ねむれない Tonight…

眠れない。
昨日もあまり寝ていないので、身体はくたびれているはずだけれど眠れない。
というよりも、眠りたくないのかもしれない。

     **********

5月3日は、友達とチャボの話を思い切りする予定でいた。
事前にテーマまで決めていて、とことん話し倒すつもりでいた。
そこへ清志郎の訃報が届く。

  明日、私たち、話しするの無理だね…
  
  冗談じゃない 俺は一人でなんて過ごしたくないんだよ

一人でいたくない僕のわがままを聞いてもらいたい…わがままを聞いてもらった。
待ち合わせ場所では笑顔で会おうと伝え、当日、ぎこちないながらもそれは実現した。

清志郎の話をたくさんした。
チャボの話もたくさん、した。

話に夢中になっているときは、まるでいつもの時間のようで、
またいつかのライヴを一緒に観に行けるようで…。
でも、それは僕たちが何も無かったふりをしているだけだという事実。

  おとなだろ

そうだ、僕はおとなだ。
友達の前で泣かなかったことは、自分を褒めたいと思う。

     **********

昨日から今にかけて、いったい僕はいくつのブログを見たことだろう。
日本中の、いや世界中の清志郎を好きな人達にとって、
それぞれの5月2日、5月3日があったことがわかる。
ファンだけでなく、音楽畑の人達のものでは、
渋谷陽一、泉谷しげる、そしてケラリーノ・サンドロヴィッチの談話やコメントが僕の胸を打った。
極めつけは梅津和時による " 清志郎君へ " だ。
これはダメだ…。

まだまだ音楽畑からの追悼コメントは増えていくだろう。

3日のユニコーン、さいたまスーパーアリーナでのライヴ、
開場中のBGMは清志郎の歌がかかっていたそうである。

ロッキング・オンのサイトRO69では、追悼 忌野清志郎 のPHOTO特集。
過去の表紙を飾った清志郎が見られる。

     **********

やっと清志郎の曲を聴けるようになった。
僕は清志郎が持つPOPな面、とりわけ切なさが全開になるメロディが大好きで、
そんな曲の中でも、いつからか「太陽の当たる場所」を良く聴くようになった。
今も、この曲だけを何度も何度もリピートしている。
これは本当に名曲だと思う。

  この運命に甘いキスを送ろう

関係ないとわかっていても、こじつけているだけだと理解していても、
このフレーズがどうしても耳に残ってしまう。
でも、とても安心できる。今の僕はこの曲を聴いているだけで、とっても安心できる。
あの時「JUMP」があれば大丈夫だったように、今は「太陽の当たる場所」があれば大丈夫。

     **********

密葬にはチャボ、竹中直人、坂本龍一、井上陽水、三浦友和など約120人が参列したようだ。
それにしてもチャボは大丈夫だったのだろうか…。

     **********

コメントを頂いた皆さん、ひとつひとつにお返事せずに申し訳ありません。
ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

多摩蘭坂

昨日、多摩蘭坂に行ってきました。
ただ、多摩蘭坂に行ってきました。
15年ぶり位、久々に行ってきました。
元々、何の変哲もない坂だったけれど、昔あった石垣がマンションのコンクリートになっていたり、新しい住宅が建っていたりと、更に何の変哲もない坂になっていました。
そこに腰掛けてしばらく辺りを見回しました。
小さな声で、多摩蘭坂を口ずさんでみました。
何の変化もありませんでした。
帰ろうと立ち上がろうとした時に、声をかけられました。
当たり前の会話の始まりでした。
当たり前の話をしました。
涙が止まらなくなりました。
しゃくりあげて言葉が続かなくなりました。
帰り際、見上げた先に虹をみました。

悲しいニュースばかりTVは言い続ける

昨日初めてコメントさせて頂いた者です。Blueさんの完全復活祭についてのブログを読ませてもらっていました。

私も2日続けて眠りが浅く、今朝は早朝から清志郎のニュースばかり見てました。チャボが憔悴してたなぁ…。

昨夜は夢に清志郎が出てきて。印象的だったのは、透けるようなライムグリーンのベールをまとっていた事。

夢診断によると「死者が白に近い明るい色の衣装をまとっているのは、あの世で良い所に行って心安らかなこと」だそう。

もうあの世?まだ低空飛行してそうなのに。でも昨日は清志郎の自宅上空に虹が出たっていうし、早くも天国のステージでオーティスやウィルソン・ピケットと一緒かも?なんて思ってます。

泉谷さんの気持ちも分かるけど、送りだしてあげるほうが清志郎の為かも。
長文失礼しました!

RCサクセションが流れてる

blueさん、遅くにごめんなさい。
一人でいるのが何か嫌で来ちゃいました。

梅津さんのコメントよかったですね。
角田光代さんの読売新聞(5/4朝刊)の追悼文も共感でしたよ。

あまり実感湧かなかったけど、
今日テレビで出棺のメンバー見たら、現実なんだなーと認識しつつあります。

苦しい最期だったのかなと心配してたけど、
容体急変して眠るように逝ってしまったようなので、
それは少し安心しました。

朝から晩まで、メディアに清志郎があふれてて、賑やかです。
ひと段落して落ち着いてからが、きっとつらいんだろうけど。

くさりさん

> blueさん、遅くにごめんなさい。
いえいえ、あれから毎日、明け方まで起きていますので大丈夫です。

> 梅津さんのコメントよかったですね。
> 角田光代さんの読売新聞(5/4朝刊)の追悼文も共感でしたよ。
はい。もちろん角田さんのも読みました。
気になるのは限られた人たちではありますが、色々な人のコメントを見続けています。
どう表現しているかは別にして、それらを見ることで同じ思いを共有できて安心しています。
でも、辛いです。

KJLC

昨日、JLCのライブで「かくれんぼ」がCHARの唄で演奏されました。
きっと夕べCHARの隣に清志郎がいたんでしょう。

トワイライトさん

> 昨日、JLCのライブで「かくれんぼ」がCHARの唄で演奏されました。
> きっと夕べCHARの隣に清志郎がいたんでしょう。
そうでしたか。
きっと他にも清志郎追悼の意味で曲が演奏されたライヴがあったのでしょうね。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ