S&R HAPPY 30th ANNIVERSARY SPECIAL The Garden Hall 2008.5.1

シナロケ30周年記念のEventに行って来た。

Image0805011.jpg Image0805012.jpg

見ての通りの豪華ゲストでわかるように、レコ発のツアーが控えているとはいえ、
今回は完全なるスペシャル企画であり、ライヴというよりも、まさにお祭りであった。
よってゲストとのセッション部分を中心に書いていきます。

出演したゲストがそのままシナロケの歩んできた歴史と重なるような構成。
鮎川誠もMCで言っていたが、エルヴィス・コステロが78年に来日した際、
シナロケがオープニング・アクトとして出演したのだが、それを客席で高橋幸宏が観ており、
それがきっかけでYMOとのコラボと2ndアルバム『真空パック』に進んでいった…
という重要なエピソードがあるように、まず最初のゲストは高橋幸宏だった。

ドラムを叩きながら『真空パック』収録の「Radio Junk」と「You May Dream」等を演奏。
続いては『真空パック』のプロデューサーと紹介され、細野晴臣が登場。
新作でカヴァーしている「POM POM 蒸気」他をセッションした。
いきなりのYMO組とのセッションで、前半からハイライトとなっていた。

続いては鮎川誠がサンハウス時代の頃からの付き合いという永井 " ホトケ " 隆。
「Mannish Boy」と「Blues Is Airight」というブルース直球セッション。
そして80年代を共に盛り上げた同じく九州出身のルースターズ…で、花田裕之が登場する。
ラフに「なまずの唄」を歌った。実に花田らしくて良かった。
更に、ここにチバユウスケが加わり「Do The Boogie」と「Walkin’ The Dog」。
この辺はめんたいロック爆発のブルースとロックン・ロールが続き、
まさに鮎川誠の本領発揮という感じだった。

ここからはライヴも後半。
遂に、サンハウスでの盟友である菊こと柴山俊之の登場だ。
しかも、ベースには同じくサンハウスの奈良も加わる。
この、5分の3サンハウスでぶちかましたのが「キング・スネーク・ブルース」と「アイ・ラヴ・ユー」。
カーッコイイ!
柴山俊之60歳、鮎川誠も5月2日で60歳。
凄まじくも素晴らしき二人の還暦ロッカー。
スゲェ!

続くは今回の目玉でもあっただろう内田裕也。
何とストーンズの「サティスファクション」に乗って登場。
「Johnny B. Goode」を皮切りにロックン・ロール・メドレーを歌っていった。
生で裕也さんを観るのは実に81年の野音以来。
いやー爆発していましたよ。
裕也さんは…68歳かよ! 
何なんだよこの60代ロッカー達は(笑)。

さて、僕自身は、ゲストはここでオシマイと思っていた。
内田裕也のあとに鮎川誠による「My Way」があったが、
後はシナロケ代表曲のメニューになるのだろうなと…思ったし、
それは当たっていたのだが…。

鮎川誠に呼び込まれた最後のゲストは、
メジャー・デヴュー時からのシナロケのメンバーであったベーシスト、浅田孟だった。

浅田は87年に脱退し、ARBに加入。
その後は一連の布袋寅泰とのセッションでの活動が、おそらくいちばん知られているだろう。
浅田が加わって演奏されたのは「レイジー・クレイジー・ブルース」と「レモン・ティー」。

これはもうオリジナルのシーナ&ザ・ロケッツのリユニオンと言ってもいいんじゃないかな。
個人的にはこの四人を観て感慨深いものがあったが、
ステージでは " そんなことは関係無いぜ " と黒いレス・ポールがうなっていた。

アンコールは鮎川誠の誕生日祝いを兼ねて、
おそらく三人の娘さんだと思われる女性がギターをかたどったケーキを持って登場。
そして「サティスファクション」を、出演したゲストを交えて演奏した。

僕自身、シナロケを80年代から聴いていたとは言っても、ずっと熱心なファンだったわけでは無い。
でも、何らかの折に聴くたびに、ロックとはこういうもんだと鮎川誠に言われてきたように思う。
この日も I Can’t Get No Satisfaction! と歌う彼を観て、
ロックってこれだよなーと改めて教えてもらったような気がした。

大体、こんなロックのド定番な曲を、
こんなにカッコよくカヴァーできるミュージシャン、他にいるかな?

P.S.
今回のライヴ、先行予約でチケットを取った人にはスペシャルCDが特典としてもらえました。

CIMG6689.jpg CIMG6690.jpg

タイトルは『Live at sexangle、Roppongi 1979.11.09』。
初期シナロケの、貴重な5曲のライヴが収録されています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

同じく

私も、シナロケはそんなに熱心なファンではありません。
が、やっぱり好きですね~(笑)

こんなにスペシャルなライヴ、いいですね!

60代ですか!
かっこいいですね!

30日に札幌でライヴあるので行く予定です。

久々のシナロケ、楽しみです♪

ヒナさん

>こんなにスペシャルなライヴ、いいですね!
立て続けにゲストが登場する様は圧巻でしたよ。
そのゲスト達を紹介する鮎川誠がまたロックしていていいんです。

>30日に札幌でライヴあるので行く予定です。
おー、そうですか!
黒いレス・ポールは相変わらず歪みまくっていて最高ですよ!

盟友ですね

「ぶちかます」

まさに、菊とマコちゃん。

ぴったりですね!

60才 還暦ロック炸裂!!

KENBOさん

>60才 還暦ロック炸裂!!
例の黒レス・ポールで「キングスネーク・ブルース」のイントロでしたからね。
いやー、燃えました!ガキには出せない音ですよ(笑)。

ご無沙汰してます

昔、まだ長崎の田舎にいたときに地元のFM局の公開録音に応募してシナロケ見たことがあります。話は変わってmixiで知ったのですが鮎川さんと甲斐さんとは博多時代に確執があったらしいですね。何でもKaiBand結成の際に当初は浦田「鬼平」賢一氏をドラムに迎えようとしていたとかで結局は浦田氏と甲斐さんが喧嘩状態になって終わったそうです。そういえば、浦田氏は自分のバンドで活動していた頃にとある取材で当時ブレイクし始めていた甲斐さんのことについて聞かれて「俺は奴に唾かけてやった、名前も聞きたくない。」と激怒されたそうです。思えば甲斐さんは自分の番組ではシナロケもサンハウスも流さなかったような記憶がありました。まぁ、初期の楽曲のせいもあって甲斐さんは鮎川一派からは嫌われてるようですね。一郎さんや森山さんは大変でしょうね。

maruhiroya さん

貴重なエピソードをありがとうございます!

>KaiBand結成の際に当初は浦田「鬼平」賢一氏をドラムに迎えようとしていたとか
私、この話は初耳…だと思います。凄い話ですね、これ。

>思えば甲斐さんは自分の番組ではシナロケもサンハウスも流さなかったような
ハッキリとは言い切れませんが…そうだったかも…。

>一郎さんや森山さんは大変でしょうね
実際はどうなんでしょ?
ところで浅田のARB加入。これは本当に大丈夫だったんでしょうか?

そういえば・・・

白浜さんも元々は森山さんと一緒にやってたんですよね、Modsがまだ開戦前夜名義だった頃に・・・。ARBとModsも確執があるみたいです、原因は一郎さんがKaiBandへ加入した事を凌さんが批判した事に対して森山さんが「俺らもお前らも誰のお陰でデビューできたと思ってるんだ、あいつは恩知らず」と反論した事が原因のようです。確かに甲斐さんが一郎さんに凌さんを推薦したという話しも聞いた事がありますので森山さんの発言はある意味正論でしょうね。彼も「えんじ」という曲を甲斐さんに提供しなかったらデビューは有り得なかったわけですから。

maruhiroyaさん

またまた貴重なお話をありがとうございます。
バンド同士のことはともかく、音楽としては挙がったバンドはみんな好きなので、
こういった話を知るのは興味深いとともに辛くもありますね。

>浦田「鬼平」賢一

鬼平さんは「坂田紳一」ですよ。
浦田賢一さんとは別人。
上記の話は私は初めて聞いたので
浦田さんのことか坂田さんのことかは
ワカリマセンけど....。

MissYさん

コメントありがとうございます。

>鬼平さんは「坂田紳一」ですよ。
あぁ、確かにそうですね。私も気が付きませんでした…。
坂田さんと浦田さんの勘違いかな?

シナロケ健在!

先日シナロケのライブ見てきました。
清志郎はやっぱり最高だけど、勿論それがナンバー1と言うわけでもなくて、シナロケはシナロケで素晴らしい。ロックっていいな~と思えた一日でした。

マイトさん

おー、そうですか!
私は本当に久しぶりのライヴでしたが、
また観に行きたくなるニュースが発表になりましたよ(笑)。

>また観に行きたくなるニュースが発表になりましたよ(笑)。

チャボとのセッションでしょ?
大阪でもやってくれんかなぁ・・・

マイトさん

>チャボとのセッションでしょ?
仰るとおりです(笑)。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ