ゴールド・ラッシュのあとで / 天辰保文

音楽評論化の天辰保文さんが過去に発表したコラム、CDのライナーや評論文などをまとめた本。


天辰さんは、その名前だけは知っていたが、特に記事やライナーを多く読んだという記憶は無い。
僕が意識するようになったのは、チャボのBOX『works』のライナーを渋谷陽一と共に書いていたからだ。
いい文章だった。

  きみは、自分が思っているのとは比べものにならないほど、
  ぼくらに、たくさんのなにかをくれているんだよ

とりわけ、最後のこの部分には共感したものだ。

さて、書店でこの本を手にし、目次を確認する。
取り上げられているものを見ると、見事に僕の趣味から外れており…というか、
これまで僕が聴いてこなかったアーティストやバンドが多かったので、入手を一瞬だけ迷った。
もちろん名前だけで言えば誰もが知っている人ばかりではあるが、それと実際に聴くことは別だ。
ただ、やはり仲井戸麗市との対談が収められていることには勝てず…(笑)。

こういった単行本に収録される対談というのは、得てして欲求不満気味になることが多い。
理由は話されている内容云々よりも、どうしても付録のような感じがしてしまう、その短さだ。
ここでは一応、第二章すべてがチャボとの対談に割かれているが、やはり短い…と思った。
少なくともこの倍のヴォリュームは欲しかったところだ。
とは言っても、お馴染みビートルズの話からロックへのこだわりと社会、年齢との関わりなど、
なかなか読み応えのある内容かと思う。
しかし、昔からそうだが、チャボの音楽だけでなく、こういった発言からも本当に力をもらえるな。
チャボがいなかったら、今の自分はどうなっていたのだろう。

本編については、自分が知らない分野が多いこともあり、何かを探すような気分で読んでみたい。
しばらくカバンの中に入れて持ち歩くことになりそうだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ