沢田研二 LIVE 2008 還暦だぞ !! ROCK'N ROOL MARCH 神奈川県民ホール 2008.9.27

まずは次のセット・リストを見てください。
  
  カサブランカ・ダンディ(79)
  勝手にしやがれ(77)
  あなたに今夜はワインをふりかけ((78)
  時の過ぎゆくままに(75)
  ヤマトより愛をこめて(78)
  君をのせて(71)
  追 憶(74)
  あなたへの愛(72)
  気になるお前(73)

これは本編ではありません。何とアンコールのメニューなのです。
しかも、実に9曲も演奏されたのです!
バンドもジュリーも一度も引っ込まず、立て続けにこれら70年代の代表曲が演奏されます。
僕にとっては、まさにど真ん中ストライクの選曲でした。

     **********

バック・バンドのギターを下山淳が務めていることもあり、
ライヴに行ってみたいと思ってはいましたが、それが実現したのが昨年の8月
今年も行く機会を伺っていましたが、ツアーが始まってもスケジュールが合わず、
東京公演は結局行けずに終わりました…。
よって、およそ一年ぶりのこの日となってしまいましたが、
まさかこんなライヴを観ることができるなんて思ってもいませんでしたよ。

Image0809271.jpg Image0809272.jpg

ジュリーもMCしていましたが、還暦を記念してといったことがあるからでしょう、
新作の『ROCK'N ROLL MARCH』からは全曲演奏したようですが、
そのあいだに往年の代表曲をこれでもかー!と挟みこむメニューでした。

アンコールはご覧のとおりの物凄い展開でしたが、
本編でも、油断していると「サムライ」や「憎みきれないろくでなし」に「TOKIO」。
「ス・ト・リ・ッ・パ・-」に「危険なふたり」「おまえにチェックイン」なんかが飛び出します。

それにしても、これら70~80年代の曲のパワーと普遍性!
本当にとんでもないです。凄いです。

後半は興奮と感動の連続でしたが、それでも、二回目の体験なので、
前回よりも冷静にステージ上を観ることができました。

まずは下山淳。
もちろんROOSTERZやROCK'N'ROLL GYPSIESのようなギターを聴くことはできませんが、
「憎みきれないろくでない」のバッキング・プレイでの姿はカッコ良かったです。
「TOKIO」のエンディングでは、一瞬ですがROOSTERZを彷彿させるようなプレイも確認できました。
「時の過ぎゆくままに」のアコギはバッチリ!
いい音していました。

ジュリーはと言えば、去年のライヴで観たとおりです。
ヴォーカルも動きも60歳とは思えません。
そりゃ全盛期と比べれば、その体型(笑)も含めて…ですが、それでも全然オッケーでしょう。

ステージでのMCは自虐的な話も多く、
特にアンコールでの演奏前のMCは実に30分以上という長時間で笑いもとっていましたが、
GS、タイガースから今日までの歌手生活の長い歴史も感じさせるものでもありました。

僕自身のジュリーと言えば、70年代半ば~80年代前半です。
特にファンでなくても、この時期のシングルなら、知らない曲はひとつも無いはずです。
そんなヒット曲がバンバン目の前で歌われるのです。
これで盛り上がらないはずはありません。

     **********

本編の所々で演奏された代表曲を聴いている途中から、それが何だかわかりませんが、
身体の奥から何かが盛り上がってくるような感じがしていました。
正確には「サムライ」を聴いたときから、もぞもぞとしたものが込み上げてきたのですが、
それはアンコールで爆発することになります。

「勝手にしやがれ」が演奏されたときです。
何に反応したのかわかりませんが、涙がばーっと出てきちゃいまして(笑)。
これは以前、ポール・マッカートニーを観た時とまるで同じです。
泣けて泣けて仕方がありませんでした。何だったんだろう?

音楽と言うものは素晴らしく、それを聴いていた当時の空気や景色を一瞬にして蘇らせます。
個人的な思い入れがある曲ならば尚更です。
でも、僕は「勝手にしやがれ」にそういったものはありません。
大好きな曲ではありますが、個人的な思い出が絡んでいることはありません。
うーん…。
もしかしたら77年という時代が関係しているのかもしれないなぁ…なんてことを思いますが…。

今後も何かの曲を聴いて同じような状態になることはあるかもしれません。
今の時点で答えは出せそうもありませんが、いつかは、それが何なのかを知りたいと思います。

秋らしい横浜の一日。
今日は素敵な時間を過ごすことができました。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジュリーとラジオとネオ・ロカビリ-

ああ ジュリー 伯母がジュリーのファンだった 家で縫製業を営んでいた伯母 ラジオからはジュリー ジュリーが流れるラジオ 大人の音楽 お酒が飲める人の音楽 ミシンを踏む伯母の後ろ姿 と ジュリー 疲れたよ 肩がこるよ と言って ソファーで一休み

コメントの投稿

非公開コメント

通りすがりのジュリーファンです

Blog検索でおじゃまいたします。

Blueさんのログを拝読させていただき、
同じ空間、同じ時間を共有していたことが嬉しく、
また、感動再びで、胸が熱くなってしまいました。
ファンといっても、同ツアー中のリピートはあまり出来ないのですが、
神奈川県民ホールは、大好きな場所です♪

心から清志郎さんの完治、再度の復活を祈念しています。
LP「シングルマン」は擦り切れるほど聴きました。
スルーバラード大好きです、いつ聴いても、切なくて泣けます!

No title

元気~?・・って聞くまでもなく元気そう・・で
相変わらず充実してるね!
たくさんライブ行って。

アンコールの曲凄い!
ジュリーは子ども心にも「セクシーな人だな」って思っていた。
当時「セクシー」なんて言葉は知らなかったと思うけど。

最近知り合った人とゆっくり話す機会があったんだけど、
意外と趣味が似てて
(旅行が好きだったり家具やインテリアが好きだったり高級ホテルが好きだったり)
音楽は?と聞いたら「神様はキヨシロウなんだ~」と言ったのでびっくりした~。
Blueさんと同じくらいの年の女性だよ。
今度このブログのアドレスを教えてあげようと思う。

それではまた~。

おはようございます。

お久しぶりです。
神奈川県民のお話ありがとうございました。
こちらまでv-409です。

Blueさんは 今回のツアー行かれなかったのかしら? 
と時々思いながら 例年にないツアーの数(京セラ 東京ドーム含めて40本)に
6月25日 ツアースタート, バースディライブ 初渋公に始まり
何度も足を運んでしまい、今も進行中です。


32曲3時間のステージは凄いものがあり
8月の始めあの熱い九州で 5日で4ステージ
私は3ステージしか参加できませんでしたが、ヘロヘロでした。
会館が古く、ステージが狭く、照明も全部セッティングできない会場でも
中央と変わらないステージを繰り広げ
地元のおじさま、おばさまをグイグイと引き付けるジュリーには本当に圧倒されました。

こちらでは、「ちょっと 沢田研二が来たなら、見に行こうかね。」
そんな方々が  バンド演奏の後衣装替えで出てきて歌う
アダモの♪ヘイ・ジュテーム に呆然と見つめている姿が今も目に焼きついてます。

先日NHK SONGS 2週に渡り放送されましたが ご覧になりましたか?
再放送もありますので よろしかったら是非。
part1には 白井良明さん  Part2 には 加瀬邦彦さんの演奏
 サリータローのトークもあります。 

   沢田研二 Part1
  9月30日(火) 総合 PM3:15~

   沢田研二 Part2
  10月 1日(水) BS2 AM8:30~
  10月 4日(土) 総合 AM3:40~ (金曜深夜 )
  10月 7日(火) 総合 PM3:15~


時々お邪魔してましたが、久しぶりなのに 長々失礼しまいた。

たままん さん

コメントありがとうございます。

私自身、去年までライヴに行ったことがなく、とてもファンですとは大きな声で言えないので(笑)、
こうしてファンの方からコメントを頂けるなんて感激です。
実に30曲以上という物凄いライヴ!いやぁ堪能させて頂きました。

>LP「シングルマン」は擦り切れるほど聴きました。
おー、そうですか!
ジュリーと清志郎の関係って、そんなに遠くないと思うので、再びの共演を聴きたいものです。

さらみさん

>アンコールの曲凄い!
私の両隣の席は、古くからの女性ファンだった(と思う)のですが、
そのファンさえもびっくりしていましたよ。「何曲やってくれるんだろう」って言ってました。

>ジュリーは子ども心にも「セクシーな人だな」って思っていた。
そういったことを、ジュリー自身もMCで話していましたよ。
本文に書いたように自虐的な笑い話にしていましたが、
そんなとこも含めて、実にエンターテイナーだなぁと思います。

ジュリーマニアさん

お久しぶりです。コメントありがとうございます。
今回のツアーは東京で何本も予定が組まれていたのですが、どうしても行けなくて…。

>32曲3時間のステージは凄いものがあり
「今回はいつもより多めに歌います」と言っていましたけれど、ここまでとは思いませんでした。

>アダモの♪ヘイ・ジュテーム に呆然と見つめている姿が今も目に焼きついてます
この曲は私さえグッときたので、昔からのファンはどうなっちゃうんでしょう?

SONGSは録画に失敗したので、再放送をチェックします。
ライヴでも「皆さんTVはご覧になったのでしょうか?」と聞かれたのですが、
観ていなかったので悔しい思いをしました(笑)。

あ、本編ラストに演奏された「ROCK'N ROLL MARCH」がやたらとカッコ良かったです。

ジュリ~!

このアンコールのメニュー、生聴きしたら俺も泣いちゃいますね。
これは反則でしょう。
「勝手にしやがれ」に対するBlueさんのリアクション、何かわかります。
確かに77年ってのがデカいかもしれませんね。

ラ・モスカさん

>「勝手にしやがれ」に対するBlueさんのリアクション
いやぁ、泣けましたねぇ(笑)。
曲に感動しているんだとは思うのですが、身体が反応しちゃったんですよね。
実は今日もジュリーを聴いていたのですが、やはり「勝手にしやがれ」でジーンとしてしまいました。
77年…というか76年から80年あたりまでは、ジャンルにとらわれずに必死でレコードを聴いていた時期。
そんな当時の自分が蘇っちゃったんだと今では思っています。

「ジュリー」と言ってみる

ジュリー全盛期、幼かった僕はその名前を口にするのが恥ずかしかったのです

「ジュリー・・・」

何か言ってはいけないものを口ずさむようでした・・・

なんなのでしょう? あの感じ・・・ それを伝える適格な言葉が浮かばない 

実は それが今でも少しあるんです

「ジュリー・・・」と声にしてみます

ああ

やっぱり あの感じです

湯侍さん

>ジュリー全盛期、幼かった僕はその名前を口にするのが恥ずかしかったのです
私の周りでは嫌いな人はいなかったと思います。
男もあの当時のジュリーは大好きでしたよ。
本当にカッコ良かったですし。
しかも、そのスタイルだけでなく、曲も良かったですからね。
ですから、私は恥ずかしいなんて思ったことないなぁ(笑)。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ