MIS CAST/沢田研二 -1982-

沢田研二が清志郎へのエールと思われる「KI・MA・GU・RE」をステージで歌っているのを知り、
ジュリーを改めて聴こうとレコード棚やCD棚をゴソゴソと探している。

僕はジュリーのファンだが、それは歌謡曲の世界の大スターの彼であり、
TV番組ザ・ベストテンで常に一等賞を狙っていた彼であり、
ドリフと絡んでコントをする彼に対してであり…であった。

とにかく77年の「勝手にしやがれ」から83年の「晴れのちBLUE BOY」までは完璧だったと思う。
この時期に発表されたシングルはベスト盤で聴けるが、改めて凄いと思う。

実際に僕が好きなのもこれらのヒット・シングルを歌うジュリーである。
もちろんその間にはオリジナル・アルバムも発表されている。
僕はアルバムも何枚か買って聴いたが、正直シングルのほうに魅力を感じていた。
ただ、そんな中でも飛び切りのお気に入りのアルバムがある。
それが82年に発表された『MIS CAST』。


沢田研二(2005-03-30)
Amazonランキング:7434位
Amazonおすすめ度:


僕がこのアルバムを知ったのは、ある雑誌のレヴューだった。
まだ発売前であったが、その短い文章は興味を抱かせるに十分だった。

 全曲が井上陽水の作詞・作曲。
 全曲の編曲はMOONRIDERSの白井良明。
 ※正確には「Miscast」1曲だけは、やはりMOONRIDERSの岡田徹の編曲

これだけで当時は十分に刺激的だった。
レヴューでは特に白井良明のアレンジが絶賛されており、
「このアルバムは歌謡界に衝撃を与えると思う」と結ばれていた。

バックを務めるのは、ジュリーとは最強のタッグだったと思うEXOTICS。
ちなみにこのバンドでベースを弾いていたのは吉田健であり、
ドラムを担当していたのは上原裕である。

このアルバムは本当に刺激的な音だった。
白井良明によるニューウェイヴにアジアン風味を加えた(ような)独特の世界。
曲によってはジャズよりなアレンジがされているが、全然ジャズじゃない。
当時の僕としては、それまで聴いたことが無いような音だった。

まして作詞・作曲は井上陽水である。
そんな記名性が有り過ぎる世界を、ジュリーがあのヴォーカルで表現するのだ。
沢田研二の音であり、白井良明の音であり、井上陽水の世界であり、82年最新の音である。
まさに唯一無二の作品になっていると思う。

そんなアルバムだが、2007年の今、いったいどんな音に聴こえるのかと思ったが…。
82年と何も変らない、あの世界が僕の部屋のスピーカーから流れている。

僕が読んだレヴューが何の雑誌だったのか。そして誰が書いていたのか。
今ではまったく憶えていないが、そこで書かれていた内容に嘘は無かった。
凄いアルバムだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

>そんな中でも飛び切りのお気に入りのアルバムがある
さっき、ジュリーの「俺たち最高」というシングルをダウンロード購入したばかりなのですが、この記事を拝見して、もういちど某音楽配信ストアをのぞいてきました。やはり、このアルバムもラインナップされてましたよ。
うーん、近いうちに買ってしまいそうな気がします…(最近散財しすぎだったので、我慢しなくてはと思っていたところなのですが)。

EXOTICSのドラム、上原裕だったんですね…。

月見家さん

このアルバムはかなり個性が強い音なので、
所謂ジュリーの一般的なイメージは捨てて聴いたほうが良いと思います。

>EXOTICSのドラム、上原裕だったんですね…。
「ステップ!」のレコーディングはもちろんですが、後のRUFFY TUFFYも考えれば興味深いです。
色々なところで…。そしてどこかでミュージシャン同士って繋がりがあるんですよね。
清志郎とジュリーが上原裕を介して繋がっていたなんて面白いし、もっと細かく繋げていけば、
それこそ泉谷しげるやチャボまでその輪は広がって行きますから。

『MIS CAST』

Blueさんこんばんは。
『MIS CAST』と聞いて思わず、ずうずうしくこちらまでやってきました。

'83『MIS CAST』ツアー
地元で見ましたがオープニングがアカペラの MIS CASTで、
今でもジュリーの生の声が耳に残ってます。

陽水の世界と良明さんのアレンジ当時かなり斬新でしたね。
去年だったか陽水さんがBSの特番のインタビューで言ってました。
「1曲依頼があったけど作ったらどんどんできて、結局アルバム全曲になってしまった。
当時スターだった沢田さんが全曲採用するのは冒険だったと思います」

この後'94より毎年発売のアルバムで、
ずっと良明さんは曲、アレンジ、レコーディングにも参加されてます。

今聴いても古臭くないですよね。

ジュリーファンでない方のお話がうれしくてついつい長くなり失礼しました。

ジュリーマニアさん

コメントありがとうございます。

ジュリー。80年代前半までは、シングルはもちろんアルバムも聴いていました。
『MIS CAST』以外では『G.S. I LOVE YOU』が好きでした。
以前、レコードを大量処分した際にジュリーも含まれていたのですが、
唯一CDで買いなおしたのが『MIS CAST』なんですよ。

>陽水の世界と良明さんのアレンジ当時かなり斬新でしたね。
斬新どころか、本当に今まで聴いたことが無い音だとビックリしました。

>今聴いても古臭くないですよね。
全然古くないです。今でも通用すると思います。白井良明、最高の仕事です。

今日も一日、ジュリーを聴いていました。

『G.S. I LOVE YOU』

Blueさん
またまた失礼します。

『G.S. I LOVE YOU』お好きなんですね。
私も大好きで去年のツアーで
「「彼女はデリケート」が本編最後でうれしかったし
もう会場中熱気でいっぱいでした。

今回のコンサートでは
「I'm in Blue 」
「THE VANITY FACTORY」
が聴けて、感激ものでした。

14日がファイナルなのでもっと盛り上がるでしょうね。

EXOTICSのお話も興味深かったです。
紅白の「晴れのちBlue Boy」
格好よくって今でも時々引っ張りだして見てます。

今でも柴山さんは下山淳さんとバックでいい音聞かせてくれてます。

本当にどこかでミュージシャン同士繋がりがありますね。

ジュリーマニアさん

>『G.S. I LOVE YOU』お好きなんですね
当時は佐野元春との事もありましたから。元春作の3曲も興味があったし。
このアルバムも良く聴きましたねぇ。

>今回のコンサートでは「I'm in Blue」「THE VANITY FACTORY」が聴けて、感激ものでした。
おー、歌っているんですね。「I'm in Blue」が聴いてみたいなー。

>紅白の「晴れのちBlue Boy」格好よくって今でも時々引っ張りだして見てます。
あの辺は本当にカッコ良かったです。確実に歌謡界の先頭を突っ走っていたと思います。

>今でも柴山さんは下山淳さんとバックでいい音聞かせてくれてます。
そうなんですよね。
ちなみに、ジュリーのバックで弾く下山淳を観てみたいと思いつつ、数年が過ぎています(笑)。

昔のアルバム

ジュリー、子どもの頃にアルバム買いましたが、
どうしてだか「あれ?」という感じでした。
洋楽へ流れて、Jpopのスタジオミュージシャンも悪くないと
思いなおし、最近ジュリーへ戻ってびっくり。
「単純な永遠」「彼は眠れない」「リアリラブヤ」、そしてこの
「ミスキャスト。名盤揃いしゃないですか。
今更、お宝の山を発見した感じです。
KI・MA・GU・REは、「彼は眠れない」のCDで聴きました。
キヨシロー最高です!
まず、復活祭から買おうと思っています。

通りすがりのぬこ~さん

コメントありがとうございます。

> 「ミスキャスト。名盤揃いしゃないですか。
はい、これは名盤だと思います。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ