私は風 / カルメン・マキ&OZ(Single Version) -1978-

春日博文ネタで盛り上がったためか、OZが無性に聴きたくなった。
おかげで今日は1日、カルメン・マキの歌と春日博文のギター漬けとなった。
マキOZの1stアルバムを爆音で聴きながらの帰宅途中。
これだけじゃ物足りねぇんだよ…って、家に着いたら聴こうと決めていたのが、
『私は風』 のシングル盤だ。

CIMG7564.jpg CIMG7565.jpg CIMG7566.jpg

もちろん1stアルバムに収録されているオリジナル・ヴァージョンは素晴らしいけれど、
個人的に思い入れがあるのはこのシングル盤だ。
間違いなく、RCサクセションの「ステップ!」や「雨あがりの夜空に」と共に、
擦り切れるまで聴いたシングル・レコードの中の1枚だ。

例の殺人的にカッコイイあのリフで始まるこのシングル・ヴァージョンは、
当時は聴くだけでなく、死ぬほどそのギターをコピーした。
最強のAマイナーだと思う。

オリジナルは10分を超える長さの大作だけれど、このシングルは4分弱。
それでも決して曲の良さが失われることは無く、それどころか別の魅力が溢れていると思う。
短縮してハードな部分だけが抽出され凝縮されたことにより、
レコードに針を落とした瞬間から、
僕の耳には春日博文のハードにドライヴするギターと、
マキのド迫力ヴォーカルがダイレクトに突き刺さる。
いきなり持っていかれる。
そのまま曲がフェイド・アウトするまで感動と興奮がレッド・ゾーンのまま続く。
そしてもう一度…いや何度もレコードに針を落としたくなるのである。

ちなみに…というか当然この曲はライヴも強力。
OZのラスト・アルバムとなった 『LIVE』(78)に収録された、
77年5月の日比谷野音でのライヴ・ヴァージョンが文句無く素晴らしいが、


カルメン・マキ&OZ(1994-11-26)
Amazonランキング:21022位
Amazonおすすめ度:


96年に出たベスト・アルバムに収録されたラスト・コンサートでの未発表ライヴも、
その貴重さも含めて捨てがたい。

CIMG7567.jpg
カルメン・マキ&OZ(1996-03-25)
Amazonランキング:30685位
Amazonおすすめ度:

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

マキ!

うちのオフクロが
なぜかOZが好きで 妹の名前まで
マキとついてます。
オレも聴きたくなったなぁ
実家行って探してきます。

シングルは聴いたことありません。

kenboさん

> うちのオフクロが
> なぜかOZが好きで 妹の名前までマキとついてます。
お母さん、そこから妹さんの名前をつけたのですか?凄いなぁ。

> オレも聴きたくなったなぁ
いやー、マキOZ最高です。
実は普段から良く聴いているのですが、たまに盛り上がる時期が来るようで…。
ヴォーカルやギターはもちろん、春日博文の作る曲が自分にピッタリとはまるんです。
いい曲を書く人です。

> シングルは聴いたことありません。
これもサイコーですよ。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ