書き邦題 キッス、その他編

さて、Y∀SSさんからキッスのアルバム・タイトルの邦題についてコメントを頂きましたので、
そのテーマで書いてみます。

邦題には原題をまったく無視し、アーティストやバンドのイメージだけで付いたものも多い。
例えば キッス=地獄 のように、統一された邦題を付けられたパターンだ。
ただしキッスの場合、70年代はそれをずっと続けていったわけだが、
実は徹底されていないのである。
例えばLOVE GUNはそのまま「ラヴ・ガン」だ。「地獄のピストル」とかじゃ無いのだ。
この中途半端さがダメである。レコード会社は何を考えていたのだろう。

●キッス
地獄からの使者(KISS)
地獄のさけび(HOTTER THAN HELL)
地獄への接吻(DRESSED TO KILL)
地獄の狂獣(ALIVE!)
地獄の軍団(DESTROYER)
地獄のロック・ファイアー(ROCK AND ROLL OVER)
地獄からの脱出(DYNASTY)
地獄の回想(LICK IT UP)

ご覧のとおり、最初から何が「地獄」なのかがわからないが、僕は好きだし思い入れがある。
中でも「地獄のロック・ファイアー」がいちばんだ。これくらい意味がわからないほうが良い。

さて、キッス以外にも、こういったイメージで付けられたものをいくつか挙げてみよう。

●AC/DC
悪事と地獄(DIRTY DEEDS DONE DIRT CHEAP)
ギター殺人事件(IF YOU WANT BLOOD)
地獄のハイウェイ(HIGHWAY TO HELL)
悪魔の招待状(FOR THOSE ABOUT TO ROCK)

AC/DCは中途半端だな。キッスの二番煎じだったのだろう。

●スコーピオンズ
恐怖の蠍団(LONESOME CROW)
電撃の蠍団(FLY TO THE RAINBOW)
復讐の蠍団(IN TRANCE)
狂熱の蠍団(VIRGIN KILLER)
暴虐の蠍団(TAKEN BY FORCE)
蠍魔宮(BLACK OUT)

スコーピオンズは、かなり邦題のイメージが徹底されていたバンドだ。
それでもやはりネタが尽きたのか、途中で蠍シリーズだけじゃなくなってしまった。残念。

●ヴァン・ヘイレン
炎の導火線(VAN HALEN)
伝説の爆撃機(VAN HALEN Ⅱ)
暗黒の掟(WOMAN AND CHILDREN FIRST)

これらは順にヴァン・ヘイレンの1stから3rdである。
邦題で語る人、いや邦題を言える人は今でもいるのだろうか?
いくら何でもこれはどういうつもりで付けたのか理解ができない。
特に2ndは凄すぎませんか?

他にこういう統一されたイメージのバンドやアーティストっていましたっけ?



※このエントリーは、以前のブログ『Blueの雑記帳』に書いたものです。
  画像はすべて削除いたしました。
  ここから下は、当時頂いたコメントになります。

Blue1981
2005/07/01 0:44

なぎささん 「悲しみのアンジー」は完全に曲の雰囲気でしょうね。最初の「ポーン♪」を聴いた人が、何となく悲しみを感じたんじゃないでしょうかね。間奏のピアノもそんな感じだし。 しかしジョニー・ウィンターの記事にはまいりました。彼が好きだなんていう人、偏見かもしれませんがあまりいませんよ。特に若い女の子では^^凄いギタリストだけど、コメントしたように日本人の琴線には触れないタイプだと勝手に思っているんですよね。もちろん彼のレコードもいいけど、ライヴの映像を観たらぶっ飛びますよ。


なぎさ☆
2005/06/30 2:38

(http://nagisa8413.blog11.fc2.com/blog-entry-41.html)
コメント、どうありがとうございました(^^)☆いいですね!ストーンズとジョニーウインター!最高な組み合わせですよね!☆この記事、とても面白いです~☆私も、なにか笑えるの探してみます(^^)でも、ストーンズのアンジーってなんで邦題だと’悲しみの’ってはいるのかな(^^)


東京青
2005/06/29 0:40

(http://spaces.msn.com/members/tokyoblue/)
やっぱり間違えていた。。。もう本当に、、、どこか抜けているのです(TεT*) まったくごめんなだざい。でも最初に間違っているかもと書いていてギリギリセーフって事でよろしくです(>_


Blue1981
2005/06/28 1:45

東京青さん ご無沙汰しています。「ロックン・オール・ナイト」…。青さん「ロール」が抜けていますが…。 この曲の邦題も「地獄のオール・ナイト」とかだったらいいのに。


東京青
2005/06/28 1:03

(http://spaces.msn.com/members/tokyoblue/)
お久しぶりでーすヾ(=^▽^=)ノキッスは「ロックン・オール・ナイト」←間違ってたらごめんなさい(泣) をカバーしてみなさいと、何故かスタジオの方に言われて、ちょっとだけやった記憶が。。。でぼ色々あって結局カバーせずに終わってしまった名残惜しいイメージがあります。久しぶりに聴いてみようかな~などと思ったです.。゚+.(・∀・)゚+.゚


Blue1981
2005/06/28 0:10

Y∀SSさん おお!ディーヴォは確かに統一されていましたね。同じ言葉や単語じゃなくても十分ですよね。特定のイメージ作りはどちらかというとハード・ロック、ヘヴィ・メタル系のバンドに多かった気がしますが、ニュー・ウェイヴ系でも忘れているのがいっぱいありそうですね。


Y∀SS
2005/06/27 17:48

(http://spaces.msn.com/members/unclepecos999/)
こんにちは。統一されたイメージ・・・かはちょっと判断が難しいですが、Devoとか面白い邦題多いですね。頽廃的美学論(Are We Not Men? We Are Devo) 生存学的未来論(Duty Now For The Future) 欲望心理学(Freedom Of Choice) 退化の改新(Now It Can Be Told) ・・・尤も、Devoの食いしん坊万歳(Smooth Noodle Maps)みたく爆笑物もありますが^^;。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ