特別になった「君が僕を知ってる」

友達とのメールのやり取りの中でこんな数行を最近もらった。

  なんだか94年の夏が思い出されてなりません。
  6月の渋公で、アンコールで突然チャボが出てきたときのあの地鳴りのようなどよめき。
  「君ぼく」がこれほど特別な曲になったのはあのときからですよね。

RCサクセションが止まった後の清志郎とチャボの共演で、
おそらく欠かさず演奏されている曲のひとつは「君が僕を知ってる」なんじゃないかと思う。
今では二人の共演の定番だし、RCの代表曲であり名曲であるし、
特別な曲に思っているファンも多いだろう…けれど、初めから特別だったわけでは無い。
この曲が特別になったのは、友達が言うように、間違いなくあの日からだと思う。

1994.6.25. 渋谷公会堂。
僕の席は 1階 13列 41番だった。

CIMG7540.jpg

このライヴは、嬉しいことに映像作品として記録されている。
もちろんチャボとの共演もそこには収録されている。


(2005-09-14)
Amazonランキング:5553位
Amazonおすすめ度:


この作品は素晴らしいのだが、その編集が個人的には残念。
各曲がぶつ切りで繋がれているので、ライヴの流れを追って観ることができない。
だから曲の前後の様子をここから知ることもできないのである。
何も知らない人がこの作品の「君ぼく」を観たら、突然チャボの姿が映るのでびっくりすると思う。
そして、当然、友達のメールにある " チャボが出てきたときのあの地鳴りのようなどよめき " は、
あの場に実際にいた人の記憶の中だけなのである。

それでも、ここでの「君ぼく」は感動的すぎる。
観ることができる二人の絡みすべてが感激のシーンなのだが、凄いのは間奏以降だ。
ここから最後の " わかっていてくれる " のリフレインまで、
ほとんど清志郎とチャボしかカメラは映さないのである。

あと、ここでの間奏を弾くチャボはめちゃくちゃカッコイイんだよね。
ギターもこの曲をプレイするには珍しいグレコのチャボ・モデルだし。
肝心のプレイもいいよ、とっても。

今、あらためて観ると清志郎はずーっとチャボの隣で歌っているんだよなぁ…。
終盤の " 何から何まで君がわかっていてくれる " と歌う二人のツー・ショットは、
当時から涙無しには観ることができないシーンだったが、今は冷静でいられないや…。

ミディアム・テンポのR&Bの最高傑作。
そして二人にとって、ファンにとっての特別な曲。
そんな曲を演奏する二人をとらえたこの映像は宝物です。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつぞやのTVで、2人が向き合って笑って歌った
そんな場面もありましたっけ?

94『君ぼく』完全版

昔から私にとっての、【RCどれか一曲】なら『君ぼく』で決まりなんで、
元々特別なんですが...確かに!
ある時を境に2人の定番になっていたんですよね。
そう、なんか格付けも違ってきますもんね?
ここから始まるんですね。

ここでの映像『君ぼく』の編集は確かに残念です。
そこは絶対の端折っちゃいけないシーンなのに...。
後の、【GLAD ALL OVER】は映像で外されてるし...。
『君ぼく』は、こっちに入れたから、エンディングBGMでって事なのかな?
本編使った上でBGMでもよかったと思うんですがね。
こういうのを完全版で出して欲しいですよ。

POP-IDさん

> いつぞやのTVで、2人が向き合って笑って歌った
> そんな場面もありましたっけ?
それは「I Shall Be Released」ですよね。あれも感動的でした。

youさん

> ここでの映像『君ぼく』の編集は確かに残念です。
> そこは絶対の端折っちゃいけないシーンなのに...。
あの編集は意図があってのものなのでしょうが、同じように残念に思う人も多いんじゃないかな。

> 後の、【GLAD ALL OVER】は映像で外されてるし...。
そうなんですよね。これも不思議ですよね。

S・R完全版?

96~97年ころでしょうか?WOWOWでDVD未収録曲も含んだロングバージョンの放映がありました。「君ぼく」演奏前のチャボの登場シーンもあったような?
久しぶりにビデオを引っ張り出して確認してみたいと思います。

CSフジ17日の8時間放送、なかなか見ごたえがありましたね。

大好きなDVD

このDVD,サイコー!!

でもLIVEを実際見ていないので
チャボが写って、え???
いつの間に。。。。って「驚く派」です。(TT)

>あの地鳴りのようなどよめき " は、

分らないので、悲しいけれど。。。
映像が、こうしてDVD化されてるだけでも、
行けなかった自分としてはありがたいです。
でも、このLIVEの全ての映像が、残っているのであれば
やはり、「完全版」をリクエストしたい。


~「君ぼく」のドキン!とする所~

チャボのソロ始まって、肩にキヨシが腕を回す所。

チャボが首を上下して気持ち良さそうに弾いてる所。
(キヨシも同じように首上下してるね)

キヨシ:「2人の♪」
チャボ:(ギターで)キュ~ン♪
キヨシ「この部屋の中で♪」

のキュ~ンが来ると、嬉しくなる。

「恥ずかし嬉し」な2人の空気が。


でも、このDVDの「サラリーマン」は
何度見てもたまりません。
ファルセットが。。。ギターが。。。。

ちどりさん

> 96~97年ころでしょうか?
> WOWOWでDVD未収録曲も含んだロングバージョンの放映がありました。
はい、記事のメールをくれた友達からもその情報を頂きました。
それによると、チャボの登場シーンがもう少し見られて、
" 近所なんで友達呼んじゃいました!" というセリフがあったかも…らしいです。
「あの歌が思い出せない」とか「Oh!Baby」「デイ・ドリーム・ビリーバー」も放映されたそうですね。
残念ながら、私は観た記憶が無いなぁ。

Candyさん

> チャボのソロ始まって、肩にキヨシが腕を回す所。
> チャボが首を上下して気持ち良さそうに弾いてる所。
> (キヨシも同じように首上下してるね)
> キヨシ:「2人の♪」
> チャボ:(ギターで)キュ~ン♪
> キヨシ「この部屋の中で♪」
> のキュ~ンが来ると、嬉しくなる。
あぁ、実況いいですねぇ。これだけで、すべてのシーンが目に浮かびますよ。

そっかそっか

94年の渋公、ビデオでしか知らないんで、そこまで考えなかったけど、
そう言われりゃそうですよね。
チャボの登場は全くアナウンスされてなかったんでしょうか?
だとしたら地鳴りのようなどよめきもわかる気がします。
俺も立会いたかったなぁ。

『GLAD ALL OVER』のビデオに関しては、当時から思ってました。
「君ぼく」も「いい事ばかり」も「スロバラ」も未収録だなんて!
これも行けなかったんで・・・。

http://lamosca.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_6980.html

これからでも、完全版出ないですかねぇ。

LA MOSCA さん

> チャボの登場は全くアナウンスされてなかったんでしょうか?
私は知りませんでしたし、そんな気配すら感じませんでした。
少なくとも私にとっては本当にサプライズな飛び入りだったんですよ。

> だとしたら地鳴りのようなどよめきもわかる気がします。
チャボだってわかったときは、もう何が何だかわかりませんでしたね。
だってRC休止後、初の共演ですよ、これ、二人の。
凄いでしょ、凄すぎでしょ、そりゃぁ(笑)。
例え 『GLAD ALL OVER』 を観ていない人でも、こっちを観ているのならば、
間違いなくファンとしては幸せなはずだと思いますよ。

観たかったかも。

You Tubeに、清志郎・泉谷しげる・小田和正・桑田佳祐で
『春夏秋冬』を歌ってる動画があるのですが、それの
清志郎の髪型がロングヘアーで…同じ頃なんでしょうか。
この頃は清志郎もチャボも追いかけていなくて、
いろいろとやってたんだなぁって思って。
残念だったかも…と思いました。観た人うらやましい。

tamaさん

> 清志郎の髪型がロングヘアーで…同じ頃なんでしょうか。
詳しくはわからないんですが、ロングヘアーならそうかもしれませんね。
後でチェックしてみよう。

ニアミス

僕の席は 1階 16列 38番だった。

ひさびさに観たCHABOとのカラみに感涙!という印象が強すぎて、他のことはほとんど覚えていなかったりします。ふははは。

くりはらは様

> 僕の席は 1階 16列 38番だった。
おー、近かったんですね。

> ひさびさに観たCHABOとのカラみに感涙!という印象が強すぎて、
> 他のことはほとんど覚えていなかったりします。ふははは。
確かに!
映像作品として発表されなかったら、本当にそこだけしか記憶に残らなかったかもしれません。

スクリーミング・レビュー

もちろんチャボの登場場面が最高の感激でしたが、もうひとつ、このときが初演だったと思うのですが、「世界中の人に自慢したいよ」が忘れられません。
なんて素晴らしい曲なんだー!とふるえました。
CD化されるまで、待ち遠しかったなぁ。

そういえば、わたしのすぐ前に座っていた人、本編終了してすぐ帰っちゃったみたいだったんですが、あの感動場面を見られなかったのかなぁって、ライブ終了後気になったことを思い出しました。

94年

あれからずっとお邪魔させてもらってましたが、
初めてコメントします。何かいろいろ・・・いいもの読ませてもらって
ありがとうございます。
前の日記に麗蘭ゲストに清ちゃんが出たのを観た人~ってのが
あって、あっ!私観た!と思いだしました。
でも、あんまり覚えてなかった・・・。
当時清ちゃんはいろんなとこゲストで出てて(MOJOとか)
、あと自分の日記にも書いてあったんだけど、
90年のライブはチャボがほとんど楽しくなさそうに私には見えてて、
無理してRCやるより、休んでまたやってくれればいい、って思ってた
らしく、麗蘭の時フラっと現れた時も、プライベートではやっぱり
仲いいんだな、良かった、なんて、そのぐらいだったような・・・
忘れてたってことは・・・
今思い返すと、94年野音といい、リスペクトといい、貴重な体験ができたんだな・・・
と感謝です。

あの、Blueさんってギャラリー会員さんですよね?
会報の中か、または違う雑誌でのコメントだったのか、
「仲井戸は俺とやるのがいいんだよ」という清志郎発言があったと思うのですが・・・
今実家に全部あるので・・・ご存じありません?
長くてすみません。



夢風さん

> このときが初演だったと思うのですが、「世界中の人に自慢したいよ」が忘れられません。
> なんて素晴らしい曲なんだー!とふるえました。
おー、そうでしたっけ?
色々な情報が集まってくるにつれ、とんでもないライヴだったんだなぁとあらためて思っています。

ちなみに、ここでの「スローバラード」は私が観た清志郎のすべてのライヴの中でも、
素晴らしさ度はかなり高いんですよね。RCのライヴを入れても…です。

the Crowさん

> 90年のライブはチャボがほとんど楽しくなさそうに私には見えてて、
> 無理してRCやるより
そうでしたか…。でも、人によっては確かにそう思えたかもしれませんね。

> 「仲井戸は俺とやるのがいいんだよ」という清志郎発言があったと思うのですが・・・
> 今実家に全部あるので・・・ご存じありません?
おー、そんな発言が…って、ちょっと思い出せないです。すみません。
そのうちチェックしてみます。

メッセージソングの日

You Tubeの動画(清志郎・泉谷・小田・桑田)、
94年3月13日長崎公会堂<メッセージソングの日>という
イベントみたいでした。

動画の最後の方にステージの上の方にメッセージソングの日と
書かれてるのがわかったので『生卵』のステージ記録を調べて
みました。。。


tamaさん

> You Tubeの動画(清志郎・泉谷・小田・桑田)、
> 94年3月13日長崎公会堂<メッセージソングの日>というイベントみたいでした。
あぁ、やはり94年でしたか。思い返せばこの年はとても充実していたんですね。

一つの魂

この曲を一緒に歌っている二人を見るといつも思い出す言葉があって、「友情とは二つの肉体に宿った一つの魂である」って言うアリストテレスの言葉です。清志郎とチャボは誕生日も感情の表現の仕方も違うけど、二つの肉体に宿った一つの魂だなあって。今頃フジロックフェスでは「スペシャルメッセージオーケストラ」がステージに上がってますね。すごいことになってるんだろうな・・・。

ジャスミンさん

> 「友情とは二つの肉体に宿った一つの魂である」って言うアリストテレスの言葉です。
> 清志郎とチャボは誕生日も感情の表現の仕方も違うけど、二つの肉体に宿った一つの魂だなあって。
あぁ、いい話ですね。

これでした。

1994、北海道でのセッションでした。
2人きりの君僕。
http://www.youtube.com/watch?v=xAZ7kuH_cHM

POP-IDさん

> 2人きりの君僕。
> http://www.youtube.com/watch?v=xAZ7kuH_cHM
あー、やっぱりこれでしたか。
実は鍵コメさんから「POP-IDさんが言うのはこれじゃないですか?」とコメントもらっていたんです。
私は向かい合うということだけで勘違いしていました。

WOWWOW放送バージョン

はじめて書き込みします。
WOWWOW放送バージョンの報告です。
弟が放送時に録ったVHSをDVDにおとしてくれたので、今夜観ました。

君ぼくのシーンですが・・・
大歓声の中で抱き合う二人のシーンから始まってます。
ひとしきり抱き合ったあと、チャボがチョコっと三宅方向におじぎ、
それから両手を客席にふり、おじぎ。
忌「オーライよく出てきたイエィ仲井戸麗市チャボ!」
忌「いやっ、やっと一皮むムケました。」
忌「白井さん、キーはDです。」
忌「杉山くん、キーはDだから。」
忌「OK!じゃあおおくりしちゃいましょう」
で、ここからオフィシャルにある
「もうイッパツいくか~い!」に続きます。
この間35秒くらいですがこれがあるとないとじゃ違いますね。ホントに。

オフィシャルに収録されてない曲は
宝くじは買わない
エンジェル
あの歌が思い出せない(!)
Oh!Baby
モーニングコールをよろしく
ブンブンブン
トランジスタラジオ
キモちE
And I Love Her

オフィシャル収録で未放送は
雨あがりの夜空に

デイ・ドリーム・ビリーバーは
エンディングのBGM、GLADの君ぼく扱い(笑)でした。

全編1時間50分、オフィシャルにはないMCもあり見ごたえあります。
個人的には、放送当時「あの歌が思い出せない」にえらく感動した憶えがあります。

番組冒頭に6分くらいの清志郎のインタビューがあり、
チャボとの競演についても言及しています。
インタビュアー「チャボさんはかなり緊張していたように見えましたが?」
忌「やってる時もね。それは感じましたね。~中略~終わりちかいのにそこで
はじめて弾きだすっていうのはすごい緊張すると思いますけど。うん。」
タッペイ「緊張ってなあに?」
忌「キンチョー蚊取り線香。」








bb69k さん

> はじめて書き込みします。
> WOWWOW放送バージョンの報告です。
おー、詳細ありがとうございます!

> 番組冒頭に6分くらいの清志郎のインタビューがあり、
> チャボとの競演についても言及しています。
> インタビュアー「チャボさんはかなり緊張していたように見えましたが?」
> 忌「やってる時もね。それは感じましたね。~中略~終わりちかいのにそこで
> はじめて弾きだすっていうのはすごい緊張すると思いますけど。うん。」
> タッペイ「緊張ってなあに?」
> 忌「キンチョー蚊取り線香。」
おおーっ!思い出しましたー!私、これ観てますよ!
チャボの出演についてのこの清志郎発言ですが、
私はてっきり雑誌のインタヴューだと思っていたんですよね。
ですから、後年、必死で何の雑誌だったのか探したのですが見つからず…という思い出があります。
そーかー、このTV放送だったかー。
ただ、VIDEOが今あるかわかりませんので、友人から借りる約束をしています。
今から楽しみだなー。ありがとうございました!

2人きりの君僕

連コメ失礼します。
2人きりの君ぼくも今夜観ましたので報告いたします。
角川文庫サマースペシャル生きる
「Everyday We Have The Blues」
放送当時あまりに良くて何度も何度も観たからでしょうか、
WOWWOWの録画にくらべてもマスターのVHSがかなり劣化していました。

角川ブルース
宝くじは買わない
昆虫採集

君が僕を知っている
ティーンエイジャー
サラリーマン
上を向いて歩こう

大自然の中ふたりきり・・・。
この君ぼく、大好きです。
ティーンエイジャーもすごくイイです。

bb69kさん

> ティーンエイジャーもすごくイイです。
この曲の間奏、清志郎のギターが最高なんですよ。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ