スローバラード/RCサクセション from『シングル・マン』 -1976-

清志郎とチャボの共演の知らせから2日間が経過した。
やっと気持ちが落ち着いてきたかな。

第一報が入った31日の夜から昨日にかけては、本当に幸せな気分だった。
眠い目をこすりながらも様々なブログや掲示板を探しまくったこと。
そんなファンの皆さんのレポや感想を読みながら、自分のブログに記事を書いたこと。
その記事にたくさんのコメントをもらえたこと。
一連のこういった事がとても楽しかった。そして凄く嬉しかった。
日本中のファンが同じ時間に同じ事を感じて同じ想いを抱いていたような気がする。

札幌市民会館、最後の日。
チャボとのセッションで歌われた黄金のRCサクセション・ナンバー。
そのひとつ、「スローバラード」はこんな歌詞で締めくくられる。

  ぼくら夢を見たのさ
  とってもよく似た夢を

ぼくらが見た夢の一部が、地味変のトピックスにアップされている
もう、悪い予感のかけらなんか、ひとつも無い。



RCサクセション / ユニバーサルJ(2005/11/23)
Amazonランキング:15577位
Amazonおすすめ度:

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
とっても嬉しい出来事でしたね。
>日本中のファンが同じ時間に同じ事を感じて同じ想いを抱いていたような気がする
ほんとに そんな感じしました。ライブ一緒に見てるくらいな一体感だったのかもしれない。凄いことですねぇ

yukoさん

ライヴの前や後に二人は何を話していたのかな…なんて事を思ったりするけれど、
チャボは清志郎の横でギターを弾く。清志郎はチャボをバックに歌う。
それだけでOKなんでしょう。
きっとステージ上での二人は、お互いに言葉にできない何か物凄いモノを感じていたと思うな。

よかったですね~!
その場にまさやんもいたんですね!
札幌のライブは行きたいな~って
思ってたけど、まさか清志朗さんが出演するとは思いませんでした。
きっと、まさやんもすごく嬉しかったと思いますよ。

さらみさん

札幌でチャボと山崎まさよしはセッションしたんですよね。
このイヴェントじゃなければ実現しなかったことだと思います。これはかなり貴重でしょう。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ