RCサクセションと忌野清志郎、SHM-CD化

地味変によると、RCサクセションと清志郎のアルバムの一部がSHM-CDで発売されるようだ。
SHM-CDについては既にご存知の方も多いだろうけれど、
簡単に言えば、通常のCDのフォーマットで、より高音質を手に入れられる…というものかな。
地味変からも飛べますが、詳細はここで確認できます。

この唐突なニュース。
RCサクセションのオリジナル・アルバム高音質化は嬉しいけれど、ちょっとなぁ…。
だって、発売されるタイトルを見たら誰だってこう思うはずだよ。
" 先日の紙ジャケ化のときに、何でSHM-CDで出さなかったんだよー " って。
EMIミュージック・ジャパンとの兼ね合いだったのだろうが、それにしても…だよなぁ。
更に『入門編』と『完全復活祭 日本武道館 2枚組ライブアルバム』の二枚は、
いくらSHM-CDとは言え、このタイミングで再発する必要性があるのかも疑問だしね。

ただ、RCの『WONDERFUL DAYS 1970-80』があるのには驚きました。
『GREATFUL DAYS 1981-90』と合わせたこの二枚のベスト盤は、発売当時、
僕はオリジナル・アルバムとのあまりの音質の違いに驚いて、ちょっと調べたんだよね。

リマスターを担当したのはLEON ZERVOSという人。
クレジットによれば、彼はSterling Soundというところのエンジニアみたいなので、
そこからたどったらすぐに判明しました。なるほどなぁ…でした。
ただ、どういう経緯でここがRCのリマスターを手掛けたのかは不明だけど。

Sterling Soundとは何なのか、LEON ZERVOSとは何者なのか…は、サイトを確認してみてください。
日本語でも見ることができますので、わかりやすいと思います。
この『WONDERFUL DAYS 1970-80』は、是非SHM-CDで聴いてみたいなーと思っています。

そしてもうひとつ驚いたのは、2003年から2004年にかけて行われた『WANTED TOUR』のCD化。
詳細は不明だけれど、DVDのCD化なのかな?
もちろんDVDとは別にリマスターされると思うけれど、そのままのCD化ではなく、
未発表音源の発掘、またはDVDとは別テイクを収録するなどの工夫と一捻りをして欲しいもの。

     **********

ちなみにSHM-CDに興味がある人は、こんなものが発売されているのでオススメです。

CIMG7088.jpg CIMG7086.jpg
オムニバス,マリアンヌ・フェイスフル,ハウリン・ウルフ,マディ・ウォーターズ,トム・ウェイツ,KISS,フェアポート・コンヴェンション,ザ・ジャム,スモール・フェイセス,スペンサー・デイヴィス・グループ,エリック・バードン&ジ・アニマルズ(2008-09-03)
Amazonランキング:3323位
Amazonおすすめ度:


通常のCDとSHM-CDの二枚組で、音質が聴き分けられるというサンプラーです。定価1,000円。
ロック、ソウル、ブルースのほぼ定番曲が20曲収録されたオムニバスとして楽しむこともできます。
今、入手できるのはこのPART2ですが、もうすぐPART3も出るようです。
ジャズ、またはクラシックで聴き比べることができるものもありますよ。

ただ、SHM-CDと通常CDを聴き比べても劇的に音質の違いがわかるかどうか…は、
使用するオーディオや、聴く環境にもよるでしょう。
もちろんSHM-CDになる前の、元々のマスターによっても違いがあるはずです。
僕自身は高価で凄いオーディオを使っているわけではありませんし、聴く環境も普通の部屋です。
それでも、個人的に低音は結構いいなって感じます。
例えば、このサンプラー収録曲の中では、
聴きなれているキッスの「Deuce」、そしてジャムの「In The City」のベースは迫力を感じました。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

鍵コメントさま

どーもです(笑)。
えーと、聴き比べはですね、実際の音質云々よりも、もう個人的な思いだなー(笑)。
違うだろうと思えばそう聴こえる(笑)。

ただね、SHM-CDはともかくとして、例えばオーディオ専門店の試聴室で、
いいスピーカーで大きな音で聴かせてもらうと、明らかに違いがわかりますよ。
この場合、試聴用のCDをかけてもらうんではなくて、普段から聴いているCDを聴かせてもらうといいです。
スピーカーによって、こんなにも違うのかーと感動します。

ありゃ

また鍵コメントになってましたか…失礼しました(笑)

でも、なんでだろ…??

ayakoさん

何かの拍子に「管理者だけ宛」のチェックが入っちゃってるんじゃないでしょうかー?
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ