泣きのギター、仲井戸麗市

そんなに頻繁にチャボが取りあげられたりはしないのだが、
それでも、いざ掲載されたときには、
なかなか雑誌の特集などで満足できない僕も納得する記事が多いのが、ギター・マガジン誌。
そりゃぁインタヴューが短くて欲求不満になることはあるけれど、
その内容自体に不満を持った事は、ほとんど無い。
印象に残っている記事はいくつかあるけれど、
2005年の麗蘭が二人の出会い~1stセッションについて語っている記事には、
まるで短編小説を読んだような感動を受けてしまったこともある(下記参照)。

・今はすごくバンドがやりたいんだ
・Guitar magazine 2008 JUL. ホワイト・アルバムの光と影
・チャボを表紙に!
・ギター・マガジン 2005 DEC.

さて、そんなギター・マガジンが運営するwebサイトがある。
※ギター・マガジン・オンライン

楽器としてのギターや、ギタリストの機材やテクニックに興味が無い人は見ないだろうけれど、
ほとんどのコンテンツを僕は愛読している。
ひとつ紹介すると、例えば細川真平さんという方のコラム。
タイトルは 『GENTLY WEEPS ギターとアルバムを巡る物語』
取りあげられるネタが僕の好みというのもあるが、できるだけ簡素に、かつわかりやすく、
しかも短い文章で綴られるそのマニアックではあるけれどロックの基本とも言える内容は、
ギターに詳しくなくても楽しく読めるだろう。

さて、ここで紹介したいのは、
このギター・マガジン・オンラインで一昨年の11月から始まった「泣きのギター研究会」。

所謂、日本人好みでもあるだろう " 泣き " のギターについて語られるのだが、
これまでの海外の錚々たるギタリストの中で、
昨年末に、突然一人の日本人ギタリストが取りあげられた。
これが誰あろう、仲井戸麗市なのである。

  え? 
  泣きのギターでチャボ?

最初はこう思ったが、読み進むうちに、僕はうんうんと頷いていました。
なるほど、泣きは泣きでも…(笑)。
納得です。

ここでは 『絵』 に収録された「ホームタウン」と、
『THE仲井戸麗市BOOK』 収録の「ONE NITE BLUES」のソロが取り上げられています。
「ホームタウン」の終盤に出てくるギター・ソロについては、
" 曲の終盤になって現れるギター・ソロは異常 " と表現され、
" 最初に聴いたときは「なにこれデタラメ?」と思った " とありました(笑)。

思わず笑ってしまったが、「ONE NITE BLUES」と「ホームタウン」でのデタラメ・ソロ(笑)の違いを、
過去のチャボへのインタヴュー発言を交えて分析…なのかな(笑)…しているのが素晴らしい。
これはチャボ・ファン必読です。

※泣きのギター研究会
・【連載】泣きのギター研究会(9) 仲井戸麗市

ギター・マガジン・オンライン。
今後もチャボのファンはマメなチェックが必要かもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

へぇ~、

「泣きのギター」ですか。。
なんか演歌っぽい表現であんまり好きじゃないんですけど(笑)
中身はすごく面白そうですね 今夜にでもゆっくり読んでみます

ギターのことは正直よくわからなくて、
神が降りたくらいの演奏でもないと聞き過ごしちゃうことが多いん
ですが(なのになぜこんなにCHABOさん好きなんだ私は??笑)、
ONE NITE BLUESが「異常」ってのはうなずけます
それこそ憑かれたような感じで
ギターが泣いてる、っていうより、
聴いてるこっちが泣きたくなります(笑)

ayakoさん

> なんか演歌っぽい表現であんまり好きじゃないんですけど(笑)
何てこと言うんだー!(笑)。
ギターの基本ですよ、キ・ホ・ン(笑)。

> 神が降りたくらいの演奏でもないと聞き過ごしちゃうことが多いんですが
何てこと言うんだー!(笑)。
ギターちゃんと聴いてくださいね(笑)。

No title

これは唸らせますね。
チャボ的には子供が褒められたうれしさって感じでしょうか・・。
あんな風に「嬉しい」というチャボ。
それを読んでるだけで頬が緩みますね。

後半のソロで「全部塗りつぶす」ですか。
それは初耳でした。
本人による解説ってのはホント興味深いですね。

恭さん

> 本人による解説ってのはホント興味深いですね。
そうなんですよ。
アルバムや曲の解説は過去それなりに目にしたことがありますし、
自分のギターについての発言はあるのですが、プレイについてはそんなに多くないですよね。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ