坂崎幸之助とJ-POP Friends 1

この本は、アルフィーの坂崎幸之助がDJをやっているラジオなのかな、
FM NACK5の『K's Transmission』という番組にゲスト出演した人たちとのトークを編集したもの。
これだけならば興味は持っても手に入れることは無いのだけれど、本の帯を見たら…。

CIMG7069.jpg 

J-POPを創り続けている…という括りには納得できないところもあるが、
仲井戸麗市と忌野清志郎の名前がそこにあるからには放っとくわけにはいかない。
しかも39人の中には、この二人以外にも好きな人の名前がいくつか並んでいる。
更に坂崎と言えばフォークのマニアで有名だから、
その対談…というかトークはそれなりに面白そうだということで入手した。


坂崎幸之助
Amazonランキング:944位
Amazonおすすめ度:


はたして、その予感は当たることとなり、先週の持ち歩き本となった。
これは面白かったです。

チャボは1998年4月17日と、2000年2月4日と、二回の出演分が、
そして清志郎は1998年9月25日と、1999年7月23日の、同じく二回分が収録されている。
しかも、チャボがこのコーナーの記念すべき初ゲストだったらしい。
特筆すべきエピソードは無かったけれど、
実際の番組では、坂崎とゲストの生弾き語りというのも頻繁にあったようで、
書かれていることからそんなのを想像するのも楽しかった。
清志郎がゲストのときは、「この世は金さ」と陽水の「待ちぼうけ」を二人でやっている。
ちなみに、その井上陽水がゲストのときは、
何とビートルズの「Because」「Nowhere Man」「This Boy」を生でやっているのだー!
これ、聴きたい!

さて、チャボと清志郎以外では、やはり中島みゆき。2000年11月24日放送分だ。
夜会『ウィンター・ガーデン』の時期なので、夜会の話が中心になっているが、
アルフィーが研ナオコのバックをやっていたときに、
中島みゆきの曲をよく弾いていたこと…からの話の流れは面白かった。

後は、こういった機会でなければ読めないし、読むことも無いような人が面白かった。
例えば、南こうせつ、さだまさし、谷村新司、財津和夫、小田和正なんか。
当たり前だけど自分達の音楽の話をするわけなので、とても興味深いし新鮮だった。
もちろんかぐや姫にアリスやチューリップ、オフコースは聴いていたので、余計にそう思った。
Charなんかも、坂崎が相手なので読みなれたインタヴューとは違っているし、
それは泉谷やポンタも似たような感じになっている。

意外と良かったのが、あのねのねと所ジョージ(笑)。
特に所ジョージは三回分が収録されているのだが、
名言だと思う発言がいくつかあったりして、ちょっと感動してしまった。
そうそう、小室哲也があのねのねのバックバンドをやったという話は知らなかった(笑)。

この本は第二弾、第三弾と続いて出るようだが、そこではどんなゲストとのトークがあるのかな?

p.s.
坂崎本には、もう一冊似たようなものがあります。
こちらも気軽に読める楽しい本なので、オススメです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

オレも買ってみよう

おお! こんな本が出てるんですね

通称Kトラ。

たまに仕事中聴いてます

他にもJFN系列で”坂崎さんの番組という番組”
なんていうのもやってますね。

ずっと アルフィー なめてましたけど
(ファンの方 ごめんなさい)
坂崎氏の番組中での語りとか生ギター演奏聴いて
考え改めました(反省)

売れないころ ずっと所さんのバックでやったりしてたんすよね。

KENBOさん

>ずっと アルフィー なめてましたけど(ファンの方 ごめんなさい)
>坂崎氏の番組中での語りとか生ギター演奏聴いて考え改めました(反省)
いや、ホントに坂崎は凄いですよね。
私も何度かトーク番組に出ているのを観たことがありますが、
必ずギターを持っていて、トークのあいだにも次から次へと曲を弾くんですよね。
" 昔はしょっちゅうレコードを聴きながら、それに合わせてギターを弾いていたので、
レコードに収録されている順番に弾いて歌える… " みたいなことを、確か言っていたと思います。
彼を天才ギタリストって評価していたのは研ナオコだったかな?

ふむふむ

本屋さんいったらチェックしてみなくっちゃ。
その頃ラジオはあまり聞いてなかったなぁ。
トーク&弾き語り聴いてみたいですねえ。
(今の家はラジオほとんど入らなくてますます聞いてないけど・・)
坂崎こうちゃんはほんとに器用ですごいですよね。
学生時代からいろんな人の曲のコピーやってて。
アルフィーが売れない頃は、自分達の曲をやるより、その日の対バンのコピーをやって超うけてたりしたみたい。
ライブや、オールナイトニッポンとかでも、昔やったコピーを披露してくれてましたよ。ムチャクチャうまかった。

nobuさん

>その頃ラジオはあまり聞いてなかったなぁ。
私もチャボと清志郎が出ているのに、当時は聴いていません…。
この番組のことも知らなかったと思います。

>坂崎こうちゃんはほんとに器用ですごいですよね。
や、器用だしギターも上手いけれど、その記憶力というか、曲を憶えていることに驚かされます。
しかも、その場ですぐに歌って弾けるわけで…。曲を作った本人より詳しいんですから(笑)。
まぁ、どんな世界でもファンのほうが詳しいんですけれどねぇ。
それに、坂崎の場合「本当に好きなんだ!」ってことが伝わってくるから感動します。

私が観た番組では、ビートルズを演ってたな。
この曲の次はこれ…みたいに、レコードに入っている順番にどんどん弾くの(笑)。
凄かった。

これ・・・

ラジオじゃなくてテレビじゃないかなぁ~?

・・・YouTubeで石川大先生(鷹彦)とコウノトリ(坂崎)がセッションしてるの観たことあるョ~

で、キヨシのもYouTubeにある。。
初期のRCは完璧覚えてるって豪語するだけあって・・・
コウノトリのギターとコーラスはキヨシと見事にマッチしてた。
キヨシがコード進行をコウノトリに聞いてたくらい(≧∀≦*)
今・・・携帯からなのでなーんにも詳細調べられないので、また時間ある時に調べてみよ~っとw

あヽ・・・・

今、帰宅して確認してみましたが・・・

この本とアタシが言ったYouTubeにUpされてるコウノトリと清志のは別物だとゆうことが分かりました。
どうもごめんなさぃ。
坂崎幸之助のフォーク大全集って番組だったみたいです。
でも、この番組の中で(Upされてる限りでは)コウノトリと清志郎が歌ってるんですョね~。楽しそうに。
もっと・・・こんなお宝番組無いかな~。

なんて・・・話が反れました。
アコギが無償に弾きたくなりました。

桃未さん

> この番組の中で(Upされてる限りでは)コウノトリと清志郎が歌ってるんですョね~。楽しそうに。
清志郎、アルフィーは嫌いだったようですが、
坂崎幸之助と絡むのは、きっと面白かったと思うんですよね。
ただ、絡むと言っても一緒に曲を作るというよりもトークやちょっとしたセッションで…ですが(笑)。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ