲でも、メロディーの展開が絶妙で組曲風に聴こえるというのが、
中島みゆきの名曲の特徴のひとつだと僕は思っている。
オープニングの「翼をあげて」からして、まさにそんな曲である。
これ1曲を聴いて、『DRAMA!』が僕にとっての傑作だということが決まった。

アルバムを聴き進んでいくと、どれもこれもがドラマチックな曲ということがわかってくる。
派手なビートでガンガンくる曲は無いが、ドッシリと重い曲ばかりであり、
単に流して聴くような気は起こらず、真剣にその音と対峙させられるようだ。

では、聴くのに疲れてしまうのか…ということはまったく無いと、僕は思う。
素晴らしいのは、変に気負うようなところはなく、不自然な大袈裟さも感じられず、
すべてがファンを裏切らないであろう中島みゆきのメロディであり、
誰もが聴きやすくコマーシャルなアレンジであるということだ。

前半のクライマックスである「NOW」は凄い曲だ。
このアルバム中、最大の聴きものかもしれない。

中盤以降は、僕も観た夜会からの曲なので、こうした作品化は嬉しく思う。
美しいメロディが切ない「十二天」。一転しての迫力ある歌唱が素晴らしい。
印象的なフレーズとメロディがココロに残っていた「らいしょらいしょ」。
夜会で聴いた限りでは単なる小品的に感じた曲も、こうして作品として発表されると、
聴き応えがある立派な1曲となっているのが不思議だ。
テーマ曲とも言える「暦売りの歌」は、実に中島みゆきらしいPOPな楽曲であり、
夜会から切り離して、シングルになったとしてもおかしくない名曲。
「百九番目の除夜の鐘」は、そのリフレインがアタマにこびりついて離れない…と、
このまま全曲コメントしたくなるな。

ラストの「天鏡」を聴き終えたら、また夜会でこれらの曲を聴きたくなってきた。
現在、まさに再演真っ只中の 『今晩屋』 だが、映像作品にならないのかな?
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

あした

Blueさんこんにちは。久々のコメントです。

小学校時代「わかれうた」で「ザ・ベストテン」に出ない中島みゆきに出会い、大学時代まで本当にのめりこんで聴いていたんですが('87年には憧れの国技館も行きました)、『夜を往け』を最後にすっかり離れてしまいました。最大の理由は、プロデュースの瀬尾一三さんが創るサウンドとみゆきさんの唄があっているように思えず、どうもリアルに響かなくなってしまったからでした。

高校時代の『36.5℃』は心ときめかせて聴きました。シングルとはがらりと変わった「あたいの夏休み」のスネア一発にもう身体ビリビリでした。「みゆきと甲斐さんは本当に凄い!最強の組み合わせだ!!」と唸ったものでした。アルバムが「ビート・エモーション」にオリコン一位を阻まれたとのは悔しかった。(関係ないですがオールナイトニッポンで甲斐バンドの解散をさらりと聞かされたときはショックでした)

と、もう20年ちかくも離れてしまっている私ですが、今回Blueさんのコメントを読んで「久々に聴いてみるかなぁ」と思ってしまいました。断定形の感情・感想を眼にしてしまったせいかなあ。あした買いに行ってみます。

すぎうらさん

> 『夜を往け』を最後にすっかり離れてしまいました。
> プロデュースの瀬尾一三さんが創るサウンドとみゆきさんの唄があっているように思えず、
> どうもリアルに響かなくなってしまったからでした。

彼女が試行錯誤のうえに見つけたサウンドが、逆にファン離れを起こしてしまったというのは、
なかなか皮肉な結果ですね。ただ、こればかりは好みの問題ですから仕方が無いと思います。

> 高校時代の『36.5℃』は心ときめかせて聴きました。
> シングルとはがらりと変わった「あたいの夏休み」のスネア一発にもう身体ビリビリでした。
> 「みゆきと甲斐さんは本当に凄い!最強の組み合わせだ!!」と唸ったものでした。

もちろん甲斐&中島ですから聴いてはいましたが、この辺は、私には響いてきませんでしたねぇ…。

> と、もう20年ちかくも離れてしまっている私ですが、
> 今回Blueさんのコメントを読んで「久々に聴いてみるかなぁ」と思ってしまいました。
> 断定形の感情・感想を眼にしてしまったせいかなあ。あした買いに行ってみます。

私もしばらく離れていたのですが、例の紅白歌合戦を観て、さかのぼって聴きなおしました。
それ以来、彼女の音楽は、私の中で不動の位置を獲得しております。
ただ、もう少し情報を得てからのほうが良いのでは…(笑)。

No title

アタシもみゆきを聴いてみようかな・・と思った。

『臨月』『寒水魚』『予感』・・・この三枚だけ持ってる。
しかも発売日に買ってる。
中学時代、高校時代とみゆきのオールナイトのリスナーだったからかな。
この時代のこのアルバムのみゆきはホンマ聴いた。

どっくおぶざべい

これ結構衝撃的やった。

鼻歌ではこの三枚のアルバムからは今でも頻繁に歌ってる。
なぜか・・・アルバム買ってまでは聴かなくなちゃったんョね。

なのでアタシも20年近くみゆきから離れてる。

Blueさんのこの記事で・・・聴いてみようかなって・・・思った。

しかし、みゆき嬢・・・若いなぁ~。
オールナイトしてる時から全然変わってないよ。
CM見てもビックリしちゃう。聖子よか肌が綺麗んでは?って^^;

桃未さん

> 『臨月』『寒水魚』『予感』・・・この三枚だけ持ってる。
> しかも発売日に買ってる。
> 中学時代、高校時代とみゆきのオールナイトのリスナーだったからかな。
> この時代のこのアルバムのみゆきはホンマ聴いた。

この辺が好きならば、今の彼女の音楽もイケルと思うんですけれどねぇ。
私がそうでしたから。

> なのでアタシも20年近くみゆきから離れてる。
> Blueさんのこの記事で・・・聴いてみようかなって・・・思った。

それでは試しにコレを…って、1枚に絞って薦められないのがもどかしいですねぇ。

No title

お久しぶりです。

このアルバム、Kenny Aronoffがドラムスを演奏している曲は、(ちゃんと)David Thoenerが録音しているのに、Vinnie Colaiutaがドラムスを演奏している曲は、Brian Sheubleが録音しているんです。ミックスダウンは、全曲David Thoenerです。

アルバム制作で、Vinnie Colaiutaを使ったり使わなかったり、Brian Sheubleに仕事をさせてみたりまた暇を出したり、この辺の判断は、瀬尾一三先生の判断のように思われていて、実際には、みゆきさんがリーダーシップをとって決めていることのように思います。

中島みゆきの人材起用の判断基準というのが、どうもいまひとつ、納得できる形で解明できていないところです。あんまり重要なことではないかもしれませんが。

Re: enneagram さん

> 中島みゆきの人材起用の判断基準というのが、どうもいまひとつ、
> 納得できる形で解明できていないところです。あんまり重要なことではないかもしれませんが。

重要だと思いますが、人選に限らずサウンド作りにおいて、
そういった話題がしにくい人でもあるような気がします。
その意味では重要ではないと言えるのかもしれませんが…。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ