個展 忌野清志郎の世界 / ラフォーレミュージアム原宿 2009.8.27

二度目ともなれば、前回よりも気持ちは落ち着いて観ることができた。
しかも平日だったので空いていたから、自由に会場を動き回れて、
観たい時に観たいものを観たいだけ観ることができた。

Image0908271.jpg Image0908272.jpg Image0908273.jpg

ところで、ここでこんなことを書くのはためらうのだけれど、
正直、CDとしての 『ブーアの森へ』 は、個人的には無視している作品。
ただし、絵本は別だ。
あれはストーリー云々よりも、清志郎の絵に感動した。
あの絵は素敵だ。
観ているだけで何かが伝わってくるし、引き込まれるパワーがある。


実は今回の展示物でいちばん感動したのが、この 『ブーアの森』 の原画である。

文字は必要無いと思った。
順に絵を観ていくだけで十分だ。
もちろん出版された作品集にもこの原画は載っているけれど、
あの小ささでは魅力は半減どころか、ゼロに近い。
可能ならば、実物を観て欲しいと思う…というか、観たほうが絶対に良い。
告白すると、今回、絵を観て僕は涙ぐんでしまった。

     **********

さて、もちろん展示物がメインなのはわかっている。
ただし、会場で流されている日替わり全7作品のスペシャル映像。
日曜日に観たそれが予想以上だったので、
どうしても他の日の映像も観たくなったのも事実。
はたして木曜日はどんな映像が流れたのか…。

はい、この日も凄かったです。

PVは「い・け・な・い ルージュ・マジック」や「AROUND THE CORNER/曲り角のところで」。
そして「君が代」に「不思議」。

ところで「不思議」は音がアルバム・ヴァージョンだったし、日本語のナレーションが入るなど、
映像作品 『スペードのエース』 とは編集が一部違うものだった。
でも、これは何だか観た記憶があるなぁ…。
ライヴでは、2008年ARABAKI ROCK FES.でのイリュージョン・ショーなどが流れた。

そして個人的な目玉が今回も二つ。
まずは1982年5月5日。ヘンタイよいこ白昼堂々秘密の大集会のライヴだ!
糸井重里発言により、このヴィデオの存在は知っていたが、その一部が観られるとは!
ヘンタイよいこバンドでのチャボ、坂本龍一、そしてドラムの鈴木さえ子が確認できた。
すげぇ!

更に、再び82年5月28日ポリドール2スタ、 『BEAT POPS』 のレコーディングの様子が流れた。
「つ・き・あ・い・た・い」のプレイバックが流れて清志郎がサックスでふざけているシーン。
清志郎がピアノ(?)の前で指示を出しているシーン。
おそらく「君を呼んだのに」のコード譜をカメラに向かって見せるシーン。
こんな凄い映像が短いながら続くのだが、その最後にとんでもないシーンが流れた。
何と「窓の外は雪」の、例の " ぼくらは薄着で笑っちゃう♪ " のコーラス・シーンだぞ!
向かって左からリンコ、清志郎、チャボ、G2の4人が2本のマイクの前に立ち、
たぶん本番ではなくリハだと思われるが、歌っているシーンが数秒映るのだ。

おいおいおいおい…何なんだよこれは~!

明日で開催から7日だ。
スペシャル映像の内容すべてを把握したいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

私も昨日行きました!

午後から仕事をサボッて(笑)

ブーアの原画、実は私も物凄く感動しました。

絵のみでこんなに心が動いたのは初めてだったかもしれません。

あと、ステージ衣装。

特に、靴。

靴の先に残る傷や、表皮に刻まれた皺、履き口のあたりの、ちょっとこなれた感じ…。

清志郎は、靴が好きでしたよね?

清志郎のステージで履かれた靴を見るの、なんか、たまりませんでした…。


私も、曜日を変えてもう一度行きます!


あそこに清志郎がいる気がするので…。

No title

はじめまして。
いつも拝見しています。
いろんな情報をありがとうございます♪
今日、個展を観にいきました!
おっしゃるとおり、ブーアの森の原画が、ホントにすばらしかったです!
なんてピュアで清々しいのでしょう!
そして、今日の映像は、日野高校での体育館ライブ映像(体育館の底が抜ける!)とか、1987年の京都のライブでイアン・デューリーを紹介するところとか、愛を謳おうのPVメイキングちょこっと(ぬいぐるみの肉球でギターを弾く!)、完全復活祭直後にいろんなゲーノー人?と写真をとったりしてるとことか、でした。

面白いし、感慨深い映像でございました。
確かに、全ての曜日の映像を制覇したくなりますね。。。



No title

いつも素晴らしいレポありがとうございます。
未発表の映像・音源の存在は、ちょっと慰められる感があります。

大げさに聞こえるかもしれませんが、
これからは何聴けばいいんだ?何観ればいいんだ?
みたいな狭い人間は困ってるのです笑

きよみさん

> 午後から仕事をサボッて(笑)
いやぁ、確かに仕事をサボッて行きたくなりますよね。

> ブーアの原画、実は私も物凄く感動しました。
> 絵のみでこんなに心が動いたのは初めてだったかもしれません。
凄いと思いました。本当に凄い、あの絵は。

yura さん

> 日野高校での体育館ライブ映像(体育館の底が抜ける!)とか、
> 1987年の京都のライブでイアン・デューリーを紹介するところとか、
> 愛を謳おうのPVメイキングちょこっと(ぬいぐるみの肉球でギターを弾く!)、
> 完全復活祭直後にいろんなゲーノー人?と写真をとったりしてるとことか、でした。
87年のイアン・デュリーは凄いですね!それは観たいなぁ。
コメントありがとうございました。

タオルさん

> 未発表の映像・音源の存在は、ちょっと慰められる感があります。
これらをまとめての作品化に期待したいですね。

ラフォーレとか Cadillac Records とか

こんばんは。

先週土曜日(初日)に行ったラフォーレでは、Rock Me Baby(PV)、Lonely Night(PV?スタジオライブ)、Naughty Boy、トランジスタラジオ(Glad All Over)、Oh! Radio!(PV)の映像に、ベイビー逃げるんだのPV収録風景@NYとか、83年のツアーで客がホテルの前で待ち構えてるところに出て行くシーンとか、 上原小学校の卒業式に特別出演したときの映像(!)がちらっと写りました。

ところで、いま上映中のCadillac Recordsっていう映画、今日見てきたのです。マディ・ウォーターズやら(ビヨンセ演じる)エタ・ジェームスたちのbluesいっぱいで、また、音楽業界の話でもあるので、「独立する方法」をなんとなく思い起こしたりもしながら、面白く見て家に帰りました。

で、登場人物のCD等の解説等が欲しかったので、滅多に買わないパンフを買って家で広げたら、仲井戸"Chabo"麗市の解説?コメントが!! 「こんな映画が見られるなんて、なんともうれしい!!」って書き出しで、巻頭?見開きです。アナログのシングル盤のサイズなのかな。

なんか嬉しかったのでコメントしました。

blueingreenさん

> 先週土曜日(初日)に行ったラフォーレでは
情報ありがとうございます。

> いま上映中のCadillac Recordsっていう映画
> 滅多に買わないパンフを買って家で広げたら、仲井戸"Chabo"麗市の解説?コメントが!! 
そうなんですよ、チャボなんですよ(笑)。私も観に行く予定です。

No title

運良く東京出張があったのでBlueさんと同じ27日に見に行きました。「ブーアの森」の原画には心を動かされました。特に男の子が大泣きしている絵を見て「なんて見事な泣きっぷりだ」と感心しましたが、清志郎の観察力と表現力はすごいなと思いました。子供ってあんなふうに泣きますもんね。他の油絵も色彩が素晴らしく、独特のセンスを感じました。二人のお子さんをスケッチしたものには静けさと暖かさがあって、微笑ましい家庭生活をかいま見たような気がしました。

ジャスミンさん

> 運良く東京出張があったのでBlueさんと同じ27日に見に行きました。
観ることができて良かったですね。

> 「ブーアの森」の原画には心を動かされました。
本ではわからなかった絵のパワーというか、とにかくこっちに伝わってくる強い何かを感じました。
色も凄い。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ