HYMN FOR NOBODY/Masahiro Sayama with Kiyoshiro Imawano -1995-

5月2日以降、それこそRCからソロを含めて清志郎の曲を何度も聴いた。
それぞれの曲に深く、浅く、強く、弱く、そして良くも悪くも…と、
個人的に様々な思い入れや思い出がある。
それによって泣いたり笑ったり…の繰り返しだ。
ただ、冷静に言っちゃえば、そういった自分の感情の動きは予想の範囲でもある。
この曲を聴くとこうなる…とか、こういう曲だから聴いてみよう…とか、
何かしら自分の中に存在しているモノやコトやオモイである。
それがRCなら尚更で、ソロ名義であっても似たようなものだ。

でも、そういったものを超えた曲も存在する。

RCやソロ名義ではなく、清志郎がゲストで参加している作品は、
所有していても、普段はほとんど手にすることが無いCDが多い。
それらは余程のことや目的が無い限り、部屋に流れることも無いのだが、
だからこそ、そこに個人的な何かがこびりついている事も、少ない。

夏が終わる時期に、そんな曲の中のあるひとつを聴いた。

あまりにもの美しさを感じ、
色褪せることの無い永遠を感じ、
限りない喜びと愛を感じ、
そして最後に、どうしようもない切なさと、
大事な人を失ってしまったことの悲しみを感じて、自分でも驚くほど号泣した。

  愛してることさえ忘れてしまうほど
  日常の中でいつも君が好きさ
  限りある生命がやがて幕をとじても
  永遠の夢のように君に夢中さ

僕にとっての忌野清志郎は " ラヴ・ソング " である。
清志郎のラヴ・ソングが僕のすべてであった。
これは、今もあまり変わってはいない。

「Hymn For Nobody」。
そのタイトルと歌われている歌詞があまりにも…な賛美歌であるが、
僕の中では…とお断りしたうえで、この曲は「スローバラード」と肩を並べる、
忌野清志郎、最高のバラードである。

佐山雅弘
ビクターエンタテインメント
発売日:1995-01-21

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

賛美歌

Blueさん

ありがとう。。。。

ありがとう。。。。

ただ、ありがとう。

初めて知った曲名で、
初めて聞きました。


号泣。


賛美歌であり、
それは、1つの
卒業の歌でもありました。

こんなに名曲を発見できたのも
このサイトのおかげです。感謝。

これからも、「清志郎の蔵出し名曲館」
楽しみにしています。

*You Tubeで聞けました。参考まで。

・短いバーション
http://www.youtube.com/watch?v=H2-Wfz5Bffo&feature=related

・長いバージョン
http://www.youtube.com/watch?v=ZsJbWIsP5uo&feature=related

Candyさん

> 初めて知った曲名で、
> 初めて聞きました。

そうでしたか。でも、知ってもらえて良かったです。
本当に素晴らしい曲です。本当に本当に素晴らしい曲です。

夢をみた

Blueさん

ありがとうございます。

ようやく思い出せました

なんていうタイトルだったか すっかり忘れてしまって…


夢に出てきてたんですよ
この曲が!


でも ずっとわからなくて

モヤモヤしてたんです。


押し入れ探してみます。

kenboさん

> 夢に出てきてたんですよ
> この曲が!

そうでしたか。
この曲、最近になってやっと冷静に聴けていますけれど、ちょっと前まではきつかったです。
" 何てこった…。このピアノとこの歌詞はなんなんだよ、清志郎… " って思っていましたから。

No title

初めまして。いつもいつも拝見しています。なんとなく書き込む勇気がなかったのですが、今日はたまらず出てきてしまいました。

この曲、私は3 Views Producersのほうのみ知ってました。最初から大好きな曲だったけど、5/2以降はこの歌で流した涙は河となって太平洋に流れ込むくらいです。

これだけの歌詞の中に、こんな真実をこんな感動的に歌えるなんて。。。
今でも聴くたびに胸がしめつけられる想いです。

あまり書き込みできませんが、これからもBlueさんのステキな文章を楽しみに読ませていただきます。

No title

初めて聴いた曲でした。

また泣いてしまいました。

こんな曲があったとは…

嬉しくて、悲しくて…


清志郎は、やっぱり僕らの中で生きている。



しじみさん

> 初めまして。いつもいつも拝見しています。
> なんとなく書き込む勇気がなかったのですが、今日はたまらず出てきてしまいました。

ありがとうございます。
でも、書き込むのに勇気がいりますと言われると、何が良くないのかなって考えちゃいますね(笑)。
次回からは気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

> この曲、私は3 Views Producersのほうのみ知ってました。

私が3viwesを聴いたのは、かなり後になってからでした。
人によって好みはあることをわかったうえですが、
圧倒的に佐山ヴァージョンのほうが、
この曲と清志郎のヴォーカルの魅力を強く伝えていると思っています。

まさおさん

> 初めて聴いた曲でした。
> また泣いてしまいました。
> こんな曲があったとは…

あぁ、知ってもらえて良かったです。
もしかしたら、ファンにもあまり知られていない曲なのかもしれませんね。

そうかあ。

そうなんだ・・。
そんな曲があったの、私、知りませんでした。
教えてくれてありがとう。
私も是非聞きたいです。

nobuさん

> そうなんだ・・。
> そんな曲があったの、私、知りませんでした。

お、nobuさんもご存知無かったのですか。
是非、手に入れて聴いてください。

夕暮れの空

Blueさんのこの文章を読んだ日、この歌詞をどこかで知っている気がして、一日頭の中で繰り返して過ごしました。で、夜、帰宅したら家の猫が死んでいました。夏に足をケガして外出がままならなくなったけれど、『レッド・ニャンニャン』がピッタリの猫でして...偶然にしても、こんな歌詞を何度も頭にめぐらせていた日に逝くなんて、なにかのメッセージのように感じてしまうじゃないですか。清志郎さんの歌はいつも大切な記憶に寄り添ってくれる気がします。

SeoSさん

> 偶然にしても、こんな歌詞を何度も頭にめぐらせていた日に逝くなんて、
> なにかのメッセージのように感じてしまうじゃないですか。

そんなことがありましたか…。
でも、SeoSさんが感じたように、何か意味があるんじゃないかなって思います。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ