忌野清志郎 完全復活祭 追加公演 京都会館第一ホール 2008.3.2

2008年のベスト・ライヴだぞ!

Image008.jpg

オープニングは「JUMP」から「ROCK ME BABY」と続いた。
大阪公演とは多少の変更をしてくるかなと期待していたが、
この二曲の流れから ” やっぱり同じメニューかぁ… ” と思った。
しかし、とにかく今日は完全復活祭最終日なのだ。
僕は清志郎とチャボをしっかりとこの目に耳に刻み込むつもりで来ているのだ。
変な雑念を必死で頭の中から消した。
ステージに集中しよう。

もうお馴染みになった「NIGHT AND DAY」「ダンスミュージック☆あいつ」の『夢助』連発。
清志郎もバンドも絶好調な感じ。
今日もいいライヴを観ることができそうだ。

ところで、CDでは軽快な「ダンスミュージック☆あいつ」だが、
NICE MIDDLEのライヴでは、テンポを遅めにしたヴァージョンでハードに演奏している。
これが何ともロックっぽくていい。
このバンドで演る『夢助』のナンバーを全て聴いてみたいと思わせるアレンジだ。

そして「デイ・ドリーム・ビリーバー」。
これまではこの曲の前にメンバー紹介があったのだが、京都では省略されていた。
ただ、これには僕は多少の違和感を感じた程度。
すぐ後にまさかあんな展開になるとは、この時点では思っていない。
それどころか、かえってスッキリしたなと感じていたくらいである。

唐突に清志郎によるギャグをかましたMCがあったので、
何なんだよ~と油断したところに、あのベースのイントロ…!

「よォーこそ」だ。
ここで「よォーこそ」が来たのである。
「よォーこそ」だぞ、6曲目に。
しつこいけれど、ここに「よォーこそ」が飛び出したのである。
間違い無いよな、「いい事ばかりはありゃしない」じゃないよな(笑)。
キーは同じGだけど、これは間違いなく「よォーこそ」だ!

もちろんステージにチャボはまだいない。
そのまま清志郎は歌い出す。

  よく来てくれた このコンサートに
  よく来てくれた こんな夜に
  よく来てくれた わざわざここまで
  よく来てくれた よォーこそ

  じゃあバンドのメンバーを紹介しよう
  ギター弾くしか のうのない奴さ 
  古くからのオイラのダチさ

僕達は皆、わかっているのだ。
ここで出てくるんだろう、チャボは。
もう、わかりきっていたのだけれど…。

  紹介するぜ 仲井戸麗市 チャボ!

清志郎が叫ぶと同時にステージ袖からチャボが姿を現し、ギター・ソロを弾いた。
何だこれは(笑)。
わかっていたけれど痺れた!
痺れなかったヤツはいたのか?
いねぇだろう。

「いい事ばかり~」での登場シーンも最高だったが、
この強引な登場の仕方の何というカッコよさ!
思えば、こんなに派手な演出のチャボを観るのは初めてかもしれない。

ここから一気に会場はヒートアップした。
当たり前だ。
「よォーこそ」が演奏されたのだ。
僕の中で「デイ・ドリーム・ビリーバー」までが前座に思えてしまった程であるが、
こんな僕を誰も責めることはできないだろう。

続けて「君が僕を知ってる」「チャンスは今夜」ときた。
「君ぼく」の間奏では中央のチャボを清志郎と梅津さんで挟む3ショットになるのだが、
僕の席はチャボ側の通路沿い。
ここから観ると、ちょうど清志郎とチャボの間にコーちゃんが入る4ショットになる。
これは偶然では無い。
絶対にロックの神様が観せてくれたシーンだと僕は思う。

「チャンスは今夜」は、武道館でのステージに女性がたくさん出てくる演出が復活していた。
大竹しのぶがいたらしい。
結局、最後まで良くわからない演出だったなぁ。

これまで「私立探偵」だったところが「モーニング・コールをよろしく」になった。
ブルーノートで演奏されたときも感動だったこの曲だが、
まさかこんなホールのライヴでも聴くことができるとは…。
僕自身は82年の横浜スタジアム、THE DAY OF R&B以来だろうな。

そして驚きの曲がここで飛び出す。
チャボがアコギを持ったので「多摩蘭坂」じゃないことは気付いた。
はて…?

「エンジェル」であった。
「エンジェル」だよ「エンジェル」。
『RHAPSODY』B面一曲目の「エンジェル」だよ!
これは反則でしょう(笑)。
それにしても、ここまで披露していなかった曲を最終日に演るかぁ?
嬉しいけど(笑)。

ここまでの流れで、会場のほとんどのお客さんは思ったはずだ。
これはまるでRCサクセションのライヴじゃないか!

このRC効果は凄いよ。
だって「毎日がブランニューデイ」のラストでチャボが弾くギター・ソロが、
いくら共作とはいえ、この夢助ナンバーさえもRCにしてしまっていたんだもの。

チャボが歌う「コーヒー・サイフォン」は曲の形がくっきりとわかり、
素晴らしいアレンジで生まれ変わっていることを再認識した。
バンドの演奏もこなれてきたこともあるだろう。
清志郎21歳、チャボ22歳の時に初めて共作した曲をここで演ること。
この意味は重くて深いと思う。
僕は今後、「コーヒー・サイフォン」を古井戸の曲では無く、
清志郎21歳、チャボ22歳の時に初めて共作し、完全復活祭で歌った曲…と呼ぶことにする。

「GOD」で清志郎が再登場してから「スローバラード」への流れで後半がスタート。
今回の完全復活祭では、「スローバラード」が個人的に沁みた曲になったなぁ。
清志郎のヴォーカルは素晴らしい。京都でも涙腺が緩んだ。

「激しい雨」ではスクリーンにRCのジャケットが映る演出が復活。
観ることができて嬉しい。
そして感動した。
想像以上にこれはキタな。
映されるジャケットは『RHAPSODY』で始まり『THE KING OF LIVE』で終わる。
チャボがいてコーちゃんがいるということを、
メンバーもスタッフも皆がわかっているということである。
演奏中に清志郎とチャボは何度かこのスクリーンのジャケットを振り返って見ていた。
僕にはチャボが、
「おいキヨシ、見ろよ、俺たちはRCサクセションなんだな」と言っているかのように見えた。

「ドカドカうるさいR&Rバンド」「キモちE」「Baby何もかも」の本編終盤は、
曲目を並べてサイコー!と書くだけである。

ここまででもとんでもないライヴだったのだが、アンコールでは更にとんでもなかった。
メンバーがステージに現れる。
チャボがマイクに向かった…が、何も語らなかった。
あれ?

ジャーン♪

バンドが慣らしの音を出す。
何だ何だ、何を演るんだ?

コーちゃんの ドコドンドン♪ 
バンドの ジャーン♪
あの声が きみがいなけぇりゃぁ~♪

おわー! 何だー! マジかよー!

「い・け・な・い ルージュ・マジック」を再び放つとは!
しかも清志郎は客席に登場してるじゃん!
あのー、ここはブルーノートじゃないんですけど(笑)。

おおっ!
また来るぞ、再び来るぞ、僕の前に清志郎が来るぞ!
来た!

キヨシロー!

さすがにガードが固く抱きつくことはできなかったが、
しっかりと肩を揉ませて(笑)頂きました。

ギター・ソロはチャボと三宅で廻していたが、ブルーノートでもそうだったのかな?
あの時はあまりにも興奮し過ぎていて、チャボがソロを弾いたことしか覚えていない。
エンディングは厚見玲衣のキーボードだけが終わらない…という演出?から、
何とメドレーで「トランジスタ・ラジオ」になだれ込む。

いったい今は何年なんだ?
もしかしたら、今月は『BEAT POPS』が発売され、
来週はザ・ベストテンと夜のヒットスタジオにRCが出るんじゃないか(笑)?
もうどうにでもしてください…って感じだよー。

ラストは「雨あがりの夜空に」。
凄かった。
僕はそれこそ1980年からいくつものチャボが弾き、
清志郎が歌う「雨あがり~」を体験してきたが、
ここまで凄まじくバンドでこの曲をプレイするチャボを観たのは初めてだと思う。
何がチャボをこうさせたのだろう。
腕を振り回し、ギターの弦に叩きつけるように振り下ろす。
リズムさえも無視しているようにも観えた。
2008年3月2日の「雨あがりの夜空に」を、僕は一生忘れないだろう。

この後、突然TV用のコメント撮影が入り、
「LIKE A DREAM」の弾き語りでライヴは終了した。
清志郎が歌い終わるとバンドのメンバーが再びステージ上に現れ、
花束を渡すという最終日に相応しい感動的なシーンもあった。
ただ、僕にとってのこの日は「雨あがりの夜空に」で終わりだった。
あれで終わっていた。

     **********

武道館はライヴを超えてしまっていた、まさに祭りというものだった。
あれを何かと比べることはできないし、することに意味も無いと思う。

ただ、今回の京都追加公演を単にひとつのライヴとして評価すれば、
もちろん完全復活祭のタイトルを抜きにして語ることはできないとは言え、
本当に凄いライヴだったと思う。
2008年ベスト・ライヴと初めに書いたが、
現時点での生涯ベスト・ライヴと言い切ってもいいかもしれない。

清志郎は今回のMCで、 ” バンドに戻ってこれて嬉しい ” と話している。
この日、最後に花束を渡されたときには ” こんなドうるさいバンドで歌えて嬉しい ” と言っていた。
このドうるさいのドは、もちろんドカドカのドだろう。

  オイラ友達を集めてバンドをやってるのさ
  聴かせたい歌が たくさんあるのさ

「よォーこそ」で歌われるこの歌詞を清志郎が歌うことの、何と素敵で素晴らしいことか!
完全復活、本当におめでとう!
忌野清志郎!
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

あ~~ そうだった!

こんばんは。昨日のことなのに いっぱい忘れていました!
それも大事な ♪い・け・な・い ルージュマジック を!
あの曲のときは 何がなんだかわかってなかったんだけどね(笑) まさかまた抱きついた?とは思っていたけど 肩もんじゃったんだね 幸運な人だなぁ Blueさんは。音楽の神様のおかけだね。

いいライブだったです。またこのバンドで見たいなぁ~

・・・・・ビックリですねぇ。
「よォーこそ」で登場するチャボ観たかったなぁ。
武道館でやらないのが“?”だった「トランジスタ」も聴きたかった!
「雨上がり」でアツくなってるチャボ、記事読んでたら映像が目に浮かびました。
ステキなレポート、ありがとうございます!
チャボも復活祭最後ってコトでエキサイトしたんでしょうね。

俺、武道館しか行ってませんが、ヤッパリ一番グッときたの「スロバラ」でした。
あらためてスゴイヴォーカリストだなと思い知らされました。

待ってました~!

凄い…
ブルーノートの時も興奮しましたが(笑)京都も…

6曲目で「よォーこそ」
ここでチャボ登場だなんて!
これは、わかっていても感動ですね!
反則ですね!

「エンジェル」「モーニングコール」
またまた「ルージュマジック」
さすが最終日?!(笑)

反則ですね!

「雨あがり」の時のチャボについては、nobuさんも書いてたので、どんだけ~?!って、ドキドキしましたが、やはり…(笑)

Blueさんが、初めてと思ってしまうくらいだったとは…

現時点での生涯ベストライヴ だなんて、羨ましいです!

これからの清志郎に期待してしまいます。

もっともっと、夢を見せてくれ~!

あぁ…Blueさん、感動のおすそ分け、ありがとうございました…夢心地です(笑)

まるでその場にいるみたい!

blue さん、毎度レポありがとうございます。
この構成はキますな、うーっ、たまりません!
じゃ、DVD4枚組で発売ということで。
ストーンズみたい(武道館、ブルーノート、大阪、京都)。
特典映像も楽しみです(リハとか)。そんな妄想が膨らんでます。

blueさん、復活祭完全制覇お疲れさまでした!
blueさんのレポのおかげで、私も全てにまるで参加出来たみたい。
清志郎、チャボ、他のメンバー、スタッフの方々に本当に感謝。
blueさんのあったかいレポに多謝!
会場に集まった、集まれなかったファン達に乾杯!
(なんて、カッコつけてすみません。)

yukoさん

まさか、清志郎がまたこっちに来るとは思いませんでしたよ。
興奮再び!でしたねぇ。

LA MOSCA さん

>武道館でやらないのが“?”だった「トランジスタ」も聴きたかった!
この曲はじらされましたよねぇ(笑)。

>チャボも復活祭最後ってコトでエキサイトしたんでしょうね。
そうですね。色々な思いがあったんだろうなぁ。

>ヤッパリ一番グッときたの「スロバラ」でした。
良かったです!間違いなく「スロバラ」熱唱でしたね。

ヒナさん

反則がいっぱいありましたね(笑)。

>「雨あがり」の時のチャボについては、nobuさんも書いてたので、どんだけ~?!
打ち上げで、ある友達が「チャボは狂ったように弾いていた」と言っていた程です。
熱いものがありましたよ。

>現時点での生涯ベストライヴ だなんて、羨ましいです!
まぁ、私のレポは個人的な想いが偏りすぎるので、
nobuさんとこのレポに期待していてください(笑)。

hisakataさん

>blueさん、復活祭完全制覇お疲れさまでした!
いや、ブルーノートの2ndは観ていないんで(笑)。

京都もカメラはありましたよ。
もちろん武道館が中心になるでしょうが、
ブルーノートと追加公演も含めた編集の映像作品が届けられると思っています。

最高だぜ~!

ほんと、素晴らしかったですね。
Blueさんも、ホーン側?席、近かったのかな。

そう、雨あがりのチャボ、あんなに激しく、髪振り乱して、思いをぶつけるような演奏をするチャボ、はじめてだったので、すごく印象的でした。
そうか。Blueさんでも初めてだったんですね。
感極まっているみたいだった。
昨日は、特に、清志郎とチャボ、二人の愛があふれあふれていて。。
本当に嬉しくて幸せでした。

清志郎がやったギャグは、世界のナベアツでした。やった瞬間は、「何してんだ…」と、目が点になりかけましたが、1、2、3×××、4、5、6×××、7、8××××××、ボボボボボン、ボボボン…ってイントロが流れて、涙が出た。3の倍数で清志郎がしゃべった言葉は聞き取れなかった。

でも、チャボの雨上がりのパフォーマンスは、一生忘れない。後ろの席だったから、分からなかったけど、涙浮かべてたんですか? そういわれれば、上を向いていたような気が…。
あと、Blueさん、大事なこと忘れてる。チャボさん、今ツアー初のベレー帽だったじゃないですか!

nobuさん

>Blueさんも、ホーン側?席、近かったのかな
そうですよ。もしかしてすぐそばにいたのかな(笑)?

>雨あがりのチャボ
>感極まっているみたいだった
いやー、「雨あがり~」でのあんなチャボはあまり観られませんね。
こういったライヴの最後の曲ですから、いろんな想いがあふれ出たんでしょうか。

>清志郎とチャボ、二人の愛があふれあふれていて
ジョンとポール、ミックとキースと同様に、世界に誇れるロック・コンビですよ。

SETSUさん

おっと、コメントありがとうございます(笑)。

>清志郎がやったギャグは、世界のナベアツでした
ネタ元はわかりましたが、それにしてもどうしてあれをやったんでしょうか(笑)。

>チャボの雨上がりのパフォーマンスは、一生忘れない
私も忘れませんよ。忘れられませんよ。

>分からなかったけど、涙浮かべてたんですか? 
>そういわれれば、上を向いていたような気が…。
チャボが帽子をいじって上を向いたのは気付いたんです。
でも涙…はわかりませんでした。

>大事なこと忘れてる。チャボさん、今ツアー初のベレー帽だったじゃないですか!
そうだ!ベレー帽だったのでぶっ飛んだんですよね!
あー、何だかまた思い出してきましたよー!

もう1つ、大事なこと思い出しました!
チャボさんが、わざわざ階段上って、コーちゃんのところまで行って、肩たたいてました。何の曲のときでしたっけ?

SETSUさん

>チャボさんが、わざわざ階段上って、コーちゃんのところまで行って、肩たたいてました
あー、そうだ!あれは印象的なシーンでしたよねぇ…。
「トランジスタ・ラジオ」じゃなかったかな?記憶がすっ飛んでますわ(笑)。

BLUEさんSO!SO!SO!GREAT!!!

有難うございます!長い出張から戻り会社のPC立上げ即BLUEさんプリントアウト。帰りの市ヶ谷のホームで泣いちゃいました!!!BLUEさん!
素晴しすぎです!エンジェル~~~~~~聴きたい!!です。ミックのアンジーか清志郎のエンジェルか!というぐらいの名曲でございます。清志郎に!バンドのメンバーに!こんな素晴しいLIVEを企画して下さったスタッフの方々に!BLUEさんに!そして清志郎を愛する方々に心から愛してます!!清志郎のファンの集いVIDEOコンサートとかいきたいぐらい!!BESTHITU.S.Aを観てた時代の感覚に戻れた自分が嬉しいす!
本当にBLUEさんありがとう!武道館しか行けなかったけど想像で感動&泣けたことなんて久しくなかった。。。。THANKS!!!

KAO さん

京都の雰囲気が少しでも伝えられたなら良かったです。
それにしても「エンジェル」なんてまったくアタマにありませんでしたから。
他にもリハーサルで演ったRCの曲があるかもしれませんね。

Blueさん、はじめまして。

いつも拝見してます。お世話になってます。

臨場感ある京都レポありがとうございます!
「よォーこそ」派手なチャボの登場見てぇー!!
「エンジェル」泣いちゃうな。
「い・け・な・い ルージュマジック」「雨あがりの夜空に」・・・・。うらやましい!!
世界のナベアツまでやっちゃいましたか。

だけど、「『RHAPSODY』B面一曲目の「エンジェル」だよ!」とか、
「もしかしたら、今月は『BEAT POPS』が発売され、
来週はザ・ベストテンと夜のヒットスタジオにRCが出るんじゃないか(笑)?」とか、
Blueさんのレポートもサイコーです!

私は武道館のみ一人参戦でしたが、おかげさまで全完全復活祭を一緒に満喫した気分です。
今後ともよろしくお願いします♪

わわわ…なんか、すごいことになってたんですねぇ。エンジェル、聴きたかったな。「完全復活祭」と銘打った一連のステージ、なんか回を追うごとに進化していってる感じですね。関西遠征は無理でもBlue Noteは行きたかったな。。とはいえ日程的に厳しくて、武道館行けただけでもラッキーだったんですけど。たくさんのレポート、ありがとうございました。楽しく読ませていただきました。

ちなみに現在ストックホルムです。さむい~。

相変わらずすごい・・・

この充実のリポートにこそ感動してしまいます(涙)
武道館の感動が甦ります。おかげさまで京都までも行った気分です。
今回のDVDのライナーノーツはぜひBlueさんに書いてほしい。
それにしてもいいなぁ・・・エンジェルとモーニングコール。

くさりさん

コメントありがとうございます。

中盤の流れは決して派手な曲じゃなかったんですけど、
だからこそRC的な色を私は濃く感じたんだと思います。
「ステップ!」とか「上を向いて歩こう」などの定番よりも、
これらの曲を演ったほうがRC的な印象が強くなりますからね。

ayakoさん

遠い国からコメントありがとうございます。
お仕事ご苦労様です。

>武道館行けただけでもラッキーだったんですけど
そうですよね。確か出張かも…と言っていましたよね。
でもayakoさんが武道館を観られて本当に良かった。
あれは、再び体験したくても二度とできないライヴだったと思いますよ。

あんじゅさん

>今回のDVDのライナーノーツはぜひBlueさんに書いてほしい。
おー、依頼があったら喜んで書きますよー(笑)。

>それにしてもいいなぁ・・・エンジェルとモーニングコール。
あのバンドで聴くこれらのバラードは効きましたよ。
「スロバラ」や「多摩蘭坂」とはまた違った良さがありますね。

すごい、文章から音が聞こえてきそうな。。。
京都、行きたかったなぁ。
でも、Blueさんありがとうございます。
こうして、
何分の1かでも、コーフンが味わえたのですから。

gaku1868さん

ありがとうございます。
皆さんから頂いたコメントのおかげで、
私自身も改めて色々なことを思い出しています。

ごちそうさまでした(笑)

いやー。
なんともいえませんね・・

2回読みました。
どなたかのコメントにありましたけど、これが映像作品になった暁には、Blueさんにライナー書いてもらいたいです(笑)

しかしなぁ・・
エンジェルか・・。

恭さん

>これが映像作品になった暁には、Blueさんにライナー書いてもらいたいです(笑)
ですから、依頼されたら喜んでー(笑)。

>しかしなぁ・・ エンジェルか・・。
今週は『RHAPSODY』をビンビンに聴いちゃってます。
特に「よォーこそ」と「エンジェル」のA面B面それぞれの一曲目をリピート再生です!
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ