4人のRCサクセション

ご承知のとおりRCサクセションは奇数のバンドだ。
結成時のオリジナル・メンバーは忌野清志郎、破廉ケンチ、林小和生の3人。
いちばん知られているであろうKING OF LIVEとして駆け抜けた80年代は、
忌野清志郎、小林和生、仲井戸麗市、新井田耕造、ゴンタ2号の5人。
しかし、結成20周年にあたる90年にはまた3人に戻ってしまう。
RCとしての最後のメンバーだったのは忌野清志郎、小林和生、仲井戸麗市であった。

しかしその90年。短い間だが偶数のRCサクセションが存在する。
忌野清志郎、小林和生、仲井戸麗市、そして新井田耕造の4人のRCサクセションだ。

マガジンハウスから出た『RCサクセション 遊びじゃないんだっ』には、
その偶数のRCの貴重な1枚が掲載されている。
これだけでも貴重ではあるのだが、
更にファンならば知っている、そしてお持ちの方も実は多そうだが、
コーちゃんが脱退する直前の、この偶数のRCに取材をしている雑誌があるのだ。

それは『パチ・パチ・ロックン・ロール』90年8月号。

CIMG7785.jpg

4人揃って(!)のインタヴューを中心にしたRC20年史の巻頭大特集だ。
僕の記憶では、この時期のRCを捉えたものはこれしか存在しないと思う。
おおくぼひさこさん撮影の写真もバッチリで、今となってはかなりレアなものであろう。

CIMG7786.jpg CIMG7787.jpg

さて、この号には付録としてポスターが付いていた。
当時はまったく思わなかった。
でも、今はそう見えてしまうのは事実なんだけれど…。

CIMG7788.jpg CIMG7789.jpg

このポスター、ご覧のようにメンバー4人がバラバラになっているデザインなのである。
ピンとくる人はいるかな?

これはビートルズのラスト・アルバムである『LET IT BE』を僕に思い起こさせるのだ。
RCの終りを暗示していたような気がしてならないなぁ…。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新井田耕造オフィシャルホームページ

Blueさんのブログで新井田耕造ことコーちゃんのサイトがあることを知った。コーちゃんをステージで観たのはたったの2回。最初はたぶん85年のRCサクセション@神戸国際会館(現こくさいホール)。確か6列目ステージ向って左寄りだったのでドラムセットに座るコーちゃんの姿

コメントの投稿

非公開コメント

Clover

生まれてこの方一度も四つ葉のクローバーを見付けた事ないんですが
シロツメクサ(クローバー)が四つ葉になる確率って大体1/100~みたいで
これが五つ葉のクローバーとなると、出現率は一万分の一以下、とかそれ以下とか。
そうそう滅多に見掛けるモノなんかじゃない、幻のケセランパサラン?状態!
(六つ葉は例外として。アレだとすぐ死んじゃいそうです)
私はそれを知った時、5人のRCのパワーと奇跡の在処を
頭に思い浮かべ、妙に深~く納得しました。
続・RCサクセション、続きがあるいい名前ですね。


ani-line

この話、感動しました。
五つ葉のクローバーが80年代のRCサクセションかぁ…。

補足

厳密には多分数値は違ってると思いますので話半分で何卒…
学生時代「四つ葉栽培セット」なるモノを購入し持って行くと、先輩方より
「お前これバッタもんやんけ、クローバーちゃう地点で既に不幸者!」と
触り程度に解説を受けた程度ですから、詳しい方ご指摘願います。

しかし種類によっては「七つ葉」以上も存在するようです。因みに
三つ葉(通常版)でも最近は減り出しているそうですよ。競争馬の餌も
輸入に頼ってるとか…もう全然RCと関係ない話題ですね(笑)
でも、ある意味「4人RC」時代がないってのがRCらしい気がします。

静謐な大人たち

私の場合、この時期のRCからは「大人の静謐さ」みたいなものを感じていましたね。

偶数、奇数という観点、そしてあのポスターと“LET IT BE”の不思議な符合…なるほどなぁと本当に面白く読ませていただきました。

自分ももう少し物事を深く考える習慣を身につけたいです。

ani-lineさん

私も全然詳しくないので構いませんよ(笑)。
何てったってクローバーはオリジナル・バンド名ですからね。それだけでオッケーな話でしょう。

月見家さん

4枚の写真をあのようにレイアウトすれば、何でも『LET IT BE』っぽくなりますが、
やはりこのポスターはそれを思い起こさせられますねぇ。

>この時期のRCからは「大人の静謐さ」みたいなものを感じていましたね。
正直、私は普段と変わらず…でしたねぇ。
G2は仕方が無いにしても、コーちゃんが脱退するなんて想像すらしなかった。
ですから90年の横浜アリーナのイヴェントで三人になったのを知ったとき、本当に混乱しました。
RCの演奏中、「これからどーなるんだろー」ってずーっと思いながら観ていたのを思い出します。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ