毎日がX'masだった

世の中には名カップリングなシングル盤は数多くあるけれど、
クリスマスから年末にかけてのこの時期に限定すれば、
もうこれ以上のシングルは、僕にとっては存在しない。

CIMG7231.jpg CIMG7232.jpg

97年に麗蘭名義で発表された「SOUL X'mas」。
しかもカップリングは「Hello Good-bye」なのだから、
これは「Strawberry Fields Forever / Penny Lane」みたいじゃないか。

ということで、「Merry X'mas Baby」が名曲であることは間違いないけれども、
それでも僕にとっての仲井戸クリスマス・ナンバーはこちらである。

曲自体は、ちょっとマニアックなファンなら昔から知っている曲で、
RCサクセションのライヴ・ハウス時代でも、チャボがヴォーカルを取っていた。

そのメロディ、歌詞の素晴らしさは、曲を聴いた人なら、
僕がここで何かを書くまでも無くわかっているだろう。
聴いていると、歌われている情景が浮かぶ。

  毎日が X'masだった

そして、まるでポール・マッカートニーが作る曲のように、
このフレーズが何回も何回も、何度も何度もリフレインされる。
文句なしの名曲だと思う。

ただ、最近のチャボはこの曲をライヴで歌ってくれない。
僕自身、97年の年末、磔磔での麗蘭で聴いたきりかもしれない。
97年の磔磔はクリスマスを挟んだ3DAYSだったし、このシングルを発表した年でもあったから、
演奏されたのはまったくの自然だったのだけれど、泣けた。
今ではDVD 『麗蘭 91-02 轍』 でその一部を観ることができるが、これだけでも感動的だ。

今年の麗蘭、渋谷の夜にはこっそりとこの曲を期待して行ったのだけれど…。

別にクリスマスじゃなくてもいいんだ。
「ホワイト・クリスマス」をかけて、シャンペンとワインで乾杯すれば、
部屋の中はいつだってクリスマスなんだから。

チャボ、来年一発目のソロ・ライヴでは、是非この曲を歌ってくれ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

記憶が正しければ…

「ROCK馬鹿と知的ヒッピーを元気にするTOUR」の渋谷AXでも、やってくれたはずですよ
ひょっとしたら1~2年前後してるかもしれませんが、過去5年のどこかでやってくれたのは間違いないです(Blueさんがそのライブに行ってなければ別ですが、行ってないとは考えにくいですし、笑)
じゃないと私が知ってるはずないので…
Beatlesのことはよくわかりませんが(笑)、ライブで聴いて単純にものすごく素敵な曲だなぁと思ったので、私も毎年期待してるんですけどね~
特に今年はkyOnさんとMerry X'mas Babyだったから(あ、もちろんこの曲も好きなんですけど)、麗蘭ではSoul X'masなんじゃ…!と、なかば思い込んでたんですが…う~ん、予想はハズレてしまいました

私なんて、気に入れば真夏でもクリスマスアルバム聴いちゃいますから、年明けソロと言わず、いつでも大歓迎です♪(笑)

ayakoさん

> 「ROCK馬鹿と知的ヒッピーを元気にするTOUR」の渋谷AXでも、やってくれたはずですよ
ひぇー(笑)。本当だ、やってるー!

> Blueさんがそのライブに行ってなければ別ですが、行ってないとは考えにくいですし、笑)
行ってないんですよー。
私にとってはこのツアーのライヴが麗蘭の中ではベストだったのですが、
行ったのは磔磔だけなんです。だから観ていないんですよー(泣)。
何だか物凄いものを見逃してしまったような…くやしー。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ