忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館 2枚組ライブアルバム -2008-

あまりにもDVDが素晴らしすぎる作品だったので、
当然、音だけになっているCDは、実は舐めてかかっていたのである。

  感動的なあのライヴを外に持ち出せて、いつでも聴けるのは嬉しいなぁ…

程度のことを思っていたくらいで。

『忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館』。
これは、僕にとっては史上最強のライヴ・アルバムである。
大袈裟ではない。


RCサクセションを始めとして、僕がその場にいた清志郎やチャボのライヴが、
レコードやCD、映像作品となったものは、嬉しいことに少なくないのだが、
そんな中、いちばんの思い出なのが言わずと知れた『RHAPSODY』である。
だからオリジナルのレコードはもちろん、後年の『RHAPSODY NAKED』も一生の宝物だ。
一生の宝物なんて、そうそう人生の中では出てこないモノだと思うし、
だからこそ『RHAPSODY』や『RHAPSODY NAKED』を超えるものは無いとも思っていた。
それは確信でもあったのだが、残念なことに(笑)、このライヴ・アルバムはそれを超えてしまった。

音だけだからこそ、間違いなく感動できることがある。
ライヴの臨場感から言えば、このCDはDVDをはるかに凌ぐ。
映像があるからこそ聴こえなかった…いや、聴こえなくても大丈夫だった音が、
耳を伝って身体全体にまで響き渡る。

何と言っても、NICE MIDDLEがぶちかますヘヴィな音に乗った清志郎のヴォーカルには、
本当にホレボレする。これがロック・ヴォーカリストである。

ツイン・ドラムの分厚いリズムや、
ここぞのポイントに必ず入るホーン・セクションの味付けなどは、
CDで聴いてあらためてその効果の素晴らしさを認識できた。
NICE MIDDLEの音は、最上級で最高である。

また、武道館を360度に埋め尽くしたお客さんの歓声も楽器のひとつであり、
よって皆も一緒に演奏したんだ…と言ってもいいかもしれない。

大音量で聴いて、あまりにも興奮と感動でぐちゃぐちゃ…なのだが、
全曲についてコメントしていきたい気分…なのだけれど、
そんなことしていたら朝までかかってしまいそう…なので、
RCナンバーの2~3曲で終わらせておきます(笑)。

「いい事ばかりはありゃしない」の2分43秒。
遠くから、しかしハッキリと聴こえてくる、チャボによる最初の ねむ~る~だけぇ♪
武道館の空気が変るのがハッキリとわかる瞬間だ。

「君が僕を知ってる」は、
コーちゃんのドラムからチャボのギターが入るイントロから、
清志郎とチャボがお互いに わかっていてくれる♪ と掛け合うラストまで、
これはまんまRCサクセションである。
この世にこの曲以外、何も無くても大丈夫かもしれないほど僕にとっては素晴らしい演奏だ。

ボーナス・トラックで収められたブルーノート東京での「モーニング・コールをよろしく」。
何と言ったら良いのか…言葉が無いですわ(笑)。

1980年。
『RHAPSODY』のライナーにある久保講堂のステージを後ろから写した写真。
清志郎と小川銀次のあいだ、最前列で腕を振りあげている少年は、
2008年、『完全復活祭』のライナーで、武道館のステージを後ろから写した写真、
清志郎と仲井戸麗市のあいだで、両腕をあげている。
『忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館』。間違いなく、僕にとっての一生の宝物だ。

こんなすげぇ清志郎の完全復活祭に、よォーこそ!
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ああ
やっぱり…

ですよね!? そりゃそーですよね!!

DVDから音だけ抜いて聴いてましたけど "絶対こんなもんじゃないだろ"
と思ってましたもん。

一度はキャンセルしたんですけど Blueさんのレビュー たった三曲なのに これ読んだだけで… やっぱ買いですね。

CDのツケがまた増えるなぁ~

KENBO さん

おそらくCD用にマスタリングされていると思うので、DVDの音とは違うんじゃないかなぁ。
たぶん、ライヴ感はこちらのほうがありますね。
ブルーノート東京のボナトラも、たった2曲だけですが、
雰囲気はバッチリ伝わってきますよ。
CD、間違いなく買いです!

CD、実は全く買う気無かったのですが、Blueさんの文章を読んで、買う事に決めました!だって、あのDVDを超えるというではないですか、買わない訳にはいきません。
思えば、中学生の頃RCを聴きまくっていた時から、RCは映像的にとっても魅力的にもかかわらず、音だけ聴く方がいいなあ、と思っていました。
映像がインパクトあり過ぎて、歌の魅力とぶつかってしまっているところがあるのかもしれません。
清志郎の歌、集中して聴けば聴く程、いいですよね。RCとNICE MIDDLE、DVDでは清志郎の表情が違うのが印象的でしたが、CDでは音の違いも際だつのでしょうね。
Blueさん、Amazonにコメント、ぜひ書いて下さい!素晴らしいCDを日本中、世界中に広めましょう!!

史上最強!

そうかあ~
DVDだと映像があるから、確かに、音をじっくり聞くにはCDだけど、
そうですか。そんなにすばらしいですか。
ああ、CDも早く手にいれなくては^^

それにしてもBLUEさん、1980年に続き、今回も・・
ほんとに宝物ですねえ。うらやましいです。

初めまして。

いつも楽しく拝見させていただいてます。

もし宜しければ僕のブログにリンクさせてください。

宜しくお願いします。

Blueさんもすごい…

ライナーの写真にBlueさん写ってるんですか?

ラプソディーもですか?

すごーい!!!

確認しなきゃ(笑)

CDは、私もDVD見れるし、まだ先でいいかな?なんて思ってました(笑)

早いとこ購入したくなりました!

みゆきさんも、発売日忘れてたので(昨日みゆきさんの記事を読んで、ヤバいっ!ってなりました。焦りました~笑)合わせてゲットします!

気持ちが揺れてます!

DVD買ったし、お金ないし、
他に欲しいモノいっぱいあるし、
CDは買わない!よしっ、決めた!
と思ってたんですが・・・。

もー、Blueさんのせいで決心が揺れちゃってますよ(笑)

>ラプソ・ライナーの少年
お~!あの中にいるんですか!
>完全復活祭ライナーで両腕を上げている
お~!見れてませんが、またしても写ってるんですね?
この話、清志郎やチャボにも聞かせたいですね。
きっと喜んでくれるハズ。

Keiko さん

>Blueさんの文章を読んで、買う事に決めました!
「間違った情報に踊らされてるんじゃねぇぞ、オラ~ッ!」とToppiも言ってますよ(笑)。

ただ、私にとっては文句無くお釣りがくるくらいのCDなのは間違いないです。
音だけだからこそ、何が起こっていたのかを思い出しながら…という楽しみ方もできますしね。

nobuさん

>確かに、音をじっくり聞くにはCDだけど
ヘッドホンして大音量で聴いたら、そんな落ち着いてなんていられないんですって(笑)。
「JUMP」のイントロ一発を聴いただけでぶっ飛んじゃいます。

>そんなにすばらしいですか。
素晴らしすぎてオススメできません…(笑)。

>1980年に続き、今回も・・
私を見つけられますか(笑)?

ちゅう吉さん

はじめまして。コメントありがとうございます。
リンクの件は了解ですよ。こちらこそよろしくお願いします。

ヒナさん

>ライナーの写真にBlueさん写ってるんですか?
バッチリです(笑)。

>ラプソディーもですか?
今となっては最高の思い出ですよ。
こちらの過去記事でちょっと触れています。
http://blue19812nd.blog50.fc2.com/blog-entry-587.html

>CDは、私もDVD見れるし、まだ先でいいかな?なんて思ってました(笑)
聴く前は私も似たようなもんでしたよ。
とにかくお金がかかりますが(笑)、色々とGETしてくださいね~。

ラ・モスカさん

>Blueさんのせいで決心が揺れちゃってますよ(笑)
ですから、間違った情報に踊らされないほうが…(笑)。

素晴らしいレビューありがとうございます!あのレビューの読み手は間違いなく購買意欲が沸々ですよ!私も買おうと思っていたのですが、blueさんのレビューで意を強くしました。

それにしても真ん中で写っちゃうのはすごいです。そういう席を取れるということ自体、ものすごいです!
私も一生の記念と思って大事にしているのは、81年の野音5月末の2日連続ライブの後に出たKITTY CIRCLE MONTHLY NEWS HEAD ROCK vol.10っていう新聞みたいなのの中にあるステージ後ろから写した写真に写っていること(^^ゞ。もちろん、最前列じゃないですが。。一応、チャボの後方で。自分だけ分かる、ってな程度でも本当に宝物です。blueさんがご自分を見つけた時の感激、すごくよく分かります!本当に良かったですね!!!

ishutoさん

>KITTY CIRCLE MONTHLY NEWS HEAD ROCK vol.10
ishutoさんもマニアックなネタをお持ちですねぇ(笑)。
81年の野音2days、最高でしたよね。

>自分だけ分かる、ってな程度でも本当に宝物です
いやいや、この「自分だけが…」っていうのが大事だと思っています。
ファン一人一人が、それぞれ自分だけの大切な想いを抱いていますから。

やっぱりマニアック~(^^ゞ

確かにファンの想いってそういうものですね。
それを大切にしたいです。

そういえば、7月MANDALA、又落選(涙)。
8月こそ!


ishuto さん

KITTY CIRCLE MONTHLY NEWS HEAD ROCKって、私は知りませんでした。
当時のフリーペーパーみたいなものですか?
でも、その時代を思い切り伝えてくれるので、
今でも保存してあるチラシとか見るの好きですよ。

>7月MANDALA、又落選(涙)。
それは残念…。
最近はチケットが確保できるか安心できなくなりましたよね。

>当時のフリーペーパーみたいなものですか?
これはモノクロの新聞紙大のリーフレットです。
あの頃はKITTY、りぼん関係のライブに行くと、配られてたように思いますが、もしかしたらKITTYの会員か何かになっていて、郵送されてきていたのかもしれません。見事に「曖昧」です <(_ _)>
他の号も前は持っていたのですが、結局丁寧に残していたのはこの号だけで(^^ゞ。
言葉遣いからして今とは違うので、時の経過を感じます。東京の電話番号が3桁+4桁の時代ですもの(^_^)。

ライブ、本当に厳しいチケット争奪戦ですね。それだけ客が増えたことは喜ばしいのですが~。
8月も落選したら相当ショックかも........

他のライブにしても、のんきに席のレイアウトを見て選ぶ、なんてできなくなってしまいましたし。

ishuto さん

私が持っている当時のものと言えば、
アダン音楽事務所が発行していたADAN PRESSがあります。
http://blue19812nd.blog50.fc2.com/blog-entry-219.html

あとはNECがRCとタイアップしたときの新聞。
http://blue19812nd.blog50.fc2.com/blog-entry-633.html

久しぶりにRCに関するもののお蔵だし記事を書こうかな(笑)。

貴重なレアもの、見せていただきありがとうございました!

>久しぶりにRCに関するもののお蔵だし記事を書こうかな(笑)。

楽しみにしております!

ishuto さん

お蔵だしは自分自身も楽しいんですよね。
懐かしいものが見つかると、懐かしいだけでなく本当に楽しいです(笑)。
久々に色々と探してみますよ。

コーヒーサイフォン

実は今初めてこのCD聴きながらカキコしてます。
(ちなみに今かかっているのはコーヒーサイフォン)
自分も音を聴いて思ったのですがDVDより明らかに音がいい、というは各楽器のメリハリが付いているような気がします。確かに安すぎるCDです。オレにとっては・・・

マイトさん

このライヴ盤は、聴くたびに興奮が蘇りますねぇ。
特にオープニング、「JUMP」の素晴らしさは、
素晴らしすぎて素晴らしいですね(笑)。

間違った情報じゃありませんでした!

復活祭CD、ついに聴きました。
すっ、素晴らしいです!
改めて、最高のロックンロール・R&Bバンドですね!

音に集中できる良さと、あの場の雰囲気・情景を頭の中に思い浮かべられる楽しみと、両方ありますね。「チャンスは今夜」の美女軍団?乱入シーンも、CDだとなかなか良い感じです。

ただ、「君僕」のところで娘に「絵と一緒のがいい~」とねだられ、DVDに切り替えさせられ、最後まで聴けてません(;´_`;)通しで最後まで聴くのが、今のわたしの「夢」です(^_^;)

しつこいようですが、Amazonのカスタマーレビューが無いのが寂しいな、どうしてだろう、と思っていましたが、素晴らしすぎてかえって書けないのかも、とさえ思いました。でも、Blueさん、ぜひ書いて下さい!(笑)

Keikoさん

>間違った情報じゃありませんでした!
そうですか! ホッとしましたよ(笑)。

>「チャンスは今夜」の美女軍団?乱入シーンも、CDだとなかなか良い感じです。
うまく、しかも丁寧に編集されていますね。違和感ゼロです。

>Amazonのカスタマーレビュー
>Blueさん、ぜひ書いて下さい!
いやいや、私はここだけで十分ですよ~(笑)。

CD全曲聴きました!

復活祭CD、先日やっと、全曲通して聴きました!
本当に、清志郎のテンションがどんどん上がっていって、
すごいです。
改めて、RCや清志郎の曲って、バラエティーに富んでいるというか、人間の色んな感情や考え方を、全て含んでいるなあ、だから、聴いてて納得させられるんだなあ~と思いました。本当、ライヴ盤でありながら、ベスト盤です。
ちなみにわたしは、「入門編」肯定派ですが(^_^;)
ところでAmazonのコメントは、相変わらず2件のままです。ちょっと教えて欲しいのですが、Amazonにコメントすることで何かリスクや不利益はありますか?なければ、恥ずかしながら、わたしがコメントしようかと。

Keikoさん

>先日やっと、全曲通して聴きました!
やっと聴き終わりましたか(笑)。

>ライヴ盤でありながら、ベスト盤です。
選曲がほとんどRCと最近作に絞られていますが、そういった見方もあるかもしれませんねぇ。

>ちなみにわたしは、「入門編」肯定派ですが(^_^;)
清志郎の思いがどうであれ、「入門」の意味が私にはわかりにくかったですね(笑)。
新しいベスト盤として、違ったタイトルなら素直に受け取れたのですが。

>Amazonにコメントすることで何かリスクや不利益はありますか?
申し訳ありませんが、私は仕組み自体もどうなっているのかわかりません。
少なくとも、好意的な内容ならば問題は無いんじゃないでしょうか。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ