坂崎幸之助とJ-POP Friends 2

紹介するのが遅くなっちゃったけれど、二冊目が出ています。
一冊目と重なる人もいるけれど、今回は前よりもマニアックな人選かも。

CIMG7240.jpg

マニアックと言っても、見ての通りメジャーな人ばかりだけれど、
そんな中で石川鷹彦や武部聡志や鳥山雄司なんかの、
どちらかと言うとスタジオ畑のミュージシャンが目立っているのが特徴かな。


坂崎幸之助
Amazonランキング:21299位
Amazonおすすめ度:


今回もチャボの出演分が収録されている。
放送されたのは2002年10月で、ちょうど『TIME』を発表した時期だ。
読むと、この時はアルバムの話というよりも、曲作りについての話が中心だったみたい。
興味深い発言がひとつ。
僕自身、チャボの曲作りって、やはり詞が先にできて後から曲をつけて行く…と思っていた。
それが意外なことに、先に曲を作って後で言葉をのせていくのがほとんど…だそうだ。
へー、そーなのかー。

中島みゆきも2004年11月放送分が収録されている。
ここでの読み物は「うらみ・ます」の話だ。
あの曲は自嘲の歌として書いたんだけど、歌っているうちにチカラが入っちゃった…そうだ(笑)。

他には阿久悠に後藤由多加というミュージシャンじゃない人の話も面白かった。
あと、何故か帯には載っていないけれど、2004年4月の大滝詠一。
『はっぴいえんどBOX』が出たときらしいけれど、これは貴重なんじゃないかな。

甲斐よしひろは、彼のあの独特のギターの弾き方についての話。これが楽しい(笑)。
右用のギターをそのままサウスポーで弾くわけで、坂崎の表現を借りると、
" うわー、見てるとすごいイライラする(笑) " になるらしい(笑)。

一人当たりに割かれているページ数からして欲求不満にはなるけれど、
それでもこのシリーズは面白いです。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

およ

2冊めがでてるんですね!
1冊め、途中まで読んで置いておいたら、続きを読むの忘れてた^^;
持ち歩くにはちょっと重いんだけど、面白いですよね。
坂崎幸ちゃんは本当に色んな人と交友があって、すごいなあ。
早く続きも読んで2冊目も買おうっと。

nobuさん

> 1冊め、途中まで読んで置いておいたら、続きを読むの忘れてた^^;
おー、入手していましたか!

> 持ち歩くにはちょっと重いんだけど、面白いですよね。
確かに持ち歩き本じゃないですねー。私はしばらくベッド本でした(笑)。

今回の中島みゆきは面白いですよ。「裏見ます?」とか(笑)。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ