Definitive Collection Of Mini-LP Replica CDs / LED ZEPPELIN -2008-

おそらく先週はこのアイテムを取り上げたロック好きのブログが、さぞ多かっただろうと思います。


レッド・ツェッペリン(2008-09-10)
Amazonランキング:306位
Amazonおすすめ度:


はるか昔、ジミー・ペイジになりたかった僕としては(笑)、多少の迷いはあっても、
そんなものは入手する前提での迷いなので(笑)、もちろん手に入れました。

まずは、そのモノとしての凄さに圧倒されます。
ボックス自体は大きくは無いのですが、
開封して引き出した瞬間に飛び込んでくる紙ジャケットの背を見ただけで感激です。
そして実際に紙ジャケを出して並べてみると、更に感激です。

CIMG6922.jpg CIMG6923.jpg CIMG6926.jpg

今回は英オリジナル・アナログ盤のジャケット仕様に、
日本での初発売元であるレコード会社の帯を付けたカタチでの復刻です。
よって1stがターコイズ・ブルー・ロゴになっているのは嬉しい点ですし、
ジャケットによってはコーティング仕様になっていますし、
内袋(穴あき・外耳・無地)までも丁寧に復刻されています。
当然、3rdや『フィジカル・グラフィティ』『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』の特殊ジャケットはもちろん、
表面のエンボス加工や横帯、ブックレットなんかもバッチリです。
ディスクのレーベル面も初期の4枚はアトランティックのレッド/マルーン。
日本盤には欠かせない帯ですが、もちろん初期は日本グラモフォン仕様。

こういった音以外のことに興味が無い人にはまったくわからないことだと思いますし、
こんなことを書いていてお前は楽しいのか…とも思われるかもしれませんが、
楽しいと答えるしか無い(ここは松村雄策さん風)ですね(笑)。

さて、オリジナル・アルバムの他にも1stのオレンジ・インク・ジャケットと、
『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』のデフ・ジャケットが5枚付いています。

CIMG6925.jpg CIMG6928.jpg

肝心の音は、94年のリマスターが使用されているようです。
これはファンによっては色々と意見があるかと思いますが、
SHM-CDということもあり、個人的には、まぁ満足しています。

とにかく音、パッケージすべてにこだわった、
まさにツェッペリン・ファン、ロック・ファンには宝物とも言えるアイテムではないでしょうか。

これを機会に、週末に1stから通して順番にアルバムを聴きました。
内容をここに書き記すまでもなく、あらためてその音楽の圧倒的な素晴らしさにも感動です。

思えば、ツェッペリンは昔から大好きですが、
そのオリジナル・アルバム(※)をすべて揃えていたことが今まで一度も無かったことに気付きました。
※編集盤や『永遠の詩』以外のライヴ盤を除いた10枚と定義
このボックスにより、やっとそれが叶ったことになります。
そんな意味でも、やはりこれは僕にとって家宝的なアイテムです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ