RCサクセションにとってのレイモンド・ジョーンズ

チャボや清志郎、そしてRCサクセションについて、差しで友達と語り倒すと言う、
やるということだけが決まっている定期的な不定期開催(笑)の宴が個人的にあるのですが、
友達からのフジ・ロックの報告も兼ねて、今回は世間がお盆休みの最中に開催されました。

ちなみにどういう宴かと言うと、夕方から始まるのですが、とことん話して一息つき、
ふと時計を見ると、既に日付が変わっているという、そんな場です(笑)。

で、今回のエントリー・テーマは、そこで出た話のひとつから思いつきました。

     **********

清志郎の…またはチャボの…でも良いが、ここではRCサクセションの…と呼ぶ。
RCにとってのレイモンド・ジョーンズは誰か?

レイモンド・ジョーンズというのは、ビートルズ伝説には欠かせない人物だ。
後にビートルズのマネージャーとなるブライアン・エプスタインが経営していたレコード店。
そこにレイモンド・ジョーンズという人物が訪れ、こう聞いた。

  ビートルズというバンドの「マイ・ボニー」のレコードはありますか?

これが無かったら、ビートルズの運命は今とは違っていたと思う。
要するに " あの人がいなかったら " ということが、RCサクセションにもあったか…だ。
ただ、レイモンド・ジョーンズなる人物は、実在しているのか否か…という理由で伝説化しているが、
RCの場合は実在する人物との運命的な出会いということになる。
よって、残念ながら伝説と言ったものでは無いけれど、
それでも思いつくままに3人挙げてみる。

●小林先生
ファンには説明不要。
清志郎が通っていた高校の美術部の先生。
彼がいなければもちろん「ぼくの好きな先生」は生まれなかっただろうし、
やはりRCの運命は変わっていたように思う。

●井上陽水
清志郎と陽水の共作が 『氷の世界』 に収録されたことで、
それによる印税収入が一時期の清志郎をささえていたことを考えると、
やはり、その音楽的繋がり以外でも重要な人物になるだろうなぁ。

●泉谷しげる
渋谷の " 青い森 " で泉谷がRCと古井戸を観なかったら…。
色々とその後は変わっていた可能性はあるだろう。

     **********

さて、ここまでなら思いつく人も多いだろうし、それなりに納得の人物でもあると思う。
ただ、やっぱりこの人に比べれば弱いし、敵わない。
というか、この人こそRCにとってのレイモンド・ジョーンズになるだろう。

その人は誰かと言うと…。

●春日博文
宴で話題になったのがこの人だ。
上記の3人も重要だけど、春日博文には敵わないと思う。
『GOTTA!忌野清志郎』 を読むと、
清志郎も本気でバンドをやめようと思っていた時期があったようだが、
そんな時代の屋根裏でのライヴに、たまたま来た彼が飛び入りでギターを弾かなかったら…。
本当に春日博文が偶然に現れなかったら、間違いなくその後のRCは違っていただろう。
これは 『ロックで独立する方法』 でも " 奇跡 " と書かれている程の出来事であったわけだ。

このように、新生RCサクセション結成のきっかけも彼であり、
活動休止することになった場にも彼がいたことを考えると、
RCにとってのレイモンド・ジョーンズは、春日博文で決まり!のような気がする。

     **********番外編**********

●チャボのお兄さん
" おまえヒマだったら行ってみれば " と、
渋谷の " 青い森 " の割引きチケットをチャボに渡したというお兄さん。
これが無ければ加奈崎芳太郎との出会いはなく、
忌野清志郎との出会いも無く、
泉谷しげるとの出会いも無かったわけだ。
ということは加奈崎芳太郎&仲井戸麗市の古井戸も無く、
清志郎&チャボのRCサクセションも無く、
泉谷しげる with LOSERも無かったことになる。
チャボのお兄さんは、レイモンド・ジョーンズどころではないかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

なるほど

お盆にそんな会合をやっていたのですね^^
今度入れてください^^( あ、それじゃサシにならないからだめですね。)

チャボのお兄さんが、という話は知りませんでした。
そうだったのかあ。

こういう大事な人達との出会いがあったこと、それもただの偶然ではなく必然だったんでしょうねえ。。

ロックで独立する方法、やっと買って今読んでます。
すごく興味深いです。

nobuさん

おっとnobuさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。

> お盆にそんな会合をやっていたのですね^^
> 今度入れてください^^( あ、それじゃサシにならないからだめですね。)
会合(笑)。
何度か開催しているんですが、nobuさんと話す中島みゆきの超拡大版みたいなものかな(笑)。

> チャボのお兄さんが、という話は知りませんでした。
> そうだったのかあ。
そうなんですよ。これがなければ…を考えるとねぇ。

> こういう大事な人達との出会いがあったこと、それもただの偶然ではなく必然だったんでしょうねえ。。
その通り、すべてが必然だったように思います。

重要人物

Blueさんとお友だちの語り倒し、ぜひ一冊にまとめてください。
読んでみたいです!

「春日さんが最重要人物」説、賛成です。ほんとにその出会いには必然を感じますね。

あと、石井さんを清志郎の楽屋に連れて行き、後に資生堂のサンプルセットを差し入れたという「本橋さん」も、昔から気になってます。

夢風さん

> Blueさんとお友だちの語り倒し、ぜひ一冊にまとめてください。
> 読んでみたいです!
一度みんなで集まって、話したものを録音しておいて、後から文章に起こしてみたいなぁ。
きっと支離滅裂になるだろうけれど(笑)。

> 石井さんを清志郎の楽屋に連れて行き、
> 後に資生堂のサンプルセットを差し入れたという「本橋さん」
マニアックすぎる~(笑)。

チャボ兄

ひえ~~~~~(@@)ノノ

>●チャボのお兄さん
" おまえヒマだったら行ってみれば " と、
渋谷の " 青い森 " の割引きチケットをチャボに渡したというお兄さん。

知らなかった。。。
お兄さん、ありがとう!!

やっぱり、これに135点!


Blueさんの宴会、濃い、濃いですなあ(笑)。
今後のさらなる、宴会の議題が、気になる。

あと、番外編。夢風さんの

>石井さんを清志郎の楽屋に連れて行き、後に資生堂のサンプルセットを差し入れたという「本橋さん」も、昔から気になってます。

これも、128ヘェだなあ。。。。


Candyさん

> 知らなかった。。。
> お兄さん、ありがとう!!
今となっては、すべてがお兄さんのおかげと言っても過言ではないですね。

ガラム。

春日さん、NOISEというバンドをやっていた時に屋根裏(渋谷)で
間近で観ましたです。そのアルバムに清志郎の曲もありましたよね。
清志郎と『ガラム』というアコースティック・デュオなんかもやってましたっけ。
ふたりとも麦わら帽子と、アロハシャツみたいな服装で。
90年の武道館の時の春日さんのドラム聴いて、変ですが、なにか
まったりした、というのか粘っこい、というのかそんな感じのドラムだなって
感じたのがすごく印象に残っている。。
それがいいのか悪いのかよくわからないケド…。
でも大切な存在って感じはわかりますね。

tamaさん

> NOISEというバンドをやっていた時に屋根裏(渋谷)で間近で観ましたです。
すげぇ!あのバンドのライヴを観ているなんて羨ましいです。
私は仲井戸麗市バンドとRCでの彼しか観たことないなぁ。
全盛期のOZを観たかった!

No title

1965年生まれ 日本のアイドルをよくテレビで 見ていた時代 カラーテレビが出始めたころの世代というのだろうか 1960年代とか ラジオ世代ではない僕である
RCのコンサートは 2回 見に行ったです。 ビートルズについて あまり詳しくない
私です。 1960年代ごろ うまくかけない すいません 名古屋発

村石 太さん

> 1965年生まれ 日本のアイドルをよくテレビで 見ていた時代 
ほとんど同世代ですね。コメントありがとうございました。

チャボのお兄さん

はじめまして。
いつも、読ませていただいています。

チャボのお兄さん。すごいですね。

チャボのお兄さんなくしては、三宅伸治もないですね。

お兄さん、ここ読んでたらいいのに。

「俺かぁっ!?」って。

Nyanさん

> チャボのお兄さん。すごいですね。
> チャボのお兄さんなくしては、三宅伸治もないですね。
あー、そうですねぇ。
古井戸やRCが結成されてからのレイモンド・ジョーンズはいると思うのですが、
何たってチャボのお兄さんがいなければ、後の古井戸が無かったわけですから。
凄いですよ。

> お兄さん、ここ読んでたらいいのに。
> 「俺かぁっ!?」って。
おー(笑)。

すっ…すげぇべっ…すげぇBaby…

最近、この日記を発見して…興奮して読ませていただいてます。
blueさんすげぇ( ̄○ ̄;)

この座談会に混ざれたとしたならば…
オレは“阿部昇”さんの名前をあげてたかも…
梅津さん、新井田さん、柴田さん…彼らは阿部さんの紹介ですよね。
彼がいなかったらロック編成のRCは少し違ったものになってたかも…

Re: ゴダイさん

> 最近、この日記を発見して…興奮して読ませていただいてます。
> blueさんすげぇ( ̄○ ̄;)

思い切り好き勝手に書いていますが…。
ありがとうございます。

> この座談会に混ざれたとしたならば…

座談会というほどのものじゃなく、単なる飲んで食べて語る会です(笑)。

> オレは“阿部昇”さんの名前をあげてたかも…
> 梅津さん、新井田さん、柴田さん…彼らは阿部さんの紹介ですよね。
> 彼がいなかったらロック編成のRCは少し違ったものになってたかも…

確かに!阿部さんもレイモンド・ジョーンズ候補になりますね。
残念ながらこの時はそこまでマニアックに掘り下げられませんでしたよ。

コメントありがとうございました。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ