One of Love Kick off EVENT / ROPPONGI Rolling Stone CAFE 2009.6.21

6月21日、報道&関係者のみに向けてのあるライヴが六本木で行われました。
One of Love プロジェクトのKick off EVENTとタイトルされたそれは、
夏木マリと斉藤ノブによる途上国の子供達をサポートするプロジェクトによるものです。

このライヴに、夏木マリの友人でもある我等が仲井戸麗市がゲスト出演したのです。
もちろん一般のお客さんは観ることができない…のですが、
ここ 『Blueの雑記帳』 には心強い人がいます。そう、S記者です。

ということで、ライヴ終了直後に早速電話がかかってきました。
そこで一通り内容を教えてもらったのですが、
それだけでなく、昨夜遅く、レポートまでもが届きました(笑)。

観たくても無理だった貴重なライヴです。しかも、素晴らしいライヴだったようです。
もちろんチャボ・ファンの皆さんに伝えたいので、ここに公開します。

かなり長いよ(笑)。

     **********

One of Love プロジェクト Kick off EVENT
GIG
MARI & NOBU スペシャルゲスト:仲井戸 " CHABO " 麗市

P1000059.jpg P1000057.jpg

Sです。

たびたびBlueさんのブログにコメントさせていただいているのですが、
1回分の日記を書かせていただくのは、忍びないです。
ただ、21日は、報道・関係者のみの特別ライブだったため、
そして、今の時期のチャボの動向ということだから…。
 
先日、ここを見ている方から、「BlueさんとSさんで、Bluesなんですね」と、
妙にうまいことを言われてしまいました。なので、調子にのって?
いや、Blueさん、申し訳ございません。再び軒先をお借りしてしまいます。

僕はBlueさんのように、記憶力が良くありません。
しかも、今回は仕事でカメラ撮影しながらでしたが、大事なところは必死にメモも取りました(笑;)
では、リポートです。

◆◆◆◆◆◆◆

本当にいい意味で、清志郎を頭から消去して、ギターを鳴らし、
心から笑えた一夜だったかもしれない。。。。

主役は、夏木マリ夫妻。テーマは、途上国への慈善事業。
昨年、エチオピアを訪れた夫婦が、子供たちと一緒に何かを始めたいと思い立ったという。
国内でバラを販売して、その収益を届け、将来的には、向こうにバラ農園を作るという。
雇用機会も作るボランティアの記念すべきスタートイベントというわけだ。

よってもって、これまでのソロ、梅津さん、伸ちゃんとの共演、Leyonaのお祝いとは、趣旨が全く違う。
今回は、あれ以来初めての、清志郎への追悼色の全く無いライブなのだ。
個人的な感傷を持ち込むことはできない。
もしかしたら、チャボの本当の意味での、
プロミュージシャンとしての再出発ともいえる一番だったかもしれない。

夏木夫婦が1曲を演り終えると、マリさんが切り出した。

  このイベントを思い立ったとき、夫のほかにもう1人、
  私が尊敬するミュージシャンに声を掛けようと思いました。
  今年初めに、このお店で " ハンバーガー 〟を食べながら、誘ったんです。
  返事は持ち帰られて。
  私もこんなことする人じゃなかったから気持ち分かるんだけど、
  その人は
  『自分や周囲のことも面倒見切れていないのに、そんなことして大丈夫かな』
  って思ったみたいなんです。
  …、随分長い間待ったかなぁ~(笑)、
  でも、最終的にはメールでやろうと返事を貰って、
  もう、その瞬間に、ほかのミュージシャンは要らない。
  私たち3人で、十分に皆さまに思いが伝わるライブができるって確信したんです。
  その人を紹介します、仲井戸チャボ麗市!

レストランバーのスペースに、観客は、夏木の関係者ら約200人。
奥田瑛二とかもいたかな。
そして、チャボの大嫌いなテレビカメラが7、8台。
それもワイドショー系、さらに新聞社のカメラマンや記者ら…。
「チャボは逃げ出すんじゃないのか?」との僕の不安をよそに、チャボはさっそうと登場!
アドリブで、ブルースをワンフレーズ弾いて、「Yeah!!」と、勢いをつけた。
今振り返ると、身内以外99%アウェーなので、
多少強がって出ないと無理だったのかもしれない(笑)

最初に夏木が、「顔」を歌った。
続いてのMCで、チャボが、2人の出会いと今回のゲスト出演の経緯を説明した。

  共通のスタッフ(照明のサイガさん)の紹介で、知り合ったのね。
  そんで、ここで〝ハンバーグ〟食べながら、のろけ話でも聞かされるのかと思ったら、
  素晴らしいお話しでした。ただ、自分が手伝えるのか、ずっと悶々と考えて…。
  でも、ここでやらなかったら、こんな素敵なことやらなかったら、ダメと思って、
  思い切って参加させてもらいました。 
  今夜参加するだけじゃなく、しっかりと活動を監視もしていこうと思う。
  もしも、違う方向に行きそうになったら、『最初に言ってたじゃん!』って言えるようにね。

そして、この夜ボーカルを取った唯一の曲。

「この趣旨に合うところが、あると思うんで」

「ガルシアの風」だった。

たしかに、歌詞がぴったり。観客も納得しただろう。
でも、その中でたった1人(?)、チャボファンの僕には、もう1つの意味があった。

チャボからは何度か聞いていた。
「夏木マリと演った『ガルシアの風』の素晴らしさは忘れられない。いつかあれを超えたい」と。

あのライブは、もう何年前か…。鎌倉での2人の共演。
まぁ、駅は大船で、「鎌倉じゃねぇじゃん」って思いながら、
開演に遅刻しそうだった僕は、駅から会場まで見知らぬ道を走った記憶がある。
あのときも、たしか「顔」を歌ったんじゃないかなぁ。
あれ以来の共演。それだけでも、うれしいのに、また2人の「ガルシアの風」が聴けるなんて。
しかも、今度は、マリさんの旦那のパーカッション付き。
もちろん、2人が交互に歌うそれは、抜群だった。

次はマリさんのバンドのギタリスト・イチローが加わり、「Tokyo」という曲を。

そんで、次の歌にぶったまげた。

  チャボは、私の吟遊詩人、ボブ・ディラン的存在なの。
  でも、いつだか、私の方からロシアの詩人(ウラジミール)ヴィソツキーを紹介したの。
  そしたら、いつの間にかチャボの方が詳しくなってて。
  神田の古本屋で買い集めたヴィソツキーを、プレゼントしてくれたの。
  そして、そのヴィソツキーっていう名の曲まで、作ってもらったの。

マリさんの暴露話に、照れるチャボ。

夏木マリさんが、チャボにとっては、
仲の良い〝ガールフレンド〟的存在なんだろうってことが、分かりやすいぐらい分かった(笑)
この2人が、六本木ヒルズそばのカフェで、楽しそうにランチしてるなんて、
他人から見たら、とにかくすげぇお洒落な大人に見えるだろうな~。
2人とも美形で、独特のセンスの持ち主だし。

そうそう、そしてその「ヴィソツキー」。
どうやら、数年前の江古田なんかで、チャボが1人で歌ったらしいのだが、記憶にない。
もしかしたら、僕も聴いたことあるかもしれないが、
たぶん、パーカッションとツインギターの今回は、かなりリズムやテンポも違ってるはずだ。

すっごい、ノリノリのロックっぽい曲で、メチャメチャ格好良かった。マリさんシャウトしてた。
会場が一気に盛り上がった。
ぜひ、いつかCD化してほしい。
僕的には、チャボの代表曲にまでなるんじゃないかと思ったほど、インパクト大だった。

あとは、ジャニスが歌ってた「Summer Time」、サム&デイヴの「Hold On」で、アゲアゲ。
チャボは、ギターソロで客席にまで飛び出していったぐらいだ。
最後は、今回の事業のテーマ曲バラードの「One of Love」で締められた。

とにかくチャボの笑顔が印象的な1時間20分だった。
マリさんと顔を合わせて笑うのはもちろん、
旦那にも「Hey、ノブ~!」と何度も声を掛けて、楽しそうだった。
仲良しの友だちとの一夜限りのギグを心から楽しんでいる様子が、
カメラのファインダー越しに伝わってきた。

清志郎の面影は、僕には見えなかった。
いつものチャボだった。

もちろん、もしかしたら、リハの合間とかに一瞬ぐらいは、キヨシちゃんがよぎったかもしれない。
でも、この本番中の間だけは、ゲストだったからかもしれないが、
目の前のギグに集中していたと思われる。

あれ以来は見たことがなかった、純度100%の笑顔の写真をここにも載せたいが…、
それは無理なので、ご勘弁を(汗;)

追伸・
関係者の話によると、最後の打ち上げまで参加されたとのこと。ホントに楽しかったんだろうなぁ。
間違いなく、前進し続けている。むしろ、チャボは、生きているからこそ、
自分は今まで以上に、清志郎の分まで張り切ってやっていかなきゃって、
思い始めているのではと、僕は感じ取っている。

また次回が楽しみだ。

あまりに素晴らしいセッションだったので、
今後、各方面から、チャボ、夏木夫妻の再演をリクエストしていこうと思います。
年に1度でもいいから、ブルーノートかビルボードなんかで演ればいいのになぁ~。

P1000058.jpg

◆◆◆◆◆◆◆

Sさん、ありがとうございます。
しかし、こんなライヴのそんな客席に突っ込んでいくというのがチャボらしい(笑)。
チャボが加わった「ヴィソツキー」は、いつかどこかで聴いてみたいものですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます(*^^*)

自分が行けないライブの詳細も知ることができるなんて
本当にネットってありがたいなぁと常々思っていましたが
報道・関係者のみのライブの内容まで知ることができるなんて
ほんっとここはすごいです(*^^*)

「歌い続けること」、CHABOは行動してるんですね。
私もがんばるぞ~って気持ちになりますね。

No title

このライブ確か最初は一般客もOKだったはずでいけないまでもレポくらい観れるだろうと思っていたら『プレス関係者等のみ』になってあきらめていたんだけどまさかblueさんところで詳細なライブ日記が読めるとは・・・
blue+Sさん、ありがとうございます。

やっぱりチャボは歌い続けるしかない男なんですね。
早く生で見てみたいです。

み~さん

> 報道・関係者のみのライブの内容まで知ることができるなんて
> ほんっとここはすごいです(*^^*)
私も驚いていますよ(笑)。Sさんには感謝です。

> 私もがんばるぞ~って気持ちになりますね。
いや、本当です。
あの日以来、チャボのライヴを観て自分自身が確実に変わっていますからね。

マイトさん

> このライブ確か最初は一般客もOKだったはずで
私、それすら気付きませんでした(笑)。それにしても贅沢なライヴですよね。

レポ

ありがとうございます。

夏木マリさん一番大好きな女優さんで、女性としても憧れる方です。
大人なライブだったろうな。
返事をお持ち帰りして悶々してるところがチャボさんらしい(笑)。


Sさん、

>今後、各方面から、チャボ、夏木夫妻の再演をリクエストしていこうと思います。
>年に1度でもいいから、ブルーノートかビルボードなんかで演ればいいのになぁ~。

ぜひぜひ、どうかお願いいたします。

nono さん

> 大人なライブだったろうな。
間違いないと思いますよ。

> 返事をお持ち帰りして悶々してるところがチャボさんらしい(笑)。
即答は…できない人でしょうねぇ(笑)。

鍵付コメントさん

> ノブさん、夏木さん、チャボさん…そんな素敵な活動を始められたんですね。
> 私も出来る限りの応援をしたいと思います。
私も注目していきたいと思います。

> 実は一年程前に、“ガルシアの風”のTシャツを買いました。
> フェリシモという、通販会社のプロジェクトで、ガルシアの風の歌詞を英訳したもの
私も持っていますよ。チャボのファンで着ている人、たくさん見かけます。
何とおおくぼひさこさんも着ていました。とても似合ってました。

うらやましい~

Sさん、長文レポートありがとうございます。
素敵な素敵なライブだったんですね。
チャボも集中できたんでしょうね・・・。
夏木さんは「野ブタをプロデュース」で清志郎とも絶妙の絡みがあったし、
やはり縁がある女性なんですね。
是非、今後のステージ見たいですね。

P.S.(虫刺されはその後いかが?ムヒ、ムヒ)

お恥ずかしい

ここにアップされてるの見て、何て長ぇんだと‥、Blueさんのように簡潔に読ませなくては(汗;)

バラだけじゃなく、3人でチャリティーにもなるミニアルバムとか出せばいいのになぁ~と思ってます。

二度目まして☆

Sさん、本当に貴重なレポありがとうございます!

チャボの前進している姿が伝わってきて嬉しいのはもちろんですが、このイベント自体もとても興味深く、素晴らしい物だったんだなぁと知れて、よかったです。

こんな貴重な話を伝えて下さるSさん(僕の中でニッカンの星☆笑)と、その大切な場を提供して下さるBlueさん、いつもありがとう!

僕も最近このBlueさんの所に来る度に、気持ちが新しい方向にメキメキ前進してってるのであります!

No title

あぁ、本当にありがとうございます。
時間的にも、状況的にも、ライブに行くことが今は出来ないので、こちらにお邪魔させていただいては、いつも救われています。
マリさんとチャボ、思い浮かべただけでも、なんて素敵。

私も、Blue+SでBlueSだと勝手に思っていました。

マリさん

>「チャボは、私の吟遊詩人、ボブ・ディラン的存在なの。」

これ、恥ずかしいけど、嬉しかったでしょうね。チャボ。

夏木マリさん、2年ほど前、フロリダのディズニーに
遊びに来られました。とってもお美しく。。。。
オーラを放っておられましたよ。

こういった活動を、日本人の方が
やっておられるのを知ると、嬉しいです。
しかもっ。。。
チャボが参加するなんて、素晴らしい!

一般の人にも、参加できるようになるといいですね。

Sさん、Blueさん、ありがとうございます!!

生聞(LIVE)

Sさん、冴えたレポートをありがとうございました。
文字を読んでいると映像が浮かぶ。音楽がきこえる。最高のBluesでしたよ!

Blueさんと Sさんが絡むと文章に化学反応が出ますね。素晴らしいユニット?です。

S さん

> ここにアップされてるの見て、何て長ぇんだと‥、Blueさんのように簡潔に読ませなくては(汗;)
いやー、少なくとも私は読み応えがあるほうが嬉しいので、長くても大丈夫ですよ。

Kaitoさん

> このイベント自体もとても興味深く、素晴らしい物だったんだなぁと知れて、よかったです。
そうですよね。普通にライヴをやってくれよと思います。

miyamaさん

> マリさんとチャボ、思い浮かべただけでも、なんて素敵。
このレポはチャボのファンには嬉しいですよねぇ。

Candyさん

> 夏木マリさん、2年ほど前、フロリダのディズニーに遊びに来られました。とってもお美しく。。。。
> オーラを放っておられましたよ。
おー、そうでしたか。私は生マリさんはまだ未体験なんですよ(笑)。

すぎうらさん

> Blueさんと Sさんが絡むと文章に化学反応が出ますね。素晴らしいユニット?です。
ユニット組んじゃおうかな(笑)。

明後日の朝刊をチェック

清志郎の新しいニュースが、明後日の朝刊に掲載されます。

清志郎のことなら何でもうれしいって人には、大ニュース。
僕個人的には…、どうかなぁ、複雑な思いになりそうで、積極的ではないかも…。

まぁ、木曜朝までお待ちください。
わが社は、フジロックの紙面ほど大きくはならないかもしれません。

ニュースZERO

One of Love プロジェクトのことやってますよ。
ご覧になってますか?
あ、終わっちゃった・・・。
チャボの名前は1回も出なかった・・・。残念。

nonoさん

> One of Love プロジェクトのことやってますよ。
> ご覧になってますか?
観ていませんでした…。

> チャボの名前は1回も出なかった・・・。残念。
やはり(笑)。

鍵付コメントさん

情報ありがとうございました。
お伝えしておきます。
Profile

Blue

Author:Blue

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's BBS
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ