今はすごくバンドがやりたいんだ

6月から南青山MANDALAで行われているmonthly CHABOとタイトルされたライヴ。
6月、そして7月の二回とも観て強烈に感じているのは、
たくさんの新曲が披露されていることによる、チャボの音楽活動の、次なる展開への期待だ。
僕自身はアルバムが生まれる予感を感じているのだが、それは決して間違いでは無さそうである。


ギター・マガジン編集部
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:


ギター・マガジン8月号に、ミニ・アルバム『Poetry』に関するインタヴューが掲載されている。
もちろん時期的にアルバムのプロモーションもあるだろう。
でも、僕がこのインタヴューを読んで思ったのは、チャボはもう既に次に行っている…ということだ。

チャボの発言の一部を引用しながら進めてみます。

     **********

インタヴューの前半は『Poetry』収録曲の解説。
CDのライナーにも簡単なコメントが書かれてあったので、内容は重なる部分もある。
ただ、さすがにギター・マガジン。
ナイロン弦のチェット・アトキンスの音について触れている。

  本当のアコースティックではないけど、
  俺の中ではゆるされる範囲のアコギのトーン

こうハッキリと言葉にしてくれると、同じギターを手に入れた僕としても嬉しい。
これで、今後も自信を持って弾くことができるな(笑)。

さて、インタヴューは中盤からガラッと様相が変る。
おそらく、『Poetry』はチャボのターニング・ポイントになるだろう。
次の発言で、それはわかってもらえると思う。

  今はすごくバンド指向
  すごくバンドがやりたい

  自分の内省的な部分を形に残すことによって、
  次に勢いよく行けるんじゃないかと思って

イェーイ!
チャボ、待ってたぜ!遂にバンドだぜ~!

  楽曲ができてから動き出すから
  今は少しずつ曲を貯めているところ

ライヴでの多くの新曲は、やはり理由があったのだ。
バンドで動きたい…なんていうチャボの発言を聞くのはいつ以来だろう。
麗蘭、CHABO BAND、それとも…。
ライヴが先か、レコーディングに突入するのか…。
あぁ、期待が高まるなぁ!

     **********

ところで、もちろんこのインタヴューは6月中に行われたはずだ。
よって、この時点では、あのニュースは影も形も無い。

  ミュージシャンとしてよりも、友人としての想いが先にあった
  がんばってステージに上がれるまでになって ~中略~
  清志郎のうしろでギターを弾くことができたのは特別な想いだった

バンド指向になっているチャボが加わったNICE MIDDLEをバックに、
この夏に予定されていたいくつかの野外フェス~日比谷野音で聴けるはずだった、
そして観るはずだった清志郎のステージ。
ちょっとだけ先に伸びてしまったけれど、実現していたら、きっともの凄い演奏だったことだろう。

  言葉にしきれないたくさんの思いがある
  清志郎だけに感じる特別なものって俺にはあるから  

ねぇねぇ、チャボ。
この言葉は、僕がチャボと清志郎に対して感じること、そのままだよ。

清志郎とチャボが同じステージに立つということ…。
二人に対して、言葉にしきれないたくさんの思いがあるし、
清志郎とチャボだけに感じる特別なものって僕にはあるから。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

再起動

年末までには師匠の体が回復してくれるといいですね。そして、12・24には何処かでLiveをやってくれたら・・・。

イェーイ!

チャボのバンド指向、嬉しい発言ですね。
スゲエ楽しみ。

>言葉にしきれないたくさんの思いがある
  清志郎だけに感じる特別なものって俺にはあるから 
 
>この言葉は、僕がチャボと清志郎に対して感じること、そのままだよ。

Blueさん、コレ、RCが好きでずっと清志郎とチャボを追いかけてきた人の
ほとんどが同じ想いをもってると思います!

いつか来るふたりの次の共演は、“どんな特別なもの”を感じさせてくれるのか
今から楽しみです・・・。

maruhiroya さん

チャボも言うように、ゆっくりと…です。

ラ・モスカさん

>チャボのバンド指向、嬉しい発言ですね。
本当に私はずーっと待っていたんですよ。
最近は…と言ってもずいぶん前ですが、CHABO BANDをEventで観たくらいですからね。
去年の麗蘭も二人だけでしたし。とにかくドカーンとぶちかまして欲しいです。

私も楽しみデス♪

コメントしよう、コメントしようと思いながらも、
バタバタしておるうちに。。。。
記事がドンドン、アップされていた☆。。。
ちょっとタイミング外れの書き込みとなりましたが(^_^;)
チャボさん、バンド志向でおられるのですねー!
私的には公平さんファンでもあるので、
麗蘭に期待したいところですが。。。。。
>自分の内省的な部分を形に残すことによって、
>次に勢いよく行けるんじゃないかと思って
このコメントがすっごく気になりました。
ブルースって・・・・ブルースってなんぞや?って
私は詳しくは知らないのですが、
なんか、ブルーなことを歌ったとしても、描いたとしても、
それでもなんかこう、チカラ。。。。なんだろ?
クサイ表現になっちゃいますが、
一筋の光(でも)みつけたいし、
見出せるような、そんなのが私は好きなのデス。。。

久しぶりでしたので、たくさん書いちゃってゴメンナサイ。

Salaさん

>私的には公平さんファンでもあるので、麗蘭に期待したいところですが。。。。。
私もバンドとしての麗蘭はしばらく観ていないので、是非、活動再開してほしいものですね。

>ブルースって・・・・ブルースってなんぞや?って
その人が考えるものが、その人のブルース…だと思っています。
もちろんそれは百万通り…それ以上、限りなくあります。

ちなみに私は、所謂音楽スタイルとしてのブルースは苦手で、
プライベートでもほとんど聴かないんですよね v-292
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ