Dreams to Remember 清志郎が教えてくれたこと / 今井智子

著者による1979年から2009年までの、清志郎を取材した記事を時系列に並べて編集したもの。
一応追悼本ではあるけれど、今井さんの取材記録をまとめたものである。

今井 智子,おおくぼ ひさこ(写真)
飛鳥新社
発売日:2009-08-07

雑誌やフリーペーパー、新聞に載ったものに加え、未発表の原稿もある。
この未発表というのが93年10月の、2・3'Sについてのインタヴューだ。
今井さんはハッキリと2・3'Sを否定しているので、2・3'S肯定派の僕としてはとても興味深い。

全体的には、僕自身がRCを知ってから今日まで…とほとんど変わらない流れなので、
読みながら「あぁ、このときはこうだったなぁ」とか、自分が当時どうだったのかを思い出す。
著者に感情移入できる人は、更に楽しく深く読めることだろう。
僕自身は、2・3'Sのところをはじめ、視点が違うところが少なくなかったので、
そういった読み方はできなかったけれど。

あと、ロッキング・オン・ジャパンと同じネタのインタヴューなのに、
清志郎の答えが全然違うというのもあって、それも面白かった。
どちらが本音なのかはもうわからないけれど。

繰り返すけれど、清志郎の本ではあるけれど、今井智子氏の本である…という、
こんなスタンスで読むのがいいんじゃないかなぁ…なんて思う。

表紙を含む、巻頭のひさこさんによる数点の写真は素敵。
ただ、欲を言えば、記事が載った当時の雑誌の写真も同時掲載して欲しかったな。

例えばサウンドール誌。
彼女も書いているように、YMOがメインで次点がRCという雑誌だった。
今でも何冊か家にある。
もちろん当時の写真はひさこさんだからねぇ。
ロッキング・オン・ジャパンとは違った、実に貴重な写真がたくさんなのである。
ここでも取り上げられている84年1月号は、こんな感じでした。

CIMG7560.jpg CIMG7562.jpg CIMG7563.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

スミマセン

さきほどチャボの「絵」に書き込ませて頂きましたが、一番新しい
エントリーと勘違いして書き込んでいました(笑)。スミマセン。
お返事ありがとうございました。

この本もなかなか近辺では売ってないでしょうか。
『ロックで独立する方法』はネットで購入しました。
今半分くらい読んだところです。
サウンドールの、そのページ、保管してあります。

tamaさん

> サウンドールの、そのページ、保管してあります。
これ、清志郎が何だかかなり若く見えますよね。
チャボも若いけれど、ほとんど変わらないなぁ。

キオシロー

表紙の白黒、ステキです。

でも、タバコをくわえている写真を
今、見ると。。。ドキッとしてしまいます。

さすが、Blueさん。レアな
「サウンドール誌」の写真のUPが嬉しい!
しかも。。。。
写真をクリックして大きくすると
「キオシロー」とありました。むふふ。

Candyさん

> 「キオシロー」とありました。むふふ。
当時はキオシローなんて呼ばれてたかなぁ(笑)。
私の周りに、ファンでもそんな人はいなかったですよ。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ