僕らの「ヤング・ミュージック・ショー」/城山隆

最近のMLモードな気分にピッタリな本をもうひとつご紹介。

ギンザNOWと並び、僕にロックを教えてくれた番組が、
NHKのヤング・ミュージック・ショー(以下YMS)だ。
YMSは1971年10月24日から15年間・全80回放送されたという。
これはもう、日本の洋楽文化を創ったと言っても大袈裟ではない番組だったと思う。
この番組の歴史をまとめた一冊が、この本だ。


構成は、一年ごとにその時代の出来事がまとめられ、
当時はどんな世相だったのかということが把握できる。
そこには洋邦楽のヒット曲や話題曲、来日アーティスト、話題の映画なども記載。
そしてYMSに対する関係者や著者による貴重な証言。
そのあいだに、放映された主なYMSの誌上再現が挟まるのである。

例えば77年放送のローリング・ストーンズ
後に『LOVE YOU LIVE』として発表されたツアーの中、
パリ公演でのオープニング「ホンキー・トンク・ウィメン」。
この曲の誌上再現を少しだけ引用するとこんな具合だ。

  赤いロング・スカーフを首に巻いたミックが腰を左右に振って扇情したあと
  赤ピンクの照明を浴びてうたい始めた
  ミック以外は青照明に染められている
  サビ部分では、センター・マイクにやってきたキースが、
  ミックと一本のマイクをシェアしてコーラス・ヴォーカルを聴かせた
  黒衣装に白の柄模様のロング・スカーフをしたキースが、
  白いドクロのペインティングがある黒ギターでソロをとった

資料的な価値やその内容について、この本が実際にどの程度のものなのかはわからないが、
読んでいて映像や音が目に浮かび、興奮することは間違いない。

さて、僕自身が記憶しているいちばん古いYMSのオンエアは、
1976年のベイ・シティ・ローラーズだ。
これはBBCが制作した番組の放送で、スタジオ・ライヴを中心とした最高のものだった。
当時はVIDEOなんて無かったので、TVとラジカセを繋いで音だけを録音し、
そのテープを死ぬほど…大袈裟ではなく、本当に死ぬほど聴いていた。
その翌年に、BCRはNHK制作のスタジオ・口パク・ライヴ(笑)がYMSで放送されたが、
僕にとっては、何といっても前年放送のBBCものに尽きる。
この映像は残っているのだろうか? 死ぬまでにもう一度観てみたいものだ。

YMSを知った76年以降は、とにかく観た。
知らないバンドでも、とにかく観た。
ありがたいことに再放送も頻繁にやっていたので、とにかく観た。

この本にあわせてハッキリと観たものの記憶をたどってみる。
もちろんこれ以外にもたくさんのバンドがあるし、僕も観たはずだが、
ハッキリと憶えているのはこれらになる。太字は特に印象が強かったものだ。

●1976年
ベイ・シティ・ローラーズ(BBC制作)
スーパートランプ(NHKライヴ)

●1977年
ベイ・シティ・ローラーズ(NHKライヴ)
ローリング・ストーンズ(パリ・ライヴ)
キッス(日本武道館ライヴ)

●1978年
パット・マグリン(NHKライヴ)
ロッド・スチュワート(ロンドン・ライヴ)
レインボー(ミュンヘン・ライヴ)

●1979年
デヴィッド・ボウイ(NHKホール・ライヴ)
ポール・マッカートニー(75~76年ワールド・ツアー)

●1980年
ブームタウン・ラッツ(渋谷公会堂ライヴ)

●1981年
10周年記念番組(これまでのハイライト)

●1982年
スティクス(日本武道館ライヴ)
クラッシュ(中野サンプラザ・ライヴ)

後に映像作品として発表されたり、違った形で放送されたものもあると思うが、
ここでしか観られないものが多いのもYMSの特徴である。
特に来日公演ものは貴重な映像が多いと思う。
キッス、デヴィッド・ボウイ、クラッシュなどは、単独で作品化してもらいたい。

     **********

2004年に『NHKアーカイブス』でYMSのキッス武道館ライヴが再放送された。
この特例でもわかるように、キッスの初来日武道館ライヴは、
77年当時のロックに夢中になっていたティーンエイジャーにとっては、
とんでもないショックと感動を受けた番組なのだ。

77年当時、近所のNというレコード屋がこのライヴを良く店頭で流してくれていたので、
学校が終わるとそれを観に行った。
本当に何度も何度も観に行った。
おかげでお店のTさんという店員さんと仲良くなったという思い出もある。

その後、レコードを買うのはこのお店と決めた。
十代の頃に買ったレコードのほとんどは、このNで手に入れたものである。
キッスの『ア・ライヴⅡ』も、エアロスミスの『ドロー・ザ・ライン』も、
クイーンの『華麗なるレース』も、ベイ・シティ・ローラーズの『恋のゲーム』も、
ローリング・ストーンズの『女たち』も、そしてRCサクセションの『RHAPSODY』も。

このレコード屋は、今ではもう無い。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

なんという奇遇!

度々のコメント失礼します。
実は!2006年夏にこの本を見つけたことがきっかけで、私はバスターの消息を探しはじめたのです。バスターも77年8/6に放映されているんですが、この中では放映日と武道館公演の日付しか書かれていなくて。著者の城山様に連絡をとって、本に書かれている以上の情報がないか問合せたんですよ~。今回のCD化の御礼も申し上げたく、再度連絡とって見たんですが、もう連絡取れなくなってました(涙) この場をお借りして、城山さん、心から御礼申し上げます!
そして、この本を取り上げてくださったBlueさん、ありがとう。これはあの時代を知る人なら必携です。あと、ロックの先輩役をしてくれる、ショップがなくなっていくのは悲しいですね。ますます洋楽ロックの衰退に拍車がかかってしまうと心配です。

いやぁ、懐かしいですね~。
Blueさんが挙げたアーティストは、
自分も大体、観てますね。
あっ、スペシャルズも良かったですね、そういや。
あとカンボジア難民救済コンサートは
YMSじゃありませんでしたっけ?

レコ屋の話も、よーくわかります。
俺もガキの頃、通った想い出深い店は全滅してますからね。

Yoshiさん

>この本を見つけたことがきっかけで、私はバスターの消息を探しはじめたのです
ホントですか! この偶然は感動だなぁ!
Yoshiさんとここでお会いするのはもう決まっていたのかもしれませんねぇ。

>バスターも77年8/6に放映されているんですが
そうみたいですが、すいません、私、記憶に無いのです…(笑)。
しかもこの回、バスターとピーター・フランプトンですよ!
いったいどんな内容だったんだろう?

>城山さん、心から御礼申し上げます!
城山さんがここを見てくれることを願っています。

>ショップがなくなっていくのは悲しいですね
そうですね。記事に書いたTさんは、私の中学の先輩でもありました。
ここは本当に思い出がいっぱいのレコード屋でした。

LA MOSCA さん

>あっ、スペシャルズも良かったですね
調べたら80年10月4日放送みたいです。
しかも新宿のカーニバル・ハウスというディスコでのライヴ!

>あとカンボジア難民救済コンサート
その通りです!
このライヴの放映もYMSの偉大な仕事のひとつでした。

これ、実は僕も出てそうそう買ったんですが、まだ読破してません。ちょっと長すぎませんか、これ?(苦笑)
僕が思うに、前半のかなりのページを割いているロックの歴史を追った部分は、いらなかったんじゃないかと思います。純粋にYMSをたどるだけでよかったと思うんですよね。それでも活字だけでは辛いところがあります。NHKも1ショットぐらい映像を貸してくれる配慮があったっていいのにねえ…(苦笑)

Y.HAGA さん

>ちょっと長すぎませんか、これ?(苦笑)
確かに(笑)。あと、厚過ぎてベッドで読みにくい(笑)。

>純粋にYMSをたどるだけでよかったと思うんですよね
そのほうがポイントも絞れて良かったかもしれませんね。

>NHKも1ショットぐらい映像を貸してくれる配慮があったっていいのに
確かに活字での再現は、実際に観ていた人ならば大丈夫ですが、
観ていない人は厳しいかも…ですねぇ。私はそれなりに楽しめたんですけれど。
それにしてもシリーズでDVD化できないもんかな?

バスター放映内容

バスターの放映内容は、ロンドンのスタジオ・ライブで、20分程度のものだったそうです。彼らから16曲ほど候補のビデオを提供し、N○K側で6曲選んで構成したそうです。ほとんどを彼らのYoutubeチャネルで見ることができます。
http://jp.youtube.com/user/pulsart7

0.インタビュー
1.Goodbye Paradise
2.Sunday   
3.Love Breaker  
4.I'm A Fool 
5.Saturday Night (ビデオなし)
6.Who Told You

「僕らのYMS」 確かに長いですけど、私にとってこれは「ロック百科事典」ですから(笑)、興味のあるところを拾い読みしています。

Yoshiさん

情報ありがとうございます。

>ロンドンのスタジオ・ライブ
1977年の「すてきなサンデー」の映像がそれですか?
これ、観た記憶無いなぁ…。おそらく当時は見逃しています。
それにしても、映像付きだと、さすがにキュンとなりますねぇ(笑)。
Profile

Blue

Author:Blue

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's BBS
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ