文通「仲井戸君と忌野君」

ROCKIN'ON JAPAN誌上において、94年から97年にかけて連載されていた公開文通。
それが「仲井戸君と忌野君」だ。

チャボと清志郎が実際に文通をしていたことはファンには有名だが、
これは、その当時から約20年の月日が経過しての文通だ。
本人達はどんな気持ちでやり取りをしていたのか…なんてことは読んでいた人には説明不要。
とにかく最高に感動的な連載だった(よね?)。
※ちなみに70年代の文通の、その本物が 『生卵』 に掲載された時は本当に驚いた。
  もちろん驚いただけでなく、嬉しかったのは言うまでも無いけれど。

ROCKIN'ON JAPANから清志郎の追悼号が出ると知ったときは、
僕はこれを再掲載して欲しいと強く思っていたが、残念ながらその望みは叶わなかった。
その代わりにバックナンバーを引っ張り出して読み返して…なんてことをしたかと言えば、
実はこれまでしなかった。何故だかそんな気にならなかったのだが、
このあいだ yukodokidoki さんから頂いたコメントを読んで、遂にそれを決行することにした。

当時のJAPAN誌は部屋中あっちこっちに散らばっているので、
とにかく探し出せたものだけになってしまった。
おかげで掲載号すべてを読むことができなかったのは残念だったが、
それでも、今読んでも、いや、今だからこそ感動が増すこととなり、
号によっては、読んだ後にとんでもない状態に…。

では、そんな中からいくつかピックアップしてみます。

記念すべき第一回は94年11月号。
そうです。
あの 『GLAD ALL OVER』 後に始まったのです。
94年が二人にとって、そして僕たちファンにとっても本当に特別だったことがここでもわかる。

CIMG7554.jpg CIMG7555.jpg

  野音のコンサート以来、そこはかとなく蘇った2人の友情。
  この灯を絶やす手はない!というわけで ~中略~ 新連載。
  はたしていつまで続くのか !?
  できれば永遠に続いてほしい " 文通「忌野君と仲井戸君」 " !!

94年の秋。こうして文通は始まったのである。

第一回は、やはり野音の話題。
チャボはタッペイの話ばかりで(笑)、実に楽しそうだし嬉しそうだ。
そんな手紙の最後を「タッペイとモモちゃんはいつか今年の夏をふと思い出して
" あんなことあったなぁ " なんてどこかで思うことあるのかなぁ」で結んでいる。
清志郎も負けずにそれを受けてタッペイとモモちゃんの話題で切り替えしているが、
最後はツアー前のチャボに向けてのエールに加え、こんなことを書いている。

  俺もいっしょに行きたいな。
  そしたらきっと、2人で笑ってばっかりだろうな…

95年5月号は、2人が国立の街を語っている。
チャボがぶらっと国立まで行った時の話を受けた清志郎は、こんなことを書いている。

  国立へ行ったのか…そうか、…いいな~、国立へ行ったんだな、きみは。
  君はあのあたたかい街へ行ったのか…。そうか…、いい事をしたな…。
  ~中略~
  なぜ俺をさそわなかったんだい?電話の一本もくれなかったな。君はそういう奴だよ。
  昔からそうだ。肝心な時に俺をさそってくれない。

96年1月号は、チャボのミニ・アルバム 『PRESENT#2』 のレコーディングの話題だ。
ご承知のとおり、これにはタッペイとモモちゃん&清志郎が参加している。
チャボは元々タッペイと清志郎をコーラスとして招きたかったらしいのだが、
モモちゃんから「ももちゃんも唄うんだよ」と怒った電話がかかってきたらしい(笑)。
タッペイに清志郎が「チャボがコーラスやってくれってさ」と言ったら、
ファミコンの攻略本を読みながら「べつにいいよ…」と答えたそうだ(笑)。

そして、96年3月号。

  君んちからの恒例の年賀状(子供達の写真という)、ずいぶん増えたよ。
  しかし成長してますなぁ…

チャボの何気ないこんな挨拶を受けて、清志郎はこんなことを書いている。

  俺ん家からの年賀状が変わるころ(「もう、ぼくの写真使うのやめてよ、オヤジ」って
  竜平が言い出すころ)、俺たちはきっと隠居生活に入れるだろう。
  ~中略~
  でもさ、" レッド・ツェッペリン " みたいに50才をとっくに過ぎたころ
  RCサクセションが再結成なんかして、アフリカン・パーカッションでモモちゃん、
  ギターで竜平がメンバーに入ってたりすると、盛り上がるぜ、きっと。
  そんな夢を見てる。 

  忌野より  チャボへ愛をこめて

こんなやり取りが2年とちょっと続いていたのである。
渋谷さん、何らかのカタチでこれをすべて読めるようにしてもらえないだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[読][音]仲井戸君と忌野君

キヨシローが載ってる「絶望に効くクスリ」の2巻をあちこち探したのだけど見つからず。代わりに見つかったのがJAPANの94年11月号で、これはキヨシローとチャボの公開文通連載の第1回の載ってる号。この頃JAPANは買ってなくて(元々音楽雑誌を買う習慣があまりなかった。80年

コメントの投稿

非公開コメント

文通

あー、これを読んだだけで泣けちゃいます。
わたしも、今すぐには全部出てこないし(整理が苦手で)、ぜひ一冊にまとめてほしいです。
渋谷さーん、お願いします。

Blueさんがここに書いたことは実現するという「Blueの奇跡」をぜひもう一度!

No title

仕事に行かなければいけないのに...
そういえば、その頃、2人が出演していたラジオの録音テープをずーっと探しています。『世界中の人に自慢したいよ』が流れて、「これ、いい曲だよなあ」ってチャボさんが言ってました。「ああそうだね。それにこれ聴くと私は2人のことを自慢したくなるんだよ」と思いました。あのテープ...どこにいったんだろう?その文通の本も、本当に全て読みたいなあ。

なんというシンクロ!

前に「仲井戸の友」の中に「チャボは俺とやるのがいいんだよ」
発言があったような気がする・・・
と書いたものですが、結論、実家で見てきたら、無かったのです。
ROJの渋谷の発言に清志郎がのったのを、勘違いしてたのかな?
でも藤井さんとレコーディングしてるときで・・・と記憶にはあるのですが。

でも、ついでに私も文通、読んできました。
それと、「仲井戸の友」30周年記念号に清志郎がよせた言葉・・・
ありゃあ、たまらんかった。
小学生みたいに大好き」だよ、って言うんだもん。
読みながら、「バーカバーカ、みんなを置いてっちゃって・・・」
と心の中でつぶやいてしまった。

私も、あれ、まとめて出してほしいです。

再結成なんかして

>でもさ、" レッド・ツェッペリン " みたいに50才をとっくに過ぎたころ
RCサクセションが再結成なんかして、
アフリカン・パーカッションでモモちゃん、
ギターで竜平がメンバーに入ってたりすると、
盛り上がるぜ、きっと。
そんな夢を見てる。 

忌野より  チャボへ愛をこめて


これ、本心だろうなあ。。。。。

「RCサクセションが再結成して」、じゃなく 
「RCサクセションが再結成なんかして」の
なんかが、ちょっと照れて書いてる感でいいね。

最後の、チャボへ愛をこめて。

愛してたんだと思うなあ。

好きな子のスカートめくっちゃう感じで
チャボについ、愛あまって言っちゃうのかな。


渋谷さ~ん!これ、読みたいです!!
第2弾は、さらに内容濃くでお願いしたい。

みんなの思い

『Oh!RADIO』のカップリングが『激しい雨』に決まった時と同じようなミラクルが起きそうな気がします。渋谷さんにも気持ちが伝わるような気がします。
伝わって欲しいと切望します...(;_;)

No title

なんか、また泣いちゃったよ。
いい話だなぁ。
本当に読めるようにしてもらいたい。

夢風さん

> あー、これを読んだだけで泣けちゃいます。
私もやばかったですねぇ…。
特にRCが再結成云々と書かれているなんてことは、完全に忘れていましたから。

SeoSさん

> そういえば、その頃、2人が出演していたラジオの録音テープをずーっと探しています。
> 『世界中の人に自慢したいよ』が流れて、「これ、いい曲だよなあ」ってチャボさんが言ってました。
おー、何の番組だろ?聴いたことあるかなぁ?

the Crow さん

> それと、「仲井戸の友」30周年記念号に清志郎がよせた言葉・・・
> ありゃあ、たまらんかった。
あぁ、あれもいいですよねぇ。

Candyさん

> これ、本心だろうなあ。。。。。
この文通はチャボも…お互いに本心で書いていたと思いますよ。

> 「RCサクセションが再結成して」、じゃなく 
> 「RCサクセションが再結成なんかして」の
> なんかが、ちょっと照れて書いてる感でいいね。
あぁ、確かにその微妙なトコがいいですね。

No title

前記事のyukoさんのコメント、俺も共感ですね。
以前、俺も似たようなの書きました

http://lamosca.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-faf8.html

JAPANは創刊からずっと抜けなく買ってたんですが、この時期は既に飛び飛びで。
この文通の掲載された号は3~4冊しか持ってません。
なんとか再び全部読めるようにしてほしいですね。

50をとっくに過ぎて、タッペイとモモちゃん交えてRCを再結成・・・の掲載号は持ってて、清志郎が亡くなって思い出し、“もう絶対、実現しないんだな”とスゴイ悲しくなりました。

mayuminさん

> 伝わって欲しいと切望します...(;_;)
追悼号への掲載はアリだったと思ったんだけどなぁ…。

まさおさん

> なんか、また泣いちゃったよ。
今読めば…になってしまうのが悲しいですが、他にも感動的な内容はいっぱいあります。

LA MOSCA さん

> この文通の掲載された号は3~4冊しか持ってません。
私も抜けている号があるかもしれません。

> 50をとっくに過ぎて、タッペイとモモちゃん交えてRCを再結成・・・の掲載号は持ってて、
> 清志郎が亡くなって思い出し、“もう絶対、実現しないんだな”とスゴイ悲しくなりました。
私はこれを思い出すことなんてできず、それどころか忘れていました。
ですから、最近読んで、こんなことが書かれていて…でした。
清志郎、やめてくれよ…って思いましたよ。

日記全部読みたい~!!

「チャボさんってクワガタみたいだね」で大笑いして、「再結成なんかして、」で泣けてきました。
その夢が叶わないのは本当に悲しいことですが、誰よりも清志郎本人がRCが大好きだった、というだけで、何となく嬉しいというか、救われるというか。
今夜のYou再放送は、心して見ようと思います。
わたしも、日記、全部読みたいです~!!

わかったよ~だ。

全く読んでいませんでした。読んでみたいです。
私に言わせれば、もういいかげんにしてよ~~ってくらい
仲良しのふたりですよね。
薬物汚染で世間が騒がしい今日この頃、
同じゲーノー人なのに、なんて真面目で可愛らしい
ふたりなんだろう。

keikoさん

> わたしも、日記、全部読みたいです~!!
読みたいですよねぇ。
RO69のサイト内で、過去の人気コーナーや名物コーナーを振り返るページを作って、
そこで公開してもらえないかなぁ。

tamaさん

> 私に言わせれば、もういいかげんにしてよ~~ってくらい
> 仲良しのふたりですよね。
まったくその通りで、ある意味で恋愛感情みたいに感じることも少なくなかったり…。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ