仲井戸CHABO麗市 monthly CHABO vol.7 新年!CHABO SOLO NIGHT!南青山MANDALA 2009.1.17

僕が観る今年のライヴ一発目だ。
ということで、今回は2DAYSだけれど、ライヴ始めということで、行くのは当然初日である。

Image0901173.jpg Image0901174.jpg

2009年のスタートは、とても新鮮であり、意外であり…というライヴだった。

●新鮮で意外 その1
チャボもMCしていたが、ソロなのでステージ上がガラーンとしていたこと。
マイク・スタンドと譜面台があるだけだった。
これまでのmonthly CHABOでは、必ず他の楽器がセッティングされていたわけだから、
まずは開演前からして視覚的に新鮮だったわけだ。

●新鮮で意外 その2
開演を告げるSEが、エルトン・ジョンの「Your Song」だったこと。
この曲が大きな音で流れた時点で " おや? " と思った人も多いだろう。
珍しいよね、こんな曲でチャボが登場するのってさ。
きっと意味が、理由があるのだろう。

●新鮮で意外 その3
ギターの生音を拾うマイクがセッティングされていたこと。
チャボはエレアコやPU付きのアコギを使用するのだが、その音に加えて生音を拾っていた。
そのためか、いつもはギターによっては「こもり気味」になる音も、今回はそれを感じなかった。

●新鮮で意外 その4
古井戸の曲…しかもマニアックな曲が歌われたこと。
歌われたのは序盤で「年賀状」「待ちぼうけ」「退屈」「終わりです」の4曲。
この他にポエトリー・リーディングを含む「さよならマスター」(中盤で「love song」の歌詞も出てくる)、
ライヴのラストで「おやすみ」と、古井戸色が比較的強いメニューだったと思う。
僕自身、チャボに " 「四季の詩」を演ってください " ともう少しで言いそうになっていたし。
もし、この時に目があっていたら実際に言っていたかもしれない(笑)。

昔と違って今は古井戸の曲を歌いたい気分だ…とチャボは言っていた。楽しみだ。

●新鮮で意外 その5
この5つ目が、今回のライヴの最大の特徴だっただろう。
それは、所謂チャボのライヴで演奏される定番曲がまったく無かった(と言っていいだろう)ことだ。
本編の最後で「My R&R」が、アンコールで「久遠」が歌われたが、
この二曲だって、決してライヴでの定番と言うわけでは無いよね。
とにかく次に何の曲が出てくるのか…が予想できない展開だったもん。
だって「BLUE MOON」も「ガルシアの風」も歌われなかったんだから。

『GREAT SPLIT』 収録の「荒野で」と「冬の日」(これも古井戸時代の曲だ)も珍しかったが、
個人的な極めつけは、アンコールで歌われた 『絵』 からの「エピローグ」だ。
これは嬉しかったなぁ…と同時に、聴いている最中、1990年に気持ちが吹っ飛びそうになった。
1990年、僕が狂ったように聴いていたアルバムが 『絵』 である。危なかった(何がだ(笑))。

チャボはエピローグ」を歌い終えた後に " My Hometown 新宿! " とシャウトしていたが、
これまで歌われることが多かった「ホームタウン」でなく「エピローグ」を歌ったのは何故だろうな?

そうそう、土曜日ということで実は少しだけ期待していたんだけれど、やはりあの曲が歌われた。
GRINのカヴァー「Take You To The Movies Tonight」。
カヴァーと言っても、もうチャボのオリジナルみたいなものだ。
" 明日はやらないぞ " と言っていたけれど、チャボのことだから歌いそうな気がするな。
もしくは別の曲を演るか…。

新鮮で意外と言っても、終わってみれば感動的なライヴだった。
定番曲を演らなくても、こんなライヴが出来てしまうとは仲井戸麗市さすがである。
思えば既にキャリアは約40年にもなるのだ。
このあいだに、どれだけの名曲を作って発表してきたのか。
今年は埋もれてしまっている名曲達を認知し(笑)、是非、ステージで歌って欲しいものだ。

     **********

さて、最後になるが、開演時に流れたエルトン・ジョンの「Your Song」。
実は、チャボはライヴでもこの曲をカヴァーしたのである。
ピアノではなくギターの弾き語りで、しかも例の日本語詞で歌われるこのバラード。
これまでいくつかチャボが洋楽のカヴァーをした中でも出色の出来だったように思う。
誰が聴いても誤解されることは無いだろう、そのシンプルな歌詞。
特に感情を込めることなく淡々と、しかし思いが伝わるヴォーカル。
素晴らしかった。素敵だった。
そういえば、「Your Song」の邦題は「僕の歌は君の歌」である。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

私も今48

もしや!と思い、Blueさんのこちらを覗いたら…
同じマンダラの空間にいらしたとは!

本当に定番曲はなかったですよね。。。
古井戸は、不勉強のため知らない曲ばかりでした。でも・・

感動的なライブ!
ユア・ソング、良かったですね。

一番僕がこの日、ぐっと来たのは、グラハム・パーカーとの下北沢での邂逅のお話。
そして、若き日の鮎川誠とチャボの出会い…

これまた初めて聞くエピソードでした。

今年のチャボは(今年も!)楽しみですね。。。

まさに!

ときどき覗かせていただいております。

昨日のライブは、まさに

>定番曲を演らなくても、こんなライヴが出来てしまうとは仲井戸麗市さすがである。

だったと思います。これ名言ですね!

gaku1868さん

> 本当に定番曲はなかったですよね。。。
一曲も無かったんじゃないでしょうか。
そのためか、何だか私は凄く聴き応えを感じたライヴでした。

> ユア・ソング、良かったですね。
良かったです。いいカヴァーでしたね。

> 一番僕がこの日、ぐっと来たのは、グラハム・パーカーとの下北沢での邂逅のお話。
> そして、若き日の鮎川誠とチャボの出会い…
私、このエピソードは何かで読んだか聞いたかで知っていたんですけれど、
あんな風にあらためてチャボ自身から語られたのを聞いて、感動しました。

パイン・ヤングさん

> 昨日のライブは、まさに
> >定番曲を演らなくても、こんなライヴが出来てしまうとは仲井戸麗市さすがである。
> だったと思います。これ名言ですね!
この二日間、「My R&R」と「久遠」以外をすべて差し替えたとしても、
きっとチャボらしいライヴはできますし、チャボらしいライヴになると思います。
それだけの名曲を作ってきた人ですから。
これはもうポール・マッカートニーやローリング・ストーンズと同じですね(笑)。

日曜日ですが…

はい、やりましたよ~Take You To The Movies Tonight
「日曜日だけど特別だぞ!」だそうで(笑)

確かに今回は意外な選曲が多かったですね
あと私も、生音をマイクで拾ってくれてたのが嬉しかったです。
以前Martin Clubのライヴでそうやって音を出してて、素人耳にもわかるくらいすごく良かったので、CHABOさんのライヴでもやってくれないかな~と秘かに思ってたんです

Your Song…ほんと、最高だったな~
久しぶりのMy R&Rと荒野で、も嬉しかったです
「定番を崩していく」のが今年のCHABOさんのテーマかな?とも思ってみたり
「帰るふりする芸風」も辞めるそうですし(笑)

ayakoさん

> はい、やりましたよ~Take You To The Movies Tonight
> 「日曜日だけど特別だぞ!」だそうで(笑)
やっぱり(笑)。まぁ、これだからこそチャボですがー。

> 確かに今回は意外な選曲が多かったですね
いやー、とにかくド定番の「BLUE MOON」が無かったことが凄いなって。
でも、今回は相手がいないので課題曲になりようが無かったんだろうな(笑)。

> あと私も、生音をマイクで拾ってくれてたのが嬉しかったです。
実際に生音だけで弾いてたのはドブロだけだったけれど、
あのマイクのおかげで、やっぱり音は違っていたと思います。

> Your Song…ほんと、最高だったな~
そろそろカヴァーも新しいレパートリーが増えてきたと思うので、
またカヴァーだけのライヴが観たいなぁ。

> 「定番を崩していく」のが今年のCHABOさんのテーマかな?とも思ってみたり
おー、そうかもしれない…というか、それに期待したい!

> 「帰るふりする芸風」も辞めるそうですし(笑)
" 今日は公開リハーサルだ! " と " 昨日は手を抜いといたからなー " と 、
" 明日の事はどーでもいい、今日は全力でやるー " と
" 今日は(昨日は)ブスと馬鹿ばかり " は今年も健在みたいですね(笑)。

あ、そっか

たしかに、生音はドブロだけでしたね
そういやYou Gotta Moveもかっこよかったですねぇ


> " 昨日は手を抜いといたからなー "
あ、今日も言ってました(笑)
鮎川さんの物真似も健在だったし、まあ、一度に全部変える
のはさすがに大変なんでしょう、てことで(笑)

関係ないですが、さっきコメント書き込んだ際の認証キーが、
「さん、きゅう、に、きゅう」でした
…惜しい!(なにがやねん、笑)

ayakoさん

> たしかに、生音はドブロだけでしたね
使っていたアコギ(J-50)も音は違っていたと思いますよ。

> そういやYou Gotta Moveもかっこよかったですねぇ
これを演ったのはねー、私ミック・テイラーが来日するから…なんて思ったりしたんですが、
きっと関係無いでしょう(笑)。

> > " 昨日は手を抜いといたからなー "
> あ、今日も言ってました(笑)
もちろん昨日は " 今日は公開リハーサルだ! " を言ってました(笑)。

> 鮎川さんの物真似も健在だったし
実はこのモノマネ、次があるのかを密かに期待しています。
鮎川誠の次は誰をやるのか!

> さっきコメント書き込んだ際の認証キーが「さん、きゅう、に、きゅう」でした
> …惜しい!(なにがやねん、笑)
それは確かに惜しい(笑)。

MANDALA

どの曲も素晴らしかったです。
「荒野で」とか「My R&R」、「エピローグ」、ないちゃいそうでした。

わたしはギターのこと知らなくて、有名ギタリストを聞いても区別がつかないんですが(バカヤロー!っていわれそう)、チャボのギターはものすごく独特に聞こえます。
もちろん、独特に素晴らしいということです。
たった6本の弦をおさえたりはじいたりするだけで、あんなにいろいろな感情や世界があふれてくるなんて、魔法のようです。

というわけで、来月も予約してしまいました。
終電ぎりぎりになりそうでこわいのですが。
チャボ初心者のわたしがこんなに押しかけて、いいんでしょうか。

夢風さん

> チャボのギターはものすごく独特に聞こえます。
めちゃくちゃ記名性があるギターですからねー。
ギターの音当てクイズなんかがあったとしたら(笑)、
私はかなり高い確率でチャボの弾くギターを当てる自信があります!

> というわけで、来月も予約してしまいました。
イェーイ! 毎月観に来てくださいよー。

> 終電ぎりぎりになりそうでこわいのですが。
> チャボ初心者のわたしがこんなに押しかけて、いいんでしょうか。
初心者って言っても、80年代から聴いているじゃないですかー(笑)。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ