仲井戸麗市 vs …

先週末のMANDALA、monthly CHABO。
アンコール前、恒例の宣伝コーナーで今後のライヴ告知があったが、
今週になって一気にそれが発表となった。

さて、去年ミニ・アルバムの 『Poetry』 を出した辺りのインタヴューで、
" (誰かに)誘われたらなるべく出て行こうと思っている… " とチャボは言っていたが、
まさにそれが実現している形であり、共演ライヴばかりとなっている。
ソロ・ライヴの圧倒的素晴らしさはもちろんなのだけれど、
他者との共演でこそ観て聴くことができるチャボの魅力というものが確実にある。
簡単な言葉にしちゃえば、自分(チャボ)の音をぶつけて他者の良さを引き出し、
他者の音に触れて自分(チャボ)の新しい引き出しが開き、そこに新しいものが入る…。
あまりにも軽い表現だけれど、こんな感じだろうか。

ただ、共演によってお互いに受けた刺激が見える形になって僕達に届くのは、
やはりその共演後のライヴや作品ということが多いんじゃないかな。
でも、まれに、共演しているまさにその場でそれを観て聴くことができるというライヴもある。
実際に僕はそれを感じたライヴがあるのだ。
それは去年の9月に行なわれたmonthly CHABO vol.4、新谷祥子さんとの共演だ。

  ライヴという場は、ステージから客席に向かって何かが放たれるのが普通だと思うのだが、
  今回は、ステージ上でもそれが起こっていたように思う。
  チャボが演奏しながら、歌いながら、何かを受け取っていることがわかる…というような。
  もちろん新谷さんがチャボから受け取ったものも、小さくないだろうと思う。
  ライヴの場で、お互いに刺激を受けあうミュージシャン同士のステージ。 
  何だかそんな気がした感動的なライヴであった。

そのライヴを観た後に、僕はブログにこう書いたが、本当にそんな内容だったと思う。

ということで、1月から2月にかけてのライヴ中、
僕がいちばん期待しているのが新谷さんとの共演再び…である。

新谷さんが回答している10の質問
その中の " 影響されたアーティスト " という質問に彼女はこう答えている。

  相当数なので、書ききれないのですが「アーティスト」という視点なら
  ●画家、棟方志功
  ●デザイナー、ヨージヤマモト
  ●ギタリスト、仲井戸麗市
  ●ドラマー、スティーヴ・ガッド

2/26の共演。これは本当に楽しみだ。

この他にも見応えがありそうなライヴが続く。
まずは " American Beat Night " と " British Beat Night " とタイトルされ、
二日間にわたって4ステージが行なわれるシナロケとの共演!
これは想像しただけで凄そうだよー。でも、九州は遠いなぁ…(笑)。

次に、2005年以来の再共演となる翠川敬基(チェロ)とのmonthly CHABOと、
梅津和時プチ大仕事への出演。
二人とも、チャボにはお馴染みのミュージシャンとも言えるので、
単なる共演の他に、過去に観たライヴとは違う新展開を期待したいところ。

そして、いったいどんなライヴになるのかわからない浜崎貴司との共演。
これは完全なアウェイ(笑)になるかもしれないので、助けに行かないとねー(笑)。

願わくば、今年はこういった良い意味での対決ライヴを多く観てみたいな。
できればmonthly CHABOは、2009年を通して続けてもらいたい(笑)。
そうすれば、あと10人くらいとの共演が観られるのだから…と…、あーそうか!
ここに来て突然いい事を思いついたぞ。
チャボが誘うのではなく、逆にチャボと演ってみたいと思っている、
または思っていたミュージシャンの方々が、チャボをガンガン誘えばいいんだよ!
だって、誘えば出ていくって言っているんだから(笑)。

ですから、チャボと共演したい皆さん(って、誰に言ってんだか)、今がチャンスですよー(笑)。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

楽しみ

ここにきてチャボの動きが活発になってますよね~

様々な共演楽しみです

浜崎さんとのライブはアウェイだから是非とも助けに参上します(笑)

ちえぞ~さん

> 浜崎さんとのライブはアウェイだから是非とも助けに参上します(笑)
そうですね、助けに行きましょう(笑)。

うむむ

一気にすごいですね!
新谷さんとの競演は見てみたいなあ~。
プチ大仕事も見たいし。
浜崎貴司さんとの共演はどんな感じになるんでしょうかねえ。

nobuさん

> 新谷さんとの競演は見てみたいなあ~。
> プチ大仕事も見たいし。
> 浜崎貴司さんとの共演はどんな感じになるんでしょうかねえ。
nobuさん、是非どこかでお会いしましょー!
九州は無理だけど(笑)。

> 他者との共演でこそ観て聴くことができるチャボの魅力というものが確実にある。

そう、まさにそうなんですよね!!
私は、そんな「奇跡」のひとつが麗蘭だと思っています。。

それにしても新谷さんとの共演は、ホント楽しみですよね~♪
しかも彼女の方から声をかけてくれた、というのがなんだか嬉しいです
でもって「「アーティスト」という視点」と前置きした上でCHABOさんの名前を
挙げてくださっていたとは! ますます彼女のファンになりました(笑)

ayakoさん

> そう、まさにそうなんですよね!!
> 私は、そんな「奇跡」のひとつが麗蘭だと思っています。。
そういえば、今じゃチャボのレギュラー・バンドというかユニットだけど、
始まった当初は、麗蘭だって単なる共演だもんなー。

> それにしても新谷さんとの共演は、ホント楽しみですよね~♪
やー、楽しみ!

> でもって「「アーティスト」という視点」と前置きした上でCHABOさんの名前を
> 挙げてくださっていたとは! ますます彼女のファンになりました(笑)
そうだよねー。
でも、棟方志功とチャボが並んでるなんて、ここでしか見られないと思うな(笑)。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ