すべて時代のせいにして / 泉谷しげる -2008-

これは傑作でしょう。


良くも悪くもLOSER時代の泉谷はハード・ロックだったと思う。
音の隙間がほとんど無いという程の『SELF COVERS』を聴けばわかると思うが、
ハードなギターとヘヴィなリズムがあれだけぶちかまされていたのだから。
そんなLOSERのサウンドは、チャボが抜けてギターが下山淳と藤沼伸一になっても不動だった。
ギタリストが変ったくらいでどうにかなるようなバンドじゃなかったのだ。
もちろん僕はその音が大好きだったけれど、元々僕が泉谷を好きになって聴いていたのは、
『'80のバラッド』『都会のランナー』『オールナイトライヴ』のワーナー時代の三枚。
ここで聴ける音はLOSERのそれとは正反対だ。
それでも実にロックだったし、その思いはこれらのレコードを今聴いても変らない。

先日の60×60のライヴ。
バンドで新曲を演奏している時に感じたのは、実に歌とバックのバランスが良いなぁということ。
ギターもドラムもベースもピアノも、そしてサックスも、すべてが良い加減で鳴っていたのだ。
その間から聴こえる泉谷のヴォーカルがとても気持ち良かったのである。
あぁ、'80のバラッドや都会のランナーあたりもこんな風だったのかもしれないなぁ…なんて思ったりした。

ライヴで聴いた新曲達がとても良かったので、新譜は本当に楽しみだった。
CDをトレイにセットし、プレイ・ボタンを押す。
できるだけ大きな音で聴きたかったので、まずはヘッドホンで鳴らした。

もう一度言うけれど、これは傑作でしょう。

ここには、今の泉谷のロックを鳴らすためにはどんな音を出せばよいのか…の答えがある。
無駄な音は無く、それぞれの楽器が実にロックなフレーズを奏でて自己主張はしているが、
決して歌の邪魔にはならない。
何よりも泉谷がとても気持ち良さそうに、そして楽しそうに歌っているように聴こえるのがその証拠。

収録された楽曲も粒揃いだ。
あの声とヴォーカル・スタイルのおかげで、そんなに目立っていないと思うのだけれど、
昔からとてもキレイないいメロディを書く人である。
そんなソングライターとしての泉谷が爆発している。
泉谷らしいユーモアもあるし、すべてがポップで、ロックだ。

ライヴの一部、新曲パートのラストで演奏された、やたらとカッコ良かった曲は「逃亡者」という。
今時こんなタイトルを(笑)…と感じたりもするけれど、
イントロのリフからサックスとギターでユニゾンでキメるフレーズ。それに絡むピアノ。
ここで既にKOされました(笑)。そうそう、このイントロは少しだけRCサクセションっぽいなって感じたよ。
ここに出てくる泉谷の切れ味抜群のヴォーカルがまたカッコイイんだ(笑)。
マイナーなメロディも効いている。本当にカッコイイ曲だよ、これ。
ライヴでもう一度聴きたいな。

ボーナス・トラックには「春夏秋冬」の2008年ヴァージョンが入っている。
さすがにいいかげんにしろって思ったりするよ(笑)。
だって、僕が持っている、この曲が収録された泉谷のレコードの、
もしかしたらすべてで違うヴァージョンかもしれない…って、そのくらい多いんだもん。
いったいいくつのヴァージョンが存在するんだろ(笑)。

この新作は通常盤の他に、2008年5月に行われた還暦ライヴの全曲を収録したDVDとの二枚組、
豪華プレミアム盤も同時に発売されている。
値段は多少張るけれど、当然DVD付きをお薦めします。

最近はこればっかりだけれど、本当に12日が楽しみだなー。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

うんうん、僕、自分のレビューでは書ききれなかったけど、確かにこのアルバムでは泉谷さんらしいユーモアも感じられますよね。ハードなんだけど楽しんでやってるのも感じられるし、いぶし銀のロックだなあ~って思います。
「春夏秋冬」、確かにしつこいっすね(苦笑)。でも、僕なんかもう完全に開き直っちゃってて、今後出るアルバム全部にぶち込んじゃえ!なんて思ってます(笑)。

Y.HAGA さん

>確かにこのアルバムでは泉谷さんらしいユーモア
そうなんです。
シリアスな曲のみじゃなく、ユーモアが感じられるからこそ傑作となった…と思うんです。

>「春夏秋冬」、確かにしつこいっすね(苦笑)。
いいかげんにしろって、本当に思いますよ(笑)。
でも、ライヴでも話していましたが、一生歌っていく曲なんでしょう。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ