最初で最後の「雨あがりの夜空に」

何だか、遂この前のような気がするけれど、2007年のライヴだったのか…。

TVで放映された三宅伸治のデビュー20周年ライヴを友人が録画してくれたので、
この連休にそれを観た。
あの場では、「JUMP」以降はまったく冷静でいられなかったので、
こうして、あらためてライヴ全体をしっかりと確認できたことは嬉しい。

三宅伸治のイントロに続き、チャボに呼び込まれて清志郎がステージに登場する。
その後は何も言うことは無い。
興奮する。
部屋で落ち着いて観ていても、ただただ、興奮する。

090907_1616~0001 090907_1620~0001 090907_1654~0001

ところで、この日の「雨あがりの夜空に」だが、実は僕自身、初めての体験をしている。
RCサクセション時代はもちろん、1991年以降の清志郎のライヴでも、
それこそチャボがギターを弾く「雨あがりの夜空に」を僕は何度も観ているけれど、
この日の「雨あがり~」は、演奏中一度もチャボを観なかったのである。
こんなことはこれまで無かったし、僕自身の中であり得なかったことだ。
でも、僕の目は清志郎だけを追っていた。忌野清志郎だけを観ていた。
そんな最初で最後の「雨あがりの夜空に」なのである。

演奏中は、ただ " 清志郎! " とだけ叫び続けていただけで、何も聴いていなかった。
その証拠に、TVを観て清志郎が歌詞を間違えているのを知った。
ライヴ中は夢中で、そんなこと、まったくわからなかったなぁ。

ラストの全員による「たたえる歌」。
これまで僕が観た、こういった出演者全員でのセッションというものは、
あまりにもとっちらかっていることが多くて、素直に感動できたものはほとんど無い。
でも、この「たたえる歌」の感動的なセッションはどうだろう。
TVからでも、あの場のHAPPYな雰囲気が伝わってくるなんて、あまり無いことだ。
これだけHAPPYな音が聴けるということは、実際にHAPPYな音が出ているのだ。
こんなライヴは、僕の経験した中では、他には完全復活祭しか無い。
理由はひとつ。
言うまでも、そして書くまでも無いけれど、それは忌野清志郎だろう、やっぱり。

それにしても、本当にこのようなシーンを、
今後はもう生で観ることが、そして聴くことができないのかよ…。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

そーなんですよ

「おーーー!」
「うわ~~~!!」

って見終わったあと 必ず最後に残ってしまうのが

「もう観れないのか・・・」

なんです。

これからも ずーっとなんでしょうけど。

No title

このライヴのことはBlueさんやnobuさんのブログで読んで
ものスゴイ興奮したのを憶えてます。
まるで自分も観たように錯覚するほど何度も読みました。
嬉しさをおすそ分けしてもらえたってカンジです。
俺はまだ、この映像観れてませんが、近いうちにある方のご好意で観れることになりそうです。

Blueさんが貼ってくれた画像、真ん中のヤツ。
昔から、この愛情溢れるチャボのチョップを見るのが大好きです。
完全復活祭でも片山にかましてましたよね。
あと、清志郎、チャボがよくやる、相手の頭を撫でる(つうかクシャクシャってするヤツ)のも大好き。
こういうことして自然なのってこの人たちだけかも。

kenboさん

> って見終わったあと 必ず最後に残ってしまうのが
> 「もう観れないのか・・・」なんです。
もう体験できないなんて、本当に信じられませんよ。
残された映像作品を観続けていくしか無いんですよねぇ…。

LA MOSCA さん

> Blueさんが貼ってくれた画像、真ん中のヤツ。
> 昔から、この愛情溢れるチャボのチョップを見るのが大好きです。
何度このチョップを観たことか。
もうチョップする相手がいないんだよなぁ…。

> あと、清志郎、チャボがよくやる、相手の頭を撫でる(つうかクシャクシャってするヤツ)のも大好き。
あぁ、これも定番でしたね。

やっぱ信じられないなぁ

わかる~。
この人がゲストやサプライズに登場してきたときの半端ない存在感。
いい意味でも悪い意味でもメインを喰ってしまう存在感。
何にもないときでもそうだもん。
この状況がそうなるのはよくわかります。

映像や写真、盤上ではなにも変わらないし、〝知らなきゃ意識しなきゃいつもと変わらない″ってのが私の考え方で、それはこれからも変わらないと思います。
たとえがおかしいかもしれないですが、いまだに【シュレーディンガーの猫】なんですよ。
チャボがラジオで言っていたように、
〝事実は事実として認めた上での実感できない実感"っていうのが強いんですよ。

ただねぇ...LIVEはなぁ...。





youさん

> チャボがラジオで言っていたように、
> 〝事実は事実として認めた上での実感できない実感"っていうのが強いんですよ。
確かに…。映像を観てしまうと、余計にそれを感じます。

> ただねぇ...LIVEはなぁ...。
どうしたって、これはもう観られないわけですから…。

最近 気づいたんですけど

最近 気づいたんですけど キヨシローが 後期によく使っていた アコギのギブソンJ-200なんですけど 本人は 最低でも 3本は所持してみえたようですね。サンバーストは1本だと ずーと思ってましたサンバースト2本以上もってみえますよね。今日 青山ロクの写真みてて 傷がぜんぜん違うので驚きました。恥ずかしいです。。①夜ヒットのタイマーズ 1950中期モデル 色サンバースト 。②青山ロックンローロショーの写真のもの1960復刻モデル?色サンバースト。 ③夢助のレコーディングの時 現地で購入・レコ使用したもの 色 木の淡い色のもの。確認できてるJ-200は 以上なんですが 他にも J-200 違うタイプもの あったら 情報おしえてください。三宅さんの20周年私も みました。「約束」 最近すごく好きです。  どうして こんなに 心に 染み込んでくるんでしょう。本当に まいってしまいます。60歳代・70歳代 キヨシローさんは また 新しい歌や新しい事をやってくれたんだろうな。。。聞きたかったなぁ 本当に。22日 名古屋 パルコ夜7時30キヨシ展行きました。 客 マバラなり。スクリーンスペース約10畳なり。 天井スピーカーは 上向き。音量・音質 思ったより よかったです。マグカップとメガネブタTシャツ購入する。

チョップ!

10日ぶりに、「Blueの雑記帳」に
遊びに来れました。(^^)ノノ

ROCKIN'ONが届いた時のように
ドキドキしながら読んでいます。

キヨシローへの、RCへの、想いのある記事を
ここで読めるのが、単純に嬉しい。

ラフォーレの映像のDVD、欲し~!!
行けないヤツラもいるんだよ。ここに!

上の、チョップの写真もいいですね。


ああ。。。LIVEにいつかは行けるなんて
ずっと思って、必死にここでがんばってきたのになぁ。

今、それがありえないなんて(涙)。

何をしたって、叶わないんだと思うと、
過去のLIVEに足を運べた皆様が
うらやましいです。
ここにいる自分。想像だけかぁ。。。。(悲)

でも、やっぱり
RCに、キヨシローに感謝しかありません。
思春期に?!出会えた喜び。

しんいちさん

> キヨシローが 後期によく使っていた アコギのギブソンJ-200
清志郎所持の楽器に関してはあまり詳しくないので、情報ありがたいです。
あらためて見直してみようと思います。名古屋情報もありがとうございます。

Candyさん

> でも、やっぱりRCに、キヨシローに感謝しかありません。
> 思春期に?!出会えた喜び。
まったく同感です。彼等に出会わなければ、今とは違う自分だったことは間違いありませんから。

知ったかぶりの老いぼれにはなるまい

Blueさん、こんばんは。

僕も、あの日、ステージの真下にいた一人です。

どうしても行きたくなってチケットもないのに会場に向かい、ダフ屋もいない会場で、開演10分前に偶然、チケットを譲っていただいて観ることが出来ました。そして、やっとあきらめた頃に、ギターがあのコードを鳴らして、ホーンセクションがあのイントロを吹いて、Chaboの紹介で、まるでいつものどこかのライブみたいに、マントを来た清志郎が出てきたその瞬間。

なんども、なんどもフラッシュバックします。ほんと、もう何が起きても僕は全てを許すだろうっていうような幸福感を、会場のほとんど全員、もしかしたら、まったく全ての全員と共有している、そんな感覚があったんですよね。

はじめまして!

かずーと言います。
もうNICEなブログで!最高です。
オレもRCで育ったみたいもんですね。彼等から教わった物は
はかりしれないです。
また近い内にRCの復活を期待してた矢先にボスが・・・
この間のラジオでチャボが“死”と言う言葉は使ってなかったですよね。
『不在』と言ってました。
チャボの気持ちはず~っと永遠に待ってるんですよね。
たまらない関係、素敵だなあと思いながら聞いてました。
あっ、こんな話また長くなる(笑)
また来ますね、よろしくお願いします^^

国立市長公認

ふとMIXIのコミュを覗いたら、
清志郎のモニュメントを建立しようという動きがありました。
国立市長も承認したそうです。ただし予算は出せないので、
ファンの有志&融資?でやるならとのこと。
多摩蘭坂の供え物は49日終了時にいったん全て撤去されたそうです。
私は賛同したいです。
NYではセントラルパークのイマジンのプレートに一礼を
してきましたし。

b_in_g さん

> 開演10分前に偶然、チケットを譲っていただいて観ることが出来ました。
それはラッキーでしたね。
そして、清志郎が出てきた瞬間と、その時の気持ちは忘れられません。

かずーさん

> この間のラジオでチャボが“死”と言う言葉は使ってなかったですよね。
> 『不在』と言ってました。
私の知る限りですが、おそらくこれまで一度も " 死 " という言葉をチャボは使っていないと思います。
コメントありがとうございました。

POP-IDさん

> 清志郎のモニュメントを建立しようという動きがありました。
> 国立市長も承認したそうです。ただし予算は出せないので、
> ファンの有志&融資?でやるならとのこと。
そういった動きがあることは知っていました。今後は具体的になっていくのでしょうね。

僕もあのシーンを体感して…

あの、場面にいました。
Blueさんと同じように。
今でも忘れられないし、これからもそうでしょう。
「たたえる歌」、よかったですね。
あのビデオ、みたいなぁ。。。。

でも、ちょっと勇気がないなぁ。。。

Blueさんありがとう。

gaku1868さん

> 今でも忘れられないし、これからもそうでしょう。
あの場にいたほとんどの人は、きっと同じような思いでいるんじゃないかなぁ。

鍵付コメントさん

了解です。ありがとうございました。

あの日の思い出

Blueさん、初めまして。
訃報以来、何度も見に来ています。
また、知り合いに都度このページを紹介してきました。
ですが、書き込むのは今日が初めてです。

それから、b_in_gさん、、チケットを譲ったのはひょっとしたら僕だったかもしれません。
秋田からライブを見に来て、一緒に行くはずだった東京の友人がいけなくなって、、僕は直感でこの人だ!!って声をかけた人が偶然チケットを探していた人で譲ることができたのでした。

キヨシローが出てきたとき、その知り合ったばかりの隣人と喜び合ってステージ前に走ったのでした。あの日のことはとにかく強烈な思い出としてわすれられません。

そして、、、、先日、、、僕も友達からダビングしてもらいこの放送を見ることができました。
当日の雰囲気がそのまま伝わってくるすばらしい番組になっていました。
blueさんもかかれていますがそれくらいあの日の瞬間が特別なものだったからなんだと思います。。。

私事で恐縮ですが、当時書きました自分のmixiの日記を転載させていただきます。
勢いで書いた稚拙な内容ですのでこれは流してもらってかまいません。
もし差し障りなければ、その後キヨシローに関して書いた日記を見ていただければと思います。
(いずれもmixiですみませんが、そちらのほうが冷静に書いているつもりです。)

とにかく、訃報以来、blueさんの繊細でやさしい言葉でこれまでどれだけ救われたかわかりません。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

(この書き込み自体が不適切でしたら削除ください、以下転載です。)

-------------

三宅伸治デビュー20周年LIVE「BACKしよう」SHIBUYA-AX 2007年09月23日11:33

約3時間半におよぶ特別なライブだった。
終演間際から泣いていた。我ながら驚いた。
気付くと周りも泣いていた。三宅伸治も泣いていた。
大泣きではなく夢のような感動とあふれる愛からのうれし涙だったと思う。
キヨシローの全快もうれしかったが今日の特別はたくさんあった。
総勢50名近い超豪華有名アーティスト軍。
これで7千円は明らかにボランティアに近い。
AXの箱は指定席にしていたこともあり小さく、客は千人ちょっとといったところだろうか。
全編が愛と友情であふれていた。まじめに語るには時間がぜんぜん足りない。。。

でも、やはり一番の感動はRCのほぼ黄金時代のメンバーでの「雨上がりの夜空に」になるであろう。キヨシロー登場の期待がなかったわけではないがアンコールの終盤に登場したキヨシローは反則だろう。もう出ないだろうとあきらめかけていたその瞬間に聞き覚えのある最新ヒット、名曲「JUMP」のイントロが流れる。まさかいまさらないだろうと思ったその時キヨシローが現われたのである。指定席である客席を飛び出してステージ前に体が動く。気付けばクロマニヨンズライブのそれに近い盛り上がりと汗ぐっしょりになっていた。そして2曲目、チャボのギターで始まるもう何百回も聞いているはずのおなじみのイントロが流れた、まさに奇跡の瞬間だった。。。(つづく)

snowman さん

> Blueさん、初めまして。
> 訃報以来、何度も見に来ています。
> また、知り合いに都度このページを紹介してきました。
それはありがとうございます。嬉しいです。

> それから、b_in_gさん、、チケットを譲ったのはひょっとしたら僕だったかもしれません。
> 秋田からライブを見に来て、一緒に行くはずだった東京の友人がいけなくなって、、僕は直感でこの人だ!!って声をかけた人が偶然チケットを探していた人で譲ることができたのでした。
何と!本当なら凄い!でも、本当のような気がします。

コメントありがとうございました。

それ、僕です!

いまごろ、ふと、Entry Rankingからこの項目を読み直していて、snowmanさんのこの書き込みを見つけました:

> それから、b_in_gさん、、チケットを譲ったのはひょっとしたら僕だったかもしれません。
> 秋田からライブを見に来て、一緒に行くはずだった東京の友人がいけなくなって、、僕は直感でこの人だ!!って声をかけた人が偶然チケットを探していた人で譲ることができたのでした。

それは。。。まさに僕です。。。あのときはありがとうございました。
僕にとってはこの日が復活祭でした。きっと一生忘れない瞬間です。

って、早く気がつけば良かった。。。でもBlueさんのおかげで、こういうつながりが発見できて、とても感謝しています。ありがとうございます。


b_in_g さん

おー!何だか凄いな。
お役に立てて(?)良かった(笑)。

土曜日は初めてのSHIBUYA-AX

これもインターネットで初めて観ました。
『JUMP』のところ、よく観るんですけど、
これまた、やっぱり感動してしまうところは、
他の動画の『JUMP』とは違うところ…チャボがいて、
清志郎が同じ時期の動画の表情とは違う感じがするんですよね。。
チャボがいるからだと思うんですよ、、やはり。
それにしてもお肌ツヤツヤで元気そうなのになぁ…。

これもネットで観た話ですみません。
95年の阪神大震災の1週間あとくらいの収録の
清志郎出演番組を観まして。手書きの「1週間日記」を公開してて、
その中に“チャボと電話で話し込む(1時間)”て書いてあって。
その頃の清志郎をあまり知らなかったので
貴重なものを観た気がしてしまいました。。
何だか嬉しい気分になりまして。すみません、たびたび(笑)

Re: tamaさん

> 清志郎が同じ時期の動画の表情とは違う感じがするんですよね。。
> チャボがいるからだと思うんですよ、、やはり。

これはもう、私の友人とも一致していることで、良く話題にも出ます。
tamaさんが感じていることとまったく同じです。
" チャボがいるから " というのは清志郎にとって大きいのだと思います。

> その中に“チャボと電話で話し込む(1時間)”て書いてあって。
> その頃の清志郎をあまり知らなかったので
> 貴重なものを観た気がしてしまいました。。

その番組って何だろう?
忘れているだけかもしれませんが、記憶に無いなぁ。
話し込む…っていうのがいいですね。

> 土曜日は初めてのSHIBUYA-AX

AXは初めてなんですか。
チャボにとってはMANDALAと共に、今では東京でのホームみたいな場所かな。
それにしてもいよいよ…ですね!

原宿駅から無事たどりつけるかな。

番組、こちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=OKY1CTIdQE0&feature=related
収録というか日記が大震災の1週間後くらいのものでした。
音楽番組ではないみたい。チャボとの電話は1月23日月曜日。
ロッ研でのとりとめのないような話とか…自画像も出てきました。
イシイさんの写真とかもちらっと出てきて珍しいなと思いました。

SHIBUYA-AX、2000年開館だそうですが
だいぶライブ離れしていましたし
自分にとっては新しいホールで、初です。
ドキドキです!頑張ろう~!



Re: tamaさん

> 番組、こちらです。

ありがとうございます。今度ゆっくりと確認します。

> SHIBUYA-AX、2000年開館だそうですが

そうなんですか。気にしていませんでしたが、もう10年なんですね。
当日は迷わないようにしてください。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ