池畑潤二 50th ANNIVERSARY BIG BEAT CARNIVAL LIQUIDROOM 2008.10.26

池畑潤二50歳のBIRTHDAYを記念して、福岡と東京でEventが行われた。
福岡は大江慎也が出演したようだが、東京の出演者も、次のとおり凄いメンバーだ。

  花田裕之 / 井上富雄 / 渡辺圭一 / 石橋凌 / SION with Bun Matsuda / 浅井健一
  クハラカズユキ / ROCK'N'ROLL GYPSIES / チバユウスケ / HEATWAVE

僕のお目当てはROCK'N'ROLL GYPSIES と井上富雄、石橋凌。
そして生で観るのはブランキー・ジェット・シティ以来となる浅井健一だ。

開場時間が20分も遅れたのにはイラついたが、会場に入れば期待感でいっぱいだ。
いつもは苦痛でしかない待ち時間の一時間もあっという間だった。
開演は予定通り! さぁ、いよいよだ!

ステージ進行のMCはスマイリー原島が務めていた。
Opening ActはDee Dee Fever。
前座と言っても、ドラムは池畑なのである(笑)。
もちろん気を抜くことなく、力いっぱいのステージだった。
いい塩梅に会場が暖まったところで、まずは誰が出るのかな…と思っていたら、
次の出演が、いきなりROOSTERSのパートだった!

花田、井上、池畑にクハラカズユキが加わり、ツイン・ドラムのROOSTERSである。
しかも、一発目から「テキーラ」と「WIPE OUT」の連発だよ !?
どーすりゃいいんだよ(笑)。

暖まった会場が一気に沸騰したが、
更にこんなところに「イン・アンド・アウト」に乗ってチバユウスケが登場するんだからね(笑)。
会場の雰囲気は想像してもらえるかと思います。

チバのヴォーカルで何曲かのセッションとなったが、ROOSTERSは何を演ったっけ?
珍しく僕も冷静ではなくなっていたので忘れちゃいましたが、
確か「モナ」と「WE WANNA GET EVERYTHING」は演ったな…。
初期のライヴでは定番だった花田ヴォーカルの「SHE DOES IT RIGHT」も披露された。

そしてそして、チバのパートのラストが凄かったんだよ!
花田が弾いたイントロでまさか!…と思ったんだけど、チバがハープを吹き鳴らしたので確信した!
「セルナンバー8(第8病棟)」だー! カーッコイイ!

CIMG7078.jpg

終わった後に、原島が嬉しそうに " バトルロッカーズでしたねぇ " みたいなことを言っていた。
いやー、燃えたなー。

さて、チバユウスケROOSTERSでギンギンに盛り上がった後に、
原島に紹介されて出てきたのが、何と石橋凌だった。
どーすりゃいいんだよ(笑)。
まだ序盤だよ。このライヴはどんなことになっちゃうんだよー(笑)。

しかも、凌が歌った一発目には驚かされた。
まだまだROOSTERSのパートが続いていたのである!

いきなり演奏されたのは「恋をしようよ」だった!
凌がROOSTERSをバックに「恋をしようよ」を歌っているのだ。
続けてもROOSTERSナンバーで「LEATHER BOOTS」だよー。
凄いでしょ、これは(笑)。

更にこのメンバーで「ダディーズ・シューズ」が飛びだす…。
凌がROOSTERSをバックに「ダディーズ・シューズ」を歌っているのだ。
凄いでしょ、これは(笑)。

途中では凌が音頭をとり、会場全体で池畑に「ハッピー・バースデイ」を歌った。
これが無けりゃ、池畑の50THアニヴァーサリーのライヴだったことを忘れるところでした(笑)。

凌のパートの後半は、お馴染みのロックン・ロールをぶちかまし、「ルート66」で〆た。
うーん、いいなー。凌、本格的にロックしてくれよー。

     **********

お次はHEATWAVE。
名前はかなり昔から知っていたが、僕は初めて観るバンドだ。
アコギを手にしてのステージだったので、雰囲気がガラッと変る。
ROOSTERSの「ドゥー・ザ・ブギ」を演っていたが、アコギなので新鮮だった。

続いてはSION with Bun Matsuda。
出ずっぱりの池畑を休ませるために来た…と言っていたが、その通り二人だけで二曲ほど演奏。
後半は池畑、花田、井上が加わる。ステージ上は壮観。
ここで演奏された「俺の声」は感動的だった。

CIMG7077.jpg

この曲を演奏しているのを観て、僕は何故かザ・バンドのラスト・ワルツを連想したんだよ。
何だかとても感動的な演奏だったので、そんな雰囲気を感じてしまったのでしょう。

さて、浅井健一。
僕は観たことは無いのだが、この日の池畑を加えた3ピースはJUDEだったようだ。
ぶっきらぼうに現れてギターを背負いマイクの前に立つ。
おおっ!カッコイイぜ、ベンジー!
全然変っていない。立ち姿からしてロックだ。
演奏された曲は知らないのだが、十分に満足できました。
途中で花田が加わってのセッションがあったが、通して疾走感があるライヴだった。
ツボをおさえたギター・プレイは健在。ギタリストとしても最高だ。

     **********

いよいよROCK'N'ROLL GYPSIES。本日のトリである。
演奏は気合いが入っていたと思う。さすが池畑のメイン・バンドである。良かったぜー。

しかも、今回は個人的に嬉しいシーンがあったのです。
演奏中に花田が下山に二度ほど、何かを囁いた…と言う場面があったのだ。
他のバンドなら良くあることだし、普通に考えても何てこと無いんだけどさ。
あの二人のこんなシーンを僕は観たことが無いので(笑)、嬉しかったのだ。
更に、ROOSTERSの「SITTING ON THE FENCE」が演奏されたのだが、
例のイントロを花田と下山が向かい合って始めるという、これまた痺れるシーンを観ることができた。
GYPSIES、最高でした。

あ、そうそう下山がね、軽く化粧…というかメイクしていたのかなぁ。何か色気がありました。
『KAMINARI』辺りのROOSTERZ時代を彷彿させる感じだったな。

     **********

アンコールはとんでもなかったです。
全出演者がステージ上に並んでの「ロージー」だもん(笑)。
しかもギタリストはもちろん、ベースもキーボードもドラムも、
原島が紹介する順番で、それぞれ全員がソロをとっているしさ(笑)。
更に凄かったのが、花田と凌が、そして下山とベンジーが、
それぞれ並んで「ロージー」をハモったことだ。二度と観られないんじゃないか、これ(笑)。

     **********

あまりアタマの中が整理できていないんだけど、こんな感じの凄いライヴでした。
4時間も叩きっぱなしだった池畑さん、お疲れ様でした。
その音楽的キャパシティの広さも含めて、あらためて凄いドラマーだと思いました。

ところで池畑の重要な仕事のひとつに、今回出演しなかったが、山下久美子がある。
もちろん布袋とのセッションだ。
あの二人がここに出たら凄かっただろうが、出てもおかしくなかっただろう。
出演には色々と難しいことがあるのだろうが、観てみたかったなぁ…と思う。

     **********

音楽があれば、こんなにも素敵な時間が過ごせるんだね。
ステージの皆は本当に楽しそうだったし、本当に楽しかったと思う。
もちろんそれを観ているお客さんも楽しそうだったし、楽しかったと思う。

僕は楽しかった。5時間立ちっぱなしでもね(笑)。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

池畑さん

私はHEATWAVEで池畑さんを知ったんですが
ライブで初めて見たときは衝撃でした すごいドラマーだと。
逆にルースターズは未聴だったりします HEATWAVEもおすすめです。

弦さん

>HEATWAVEもおすすめです
公式サイトのDIARYを見ましたが、このライヴについていいこと書いていました。
機会があったら音楽も聴いてみますね。

スゴイ!

妄想好きの俺が、良く夢想してることが現実になっちゃったようなスゴイライヴですね!
しかし、最近はこういう昔じゃ考えられなかったようなコトが結構ありますよね。
ミチロウの「ロマンチスト」のリメイクのバックにマリやキースがいたり・・・。
いろんなことが起きますね~。

LA MOSCA さん

>最近はこういう昔じゃ考えられなかったようなコトが結構ありますよね。
やっぱり音楽って素晴らしいんですよ。
音楽が素晴らしいから、何かが起こるんだと思います。

ライヴを観ていて思ったのですが、例えば凌と一郎は一緒にARBをできるじゃん…と思いました。
理由はわからないんですが、このライヴを観たら、そんな確信が持てました。
RCサクセションも、ストリート・スライダーズもできますよ、きっと。
今、そんなことを思っています。

私はCSでこのライブ観ました。
チバの「セルナンバー8」良かったですよね!ハープ吹ける男子は、萌えます(笑)。
「ロージー」は、もう何も言うことなし!カッコ良かったですよね~でもやっぱり大江さんの「ロージー」が聴きたい。 あのイントロを聴くと、今でも、激しい焦燥感のようなものに駆られ、なぜか泣き叫びたくなります。
Blueさん

ナムロアミエさん

> チバの「セルナンバー8」良かったですよね!
これはカッコ良かった!
イントロでこの曲とわかった瞬間の興奮は、未だに忘れられません。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ