井上陽水、40年を語る。清志郎を語る。

NHK教育テレビで、8/24から四夜連続で井上陽水の特番が放送されている。
タイトルは 『LIFE 井上陽水 ~40年を語る~』
今夜(8/25)はその第ニ夜だった。

番組はいくつかのキーワードで括られて構成されている。
第二夜のそれは " 麻雀 " " 亡き人々 " " 最後のニュース " 。
二番目の " 亡き人々 " は、陽水に影響を与えた今は亡き人々ということだ。
当然、ここでは忌野清志郎が取り上げられる。

僕は泉谷しげるや井上陽水が清志郎を語るのを観たり聞くたびにいつも思うのは、
友情と呼ぶのとはニュアンスが違う、その関係についてだ。
チャボと清志郎の関係とはまったく違うと思う。
そこにあるのは、清志郎に対しての信頼というか尊敬というか、そういうものを感じてしまう。
この番組を観てもそうで、陽水が清志郎を語るシーンは、とても感動的だった。
だからこそ、清志郎不在の大きさも伝わってきて、悲しくなるけれど。

1999年9月24日。
東京は六本木のSweet Basil 139で行われた井上陽水のライヴに清志郎がゲスト出演した。
番組では、その際に歌われた二人の共作「帰れない二人」の映像が流された。

" あぁ、もうこの声を生で聴くことが二度とできないんだ "

5月以来、日々の生活の中でも感じることがあるけれど、
このシーンを観たときに、何故だか巨大な喪失感に突然襲われた。
清志郎…。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

こんばんは、いつも、読ませていただいております。いろいろ、ありがとうございます。
私もさっき、録画していた番組を観たばかりです。
清志郎氏が思っていた以上に映り、最近は平気になってきてはずなのに涙が溢れました。
陽水さんが、ジョン・レノンがいなくなった後のお気持ちを、心に穴があいた…と語っていましたが、こちらのブログを読んでいる皆さまやたくさんの人が、5月以来、そうですね。
陽水さんが何人かの故人の方々を割りと揚々?に語られてましたが、清志郎の時だけ、なんというか、表情がお辛そうに見えました。

上質な人

二つ年下だけど、精神的には上にいる人...
上質な人...

知らなかった!

見逃してしまいました・・・
陽水の語る清志郎、聞きたかったな~。

>友情と呼ぶのとはニュアンスが違う、その関係

これ、何となくわかります。
友人である以上に、同じミュージシャンとして一目も二目も置いてる感じが伝わってきますよね。
二人だって十二分にスゴイんですけどね。

チャボは・・・
戦友、相棒、ライバル。
どんな言葉でも言い尽くせない関係だと思います。

だるまこさん

> 清志郎氏が思っていた以上に映り、最近は平気になってきてはずなのに涙が溢れました。
清志郎自身の番組よりも、こういったものを観るほうが辛くなるような気がします。
コメントありがとうございました。

vitamin さん

> 二つ年下だけど、精神的には上にいる人...
> 上質な人...
あぁ、そう言っていましたね。

LA MOSCA さん

> 友人である以上に、同じミュージシャンとして一目も二目も置いてる感じが伝わってきますよね。
清志郎に対しての泉谷と陽水って、独特ですよね。
凄い関係だと思います。

私も見ました~

録画しておいたものをさっき見ました。
「ああ、やはり清志郎はもういないんだ・・・」という気持ちになりました。

お盆休みには、帰省してくる友達の何人かが
新聞や雑誌の切抜きの清志郎の記事を持って帰ってくれました。

私=清志郎と認識してもらってるのがうれしい反面
今日と同じように清志郎の不在の大きさを感じてしまいました。

み~さん

> 「ああ、やはり清志郎はもういないんだ・・・」という気持ちになりました。
今後、何度もそういう思いをするんだなぁ…と思うと辛くなります。
でも、もうどうしようもできないのも事実なんですね。

リップサービスなんかない by:陽水

これは見れました!

清志郎が。。。
「イェ~!って言うんだよ。
無意味に盛り上がるワケ。(笑)」

2人で見つめ合いながら歌うの
いい映像でした。ホラ貝の後の間とか。

これからも、そこで歌ってくれるような。
青い「D」帽子。。。信じれない。。。。。。

今日は「OH! RADIO」を車で聞いており

ぼくらの心、そう、いつも何処かでひとつさ、
ずっと、Woh Woh♪

もう涙、ツーーーー、で運転です。

ぼくらの心、そう、Blueの雑記帳でひとつさ♪

Candyさん

> ホラ貝の後の間とか。
あー、そこはいいシーンですよねぇ。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ