中島みゆきと鈴木茂

僕は はっぴいえんど というバンドに特に思い入れがあるわけではなく、
音楽を聴き始めてから、ある日普通に出会って、今も普通に聴いているバンドである。
とは言っても、2004年にBOXが出たときは購入してしまったけれど(笑)。

CIMG7368.jpg CIMG7369.jpg CIMG7370.jpg
CIMG7371.jpg CIMG7372.jpg CIMG7373.jpg
はっぴいえんど,大瀧詠一とココナツ・パンク,西岡恭蔵,バレンタイン・ブルー,大瀧詠一,岡林信康,遠藤賢司,高田渡,加川良,友部正人,小坂忠(2004-03-31)
Amazonランキング:57803位
Amazonおすすめ度:


さて、大麻所持での逮捕という残念なニュースをきっかけにというのは不謹慎だけれど、
Blue的な鈴木茂ネタです。

彼がギタリストとして参加したアーティストの作品を挙げていったら、
それこそ日本のフォーク、ニューミュージック以降の、
ほとんどの主要な、そして名盤と呼ばれる作品を挙げることになると思う。

試しに今、手を伸ばせる範囲の僕のCDとレコード棚の中から参加作品をチェックしてみる。

 NIAGARA TRIANGLE Vol.2 / 佐野元春 杉真理 大滝詠一(82)
 泉谷しげる / '80のバラッド(78)
 吉田拓郎 / TAKURO TOUR '79(79)
 あがた森魚 / 乙女の儚夢(72)

パッと目に付くところだけでもこんな感じだ。
NIAGARA TRIANGLEは、確かVol.1でもギターを弾いていたと思う。

参加した作品を歌謡曲畑まで広げたら、それこそとんでもない数になるはずだが、
やはり彼がバックを務めた代表的なアーティストとなるとユーミンになるだろう。
73年のデビュー作 『ひこうき雲』 から、80年代~90年代にかけて、
彼女の作品にはほぼ通して参加しているんじゃないかな。

あまりにもユーミンのバックが有名で知られているだろうし、僕も異論は無いけれど、
実は…というか、ファンのあいだでしか語られることは無い…というか、
ファンでも語る人は少ないかもしれない(笑)けれど、
鈴木茂は中島みゆきにとっても重要なミュージシャン、ギタリストでもあるのだ。

中島作品で僕が彼を意識した最初は 『おかえりなさい』(79) だ。
好きな曲の「この空を飛べたら」のアレンジャーとしてクレジットされていたこともあり、
単にギタリスト云々だけでない強い印象を残した。
手元にある資料を確認すると、最初に参加したのは 『親愛なる者へ』(79) のようだ。

ということで、鈴木茂が参加している中島みゆきのアルバムを調べてみた。
 
 親愛なる者へ(79)
 おかえりなさい(79)
 生きていてもいいですか(80)
 臨月(81)

 歌でしか言えない(91)
 EAST ASIA(92)
 時代 -Time goes around- (93)
 LOVE OR NOTHING(94)

僕がリアルで聴いていた70年代後半から80年代前半までの作品に参加した後、
所謂 " ご乱心の時代 " の80年代は不参加であり、90年代から復活している。
95年以降のアルバムには参加していないようだ。
枚数にすれば、参加したのはたった8枚だけれど、実はアルバム以外が重要だったりする。

89年から97年までの中島みゆきコンサート・ツアー。
この間、約10年間も中島みゆきバンドのギタリストを務めているし、
もちろん同じ89年からスタートした 『夜会』 でも、98年のVol.10までのギタリストは鈴木茂だ。
『夜会』 は映像作品としてVol.2からVol.10まで(Vol.9を除いて)作品化されているので、
ライヴでの彼のギターを聴くこともできる。

     **********

鈴木茂逮捕に絡み、はっぴいえんどを始め、
彼が関係するアルバムの販売・出荷・配信が停止になった。
ニュースで確認できた範囲だけでも、何と約20程の作品が対象となっているみたいだ。
本当かな…と同時に、メジャーのレコード会社は、こんなんでいいのかなとも思う。
RCサクセションの 『COVERS』 事件から20年も経っているのに、何も変わっていないみたい。

こういうことがあると出て来る意見だけれど、
それならば彼が参加した作品と、今回の販売・出荷停止になった作品との線引き云々。
レコード会社は参加作品すべてを対象にしろよと(笑)。

もし、鈴木茂参加作品をすべて販売・出荷停止にすると、
中島みゆきだけでも上に挙げた作品が聴けない観られないことになるわけだ。
とんでもないこと(売るもんなくなります)になることは容易に想像がつく。

僕自身は、罪は罪として、それは理解できます。ただし音楽は別だと思います。
百歩譲って彼のソロ名義の作品のみが対象となるのはまだ " 仕方ない " と納得できる範囲かな。
でも、はっぴいえんどまでが対象になるのはやり過ぎだよなぁ…という意見です。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

バッドエンド

ギタリストが鈴木茂になったとき、中島のライブの質感が明らかに変わったのを覚えています。(良い意味で)

てか、はっぴいえんどまで被害を被っちゃうんですね…。
細野や大瀧のソロにも結構参加してはりますが…。

確か

中島さん、鈴木茂のファンだったよぉな記憶が

出荷停止・・・・

洋楽は、どうなるw
軒並み、アウトじゃないのよさ

音楽は音楽
人格は人格と
あたしゃ、割り切ってます

ne_sanさん

> ギタリストが鈴木茂になったとき、
> 中島のライブの質感が明らかに変わったのを覚えています。(良い意味で)
ギャラ…と言うか人件費が凄かった時期ですかね(笑)。

> てか、はっぴいえんどまで被害を被っちゃうんですね…。
> 細野や大瀧のソロにも結構参加してはりますが…。
はっぴいえんどの音楽にとっては、まったくのとばっちりですね。
それにしても、この対応で、いったい誰がどうなるんでしょうかねぇ。
誰もどうならないと思うんですけれど。

かっぱさん

> 中島さん、鈴木茂のファンだったよぉな記憶が
おー、そうなんですか!

> 洋楽は、どうなるw
> 軒並み、アウトじゃないのよさ
それは良く言われることです。
ビートルズ、ストーンズを始め、60~70年代のロックはほとんどアウトです。

> 音楽は音楽
> 人格は人格
同感です。

そうかぁ・・

みゆきさんのアルバムにこんなに参加していたんですね。
ほんと、やってはいけないことをしたのは悪いことだけど、それと、これまでに作ってきた作品とは別ですよね・・。
なんで、はっぴいえんどまで。。

nobuさん

> みゆきさんのアルバムにこんなに参加していたんですね。
おそらく、この時期の中島みゆきには、特にライヴでは、
バンドのレギュラー・メンバーとして必要だったんでしょうねぇ。

> なんで、はっぴいえんどまで。。
誤解されるかもしれませんが、こんなことがあったからこそ、
レコード会社は堂々と所属アーティストの作品を売って欲しいし、そうしていいと私は思います。

変なの。

大麻で捕まる→関連CDが発禁になる。
いつも思うけど 変。

知人は「社会的制裁」だと言いました
犯罪を犯した者に利益収入があってはならぬということらしいです。


あーそんな考えもあるんだなと

納得させられそうでしたが。。。

でも やっぱりそりゃ違うと思います。

KENBO さん

> 「社会的制裁」
> 犯罪を犯した者に利益収入があってはならぬ
それを社会的制裁であると定義し、かつ今回の鈴木茂に対して必要であるならば、
音楽作品の流通を止めないままそうなる仕組みを作れば良いのです。
とにかく作品までを含めて一切排除するという姿勢には同意できません。
それどころか、私はレコード会社は所属アーティスト側に立つべきだという考えなんですけど…。

意外です

鈴木茂の中島みゆきの作品への参加が案外少ないのに驚きです。

Michael Thompsonが1996年の「パラダイス・カフェ」以来、欠かすことなくオリジナルアルバムにクレジットされていることを思えば、鈴木茂が常連でもなかったことは、逆に不思議に思います。

Michael Thompsonの場合、工藤静香、杏里、矢沢永吉、安室奈美恵などに起用された実績が買われているのだろうと思います。浜崎あゆみも松任谷由実もこの人を起用したことがあります。エルトン・ジョンも起用したことがあります。

Michael Thompsonなんか、テクニックも優れているし、ルックスもいいし、自分のバンドをヒットさせられなかったのが何か不思議です。Benmont Tenchなんかは、トム・ペティのバンドメンバーというより、いろいろなアーティストのサポートメンバーとして成功してしまっている人ですが。

Michael Thompsonもそういう個性なのかもしれません。

Re: enneagram さん

> 鈴木茂の中島みゆきの作品への参加が案外少ないのに驚きです。

また中島みゆきバンドに復帰してもらいたいものです。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ