忌野清志郎 完全復活祭 追加公演 フェスティバルホール 2008.2.24

オープニングの「JUMP」に続いて「ROCK ME BABY」が演奏された。
いきなり武道館とは構成が変更されており、気分は一気に盛り上がった。
ということは、アンコールに別の曲が来るわけだな。
これは「トランジスタ・ラジオ」だろう…とこの時点では思っていたが…。

結果としては、武道館とほぼ同じメニュー。
ただし『夢助』からの「涙のプリンセス」「誇り高く生きよう」と、
初期のRCナンバー「ぼくの好きな先生」がカットされており、
演奏された曲は少なくなっていた。
想像するに、これはおそらく会場の使用時間などの理由かと思われる。
その意味では残念な気も少しだけするけれど、
いやいや、内容はそんなことは微塵も感じさせない素晴らしいロック・コンサートでした。

もちろん大阪公演が初の復活祭になったお客さんは感動で涙…な人も多かっただろう。
でも、この日のライヴを観ての僕自身の感想は、やたらと楽しかったのだ。
実際に、僕の周りで観ていたみんなは笑顔だった。
本当に笑顔、笑顔、笑顔だったのだ。
おかげで、途中で復活祭ということを完全に忘れ、
『夢助』を引っさげての2008年ツアーを観ていると思った程である。

話は戻るが、やはり武道館は特別なライヴだったのだろう…と思った。
迎えるお客さんの期待感でパンパンになり破裂しそうになっていた武道館。
そこに登場する清志郎とバンドのメンバーには、物凄い緊張感があったはずだ。
そんな中で実際にあれだけのライヴを行えたのも、
バンドが完璧にそれを演奏にぶつけられたからだと思うし、
あそこにいた一万三千人もそれをキャッチし、メンバーへ投げ返していたわけだから、
あの再現不可能で感動的な三時間が生まれたのだ。

今回の大阪追加公演では、
清志郎もバンドも武道館のときよりもかなりリラックスしていたように思う。
もちろん間にはブルーノートもあったし、余裕を持ってできたということはあるだろう。
ただし!
演奏するのはNICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS plus 仲井戸“CHABO”麗市なのだ。
これは武道館であんなライヴを演ってしまうとんでもないバンドなのである。
このバンドが、良い意味でのリラックスと余裕で演奏したら…。
しかも、このバンドをバックに忌野清志郎が歌うのである。
最高のロック・コンサートになるに決まっているじゃないか!

武道館では僕自身も興奮しており、所々の記憶が飛んでいるが、
今回は聴くほう、観るほうとしても余裕を持てたので、じっくりと演奏と歌を堪能させて頂きました。
いくつか印象に残ったことを記しておきます。

「いい事ばかりはありゃしない」でのチャボ。
アドリヴで、短いながらも冴えたフレーズをいくつもかましていた。
そしてワン・マイクで清志郎と歌う ” ねむ~る~だけ~♪ ” のハモリは永遠の指定席だ。
登場シーンの演出は武道館と同じだったが、ライティングが無かった分、
武道館でのカッコ良さを改めて再認識した。
あれは本当に最高に素敵でカッコ良かった。

この他のチャボ・パートは、余計な(笑)演出が無かった「チャンスは今夜」、
今回じっくり聴けた「コーヒー・サイフォン」など、すべて良かったなぁ。

「激しい雨」。
清志郎はサビの ” RCサクセションが きこえる ” を、
最前列の何人かのお客さんに歌わせています。
これは歌いたかった(笑)。
京都の最前列のお客さんはチャンスですよ!
スクリーンにRCのレコード・ジャケットを映す演出は無し。
これはブルーノートでも無かった。
まさに武道館のみのスペシャルだったのだろう。

「ドカドカうるさいR&Rバンド」。
” ホテルをうろつく女を 新井田がよろしくしてるぜ ” と清志郎は歌った。
梅津がよろしく…は定番だが、新井田がよろしく…は初めてではないだろうか(笑)。

「よォーこそ」。
今更ながら、本当に名曲だと思った。
このカッコよさはいったい何なのだ!
こんな曲をオープニングに演奏していたのだから、RCのライヴが凄いわけである。

清志郎のヴォーカルは聴くたびに良くなっていく。
この日は武道館よりも格段に通っていたように思う。

清志郎をバックアップするバンドのメンバーに笑顔がいっぱいだったことも、
最後に付け加えておきます。

今後もまたこのメンバーが集い、このメニューで演ることなんてあるのかと考えると…。
僕は今、物凄いものを体験しているのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

めざせ 復活祭 完全制覇!

blueさん こんにちは
リラックスムードでゆったり聴き込めて良かったですね。ああ、うらやましー。
このまま全国ツアーを!でも、やっぱ体が心配、清志郎無理しないでね。
じゃ、アルバム録音ってのはどうでしょう?
全国の行けなかったファンの為にも復活祭がDVDにならないかなー。
(武道館とブルーノートの二枚組で)
まるで盆と正月が一度に来たみたい(古い)!

hisakata さん

大阪ではじっくりと音を楽しませてもらいました。
とは言え、ライヴ中は盛り上がりっぱなしでしたが(笑)。
武道館とブルーノートは、やっぱり冷静じゃいられませんでしたからねぇ。
ですから、じっくりと言っても、あくまでもこの二つに比べて、ですけれど。

レポありがとう~

そうかそうか。
笑顔笑顔のライブ。
あの、武道館から、演奏もさらにシェイプされて。。
く~。来週も楽しみだなあ~。

nobuさん

どうしてもライヴ前は色々と妄想や期待をしちゃうんですが、
当日になったらそんなことどうでも良くなっちゃうんですよねー(笑)。

>笑顔笑顔のライブ
私の周りは、たぶん武道館も行った組が多かったんだと思うんですが、
とにかくみんなが嬉しそうでしたよ。
あとね、チャボが本当に楽しんでいた感じでした。
ステージで良く笑うし、他のメンバーとのアイ・コンタクトも多くて。
それが凄く良かった。

>く~。来週も楽しみだなあ~。
いよいよ完全復活祭も千秋楽です!京都はお互いにぶっ飛びましょう!

武道館の“奇跡"それから大阪

Blueさん、こんばんは!大阪に行かれたんですね?
生まれも育ちも大阪の私には、あの、フェスティバルホールで復活祭をやってくれてどうもありがとう、という気持ち。
Blueさんのおっしゃるように、あの夜のことは、あの夜は…特別なのさ。

京都では

演奏時間、武道館並みになるのではないでしょうか?フェスティバルホールはクラシック用ということもあって、ステージで使えないものや、終了時間にかなり規制があるそうです。京都会館はそれほど規制が厳しくないらしいので期待したいですね!

りぷを さん

>生まれも育ちも大阪の私には
おー、そうなんですか!
フェスティバルホールには去年初めて行ったのですが、今ではお気に入りのホールになっています。
浜田真理子との出会い、中島みゆきのライヴ初体験、そして今回の清志郎復活祭と、
忘れられないホールにもなりましたよ。

トワイライトさん

>フェスティバルホールはクラシック用ということもあって、
>ステージで使えないものや、終了時間にかなり規制があるそうです
あぁ、やはりそういうことがあったんですね。
京都は完全復活祭最終公演ということもありますし、期待していたいと思います。
でも、メニューに関わらず盛り上がりは必至ですね!
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ