新谷祥子 マリンバ弾き語り Woodscape「秋を…」 November Eleventh1111 2009.10.30

Image0910301.jpg Image0910302.jpg

・マリンバ・フラメンカ
・異国
・ボンネット・バス
・傘がない
・バイ・バイ・オータム
・竹田の子守唄
・五木の子守唄
・鬼遊びのうた
・未来
・アフロ・ブルー
・めまい
・ノルウェーの森
・冬の線路
・花
・November Travail

記憶だけなので、多少の間違いや抜けているものはあるだろうけれど、
この日、ライヴのMCで紹介されていた曲のタイトルを覚えているだけ挙げてみた。
そのタイトルから想像がつくと思うので、あえてオリジナルとカヴァーという表記はしない。

これらのタイトルを並べてみての印象は人によって違うと思うけれど、
僕自身は、色々なところへ連れて行ってもらえるように感じている。
この " 色々なところへ " というのは、聴いている僕自身が想像できる場所ということだけではなく、
ココロが感じる様々な感覚すべてを指す。
しかも、これはタイトルや曲調からだけでなく、彼女のMCによってもそういった感覚は助長される。
例えば " アラビックなアレンジで… " とか、
" 晴れているのに傘を差している風景 " などというMCがそれだ。
それにより " アラビックって、いったいどんな風に? " と音を想像してみたり、
" 雨でもないのに傘って、どんなシチュエーションなんだろう? " みたいに、
具体的なシーンを思い浮かべながら聴く…ことができ、観る…ことができる。
これこそが、新谷祥子のライヴの魅力だ。

要するに、チャボとの共演でも良く思ったものだが、聴いていると映像が浮かぶのだ。
新谷祥子の音楽は、とても視覚的なのである。

それだけではなく " 学生時代にピアノを習って(?)いたときに毎日弾き語っていた曲 " と紹介し、
井上陽水の「傘がない」を演奏するなど、一方で彼女の素の部分も想像できたりするので、
このギャップもまた、ライヴの魅力となっているのではないだろうか。

MCも楽しく興味深い話が多い。
彼女自身が歌うようになってからは、
今までは断っていた歌手のライヴでも招待されたら行くようにした…の流れから、
松田聖子やユーミンを観に行ったこと。
これはいい話でした(笑)。それは確かに僕でも途中で帰ったかもしれない(笑)。

ノルウェーだったかな、そこで観たマリンバをストリートで演奏している人の話。
彼女もいつかストリートで演ってみたいと言っていた。
マリンバだぜ?
絶対にカッコイイと思う。僕も観てみたい。

そして(おそらく94年)東大寺で行われたロック・フェスでのエピソード。
結局、ボブ・ディランと共演?したことになるのかな…。
でも、この話は僕も聞いていて " そりゃそうだよなぁ " なんて深く納得した。

ところで、開演前のステージにはマリンバがドーンと置かれているだけ。
これまで僕が観たライヴでは、その前後左右には色々な楽器がセットされていたけれど、
今回はとてもシンプルで新鮮だった。
実際にはマリンバ以外の楽器も使用していたのだけれど、
でも、このシンプルさは歌うということに重きが置かれているからこそ…なのだろう。

さて、浜田真理子もブゥ博士名義(笑)で歌っている「竹田の子守唄」。
2ndステージの1曲目がこれだったのだけれど、これを彼女はカリンバで歌った。
ちなみにカリンバって知っています?
親指ピアノと呼ばれる小さな楽器だそうです。
僕はこの楽器を知らなくて、ライヴ中は " オルゴールの類の楽器かなぁ? " なんて思っていた…。

実はこの日、嬉しいことに、ライヴ後に新谷さんとお話する機会があったのです。
「竹田の子守唄」がとても気になっていたので、
そこで僕は " あれはオルゴールですか? " なんて間抜けな質問をしたところ、
新谷さん本人から教えてもらったのだ。ちょっと興味を持ったのでチェックしてみます。

まだライヴのみの体験だけれど、
いつか歌モノとしての作品が発表されるのを本当に楽しみにしている。

食事をしながらの、ちょっと贅沢気分で観た2ステージ。
仕事で疲れた身体やココロを吹き飛ばしてくれた秋の週末だった。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

秋の週末に

秋の週末に一句(数句ですが・・・)
・清き人 瞬く冬の 星空に
・亡き友を 偲ぶ秋雲 雨上がり
・秋空に 偲ぶ人あり 雨上がり
・秋風と 雑音と聴く カーラジオ

専門家に云わせると、これらは「動く句」といって、季語に必然性がないとのことですが、
ある俳句の師匠は、愛する人を歌う句は動いてもいいとのことで、少し気持ちが救われました。

その師匠の句
・秋天に 消えしシャウトや 清志郎

お粗末!

Ohtsuboさん

コメント…いや、数句をありがとうございます。
実はライヴで新谷さんは、八木重吉さんの詩に触れていました。
それは「素朴な琴」という詩です。

  この明るさのなかへ
  ひとつの素朴な琴をおけば
  秋の美しさに耐へかね
  琴はしづかに鳴りいだすだらう

新谷さんはこの詩の「琴」の前に「木」を付け加えて、
ライヴのイメージとしてかな、「素朴な木琴」と変えてよんでいました。

早速、友人に八木重吉さんの詩集を借りましたので、読んでみようと思います。
最近は 『詩とファンタジー』 のこともあり、何だか詩が私の周りにちらつくようになっています。

No title

新谷さんの世界、素敵ですね。とても魅力的でおくが深そう。
私も触れてみたいです。
今度ライブとかあったら教えてくださいね~

詩といえば

清志郎は独自の詩の世界を開いた素晴らしい詩人ですが、同じ匂いのするものとして、昔から中原中也、ヴェルレーヌ(堀口大學訳)、少しだけ宮沢賢治、そしてヘルマン・ヘッセの匂いを感じていました。本人の力強い生き方とは異なりますが、ヘッセの「漂泊の人」を読むと清志郎を思い起します。アラン・シリトーやカミュとも少し重なりますが、それは私の中では30%位かな?モーツァルトのピアノコンツェツトを聴きながら、ぼんやりそんなことを考えていました。

nobuさん

> 新谷さんの世界、素敵ですね。とても魅力的でおくが深そう。
何てったって、マリンバの弾き語りですからね。独特な世界ですが、素敵ですよ。

> 今度ライブとかあったら教えてくださいね~
来年の2月、南青山MANDALAが決まりましたよ。

Ohtsuboさん

> 清志郎は独自の詩の世界を開いた素晴らしい詩人ですが、同じ匂いのするものとして、
> そしてヘルマン・ヘッセの匂いを感じていました。
実際に清志郎はヘッセをそんな理由で良く挙げていましたしね。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ