渋谷陽一のサウンドストリート / ゲスト:忌野清志郎 1981.7.10

青春ラジカセにて、清志郎がゲストに出た回が、無事に再び公開されました。
あー、良かった(笑)。

あらためて聴いてみると…。

当時の清志郎はしゃべらないと言われていても、
今の耳では普通にしゃべっているように聴こえるよなぁ。
たまに沈黙が訪れるところがあるけれど、
これでしゃべらないと思われた時代なんだよね81年は。
そう考えると、時代は変わっているということを強く感じるなぁ。

「やさしさ」と「君が僕を知ってる」は対になっているラヴ・ソングだ…。
こんな指摘をしての展開なんかは、
結構、後のロッキング・オン・ジャパンのインタヴューなんかに通じる内容みたい…
に思ったりするんだけれど、どうだろう?

途中で渋谷陽一も言っているが、
81年という時期は、僕なんかは聴き始めて1年以上経っていたけれど、
世間から見れば " 急に出てきたRCサクセションというバンド " というイメージだったんだろう。
まだ「い・け・な・い ルージュ・マジック」前だし、武道館ライヴもやる前だし、
一般的な知名度はまだまだだったかな、やっぱり。

発売前の 『BLUE』 を " 偉大な、歴史に残る名盤になる " と言う清志郎に感動する。
結果としては無かったが、シングルを切る云々という話もしているので、
この時点では候補があったんだろう。当然、「あの娘のレター」だったんだろうな。

(こんなバンドに今まで)何で気付かなかったんだろう…という渋谷陽一の言葉で番組は終わる。
でも、渋谷陽一は気付いてくれたのだ。
しかも、サウンドストリートをやっているときに。
これまでは気付かなかったのかもしれないけれど、
絶頂期を迎えるRCサクセションには間に合ったのである。
後のことを考えれば、ここでの出会い…接点は、
かなり大きなことだったと僕は思う。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ほんと

普通に、っていうか、かなりちゃんとしゃべってますよねえ。
渋谷さんが相手だったからなのかなあ?

何で気付かなかったんだろう・・・っていってましたね。
そして今日に至るんですね。。なんとも感慨深いです。
貴重なテープが聞けて、嬉しいです!

nobuさん

> 普通に、っていうか、かなりちゃんとしゃべってますよねえ。
> 渋谷さんが相手だったからなのかなあ?
ねぇ、普通に話していますよねぇ(笑)。
でも、当時のチャボに比べたら、やはり清志郎は無口だとは思いますが(笑)。

> 何で気付かなかったんだろう・・・っていってましたね。
泉谷しげるに対しても、当時の渋谷さんは似たようなこと言ってましたよ。
番組で「翼なき野郎ども」の歌詞を読んで、" これは凄い! " って絶賛してました(笑)。

> そして今日に至るんですね。。なんとも感慨深いです。
そうですよね。
ここがあったからこそ、80年代のRCをロッキング・オンが伝え続けてくれたんだと思います。

> 貴重なテープが聞けて、嬉しいです!
いやー、でもネットで聴けるなんて不思議な感覚だなぁ…。

清志郎!

あー、どきどきしましたー。
RCにのめりこんで、寝ても覚めても清志郎だったころの空気感がよみがえってきて・・・。
このあと現在までの約30年間におこる様々なことを思うと、ここでしゃべっている清志郎へのいとおしさがつのるというか。
こんな貴重なものを聞けて、Blueさんにはほんとに感謝 For You!です。

ゆうべはサムズアップで三宅さんのライブだったのですが、アンコールで歌ってくれた「約束」、お客さんの数は少なかったけど、清志郎を思うみんなの気持ちでホールはいっぱいでした。
清志郎にあいたいなーと思いながら帰ってきて、これを聞けてうれしかったです!

夢風さん

> あー、どきどきしましたー。
> RCにのめりこんで、寝ても覚めても清志郎だったころの空気感がよみがえってきて・・・。
ネットで聴けることになった嬉しさはもちろんですが、
当時はこれがラジオから…っていうのがあるから、
そのラジオの前で聴いていたことを思い出すし、
やはり夢風さんのような感覚が私も蘇りますよ。
今聴いている「雨あがり~」や「ブン・ブン・ブン」や「ヒッピー~」じゃなく1981年の…
ということも同時に蘇りますからね。

ひとつ裏話(…というわけでは無いのですが)をすると、
この青春ラジカセでは「雨あがりの夜空に」で終わっていますが、
本当は「雨あがり~」の後に「メッセージ」がかかるんです。
番組はそんな終わりかたをする、素晴らしい構成でした。

あまり自分を責めちゃいけない

これも当時リアルタイムで聞きました。
当時のサウンドストリートの構成は
好きでしたね。
いきなり曲が始まったり。
「こんばんは渋谷陽一です」から始まったり。

この放送で清志郎の結婚観に凄く感化された思い出があります。
その後、今の連れ合いとの人生に深く影響されました。
今から思うとですが、
大げさでは無いですが本当にこの時の放送で
人生が左右されました。

あと中州通信とか。
CHABOさんと おおくぼさんの子供うんぬんの雑誌とかも。

いつもBLUEさんの雑記帳には、単純ですが
共感します。
いつも 僕も「その話題を言いたかったんだ!」
悔しいぐらいに(ToT)/~~~
みたいな事をBLUEさんに先取りされてました(笑)

またです。




やっぱり聴いてました!

コレのことでしたか・・・。
「やさしさ」と「君僕」が対になってる、
といかにも渋谷な発言、そしてそれをかわす清志郎。
後年のパターンが出来上がってますね。
最後に(全く触れられずに)
「メッセージ」が流れたのも思い出しました。

まだ続いてくれますかね~?

Black&Blue さん

> 大げさでは無いですが本当にこの時の放送で人生が左右されました。
おー、そうですか!
そういう私も影響を受けた清志郎やチャボの発言が多いなぁ。

> いつもBLUEさんの雑記帳には、単純ですが共感します。
嬉しいです。共感してくれるっていうことは、いちばん嬉しいです。
ありがとうございます。

LA MOSCA さん

前回の出演から時間がそんなにあいていないことを考えると、
渋谷さんはRCにかなりのめり込んでいるであろう…ことがわかりますよね。
当時は清志郎やチャボが出ることが単に嬉しくて、こんなこと気にしていませんでしたけど。

> まだ続いてくれますかね~?
どうでしょうかー(笑)。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ