佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA ヤァ! 40年目の武道館 日本武道館 2021.3.13.

朝からまるで嵐のようだった天候も、始まる直前には落ち着いた。

  Now we're standing inside the rain tonight

このフレーズは、まさに今夜、
ここに集まったぼくたちの思いそのままのような気がした。

EwScGEqVkAMCtVD.jpeg

  デビュー40周年
  オール・タイムヒットから最新の重要曲まで

記念ライヴにありがちな、
こうした事前インフォメーションを素直に受け取ることは少ない。
しかし、佐野元春だ。
想像と期待はしていいだろう。
そしてそれは、想像していたとおりであり、期待していた以上。
3時間のベスト・アルバムのようなプログラムだった。

演奏された曲を振り返ると、
モヤモヤした感情や怒りの思いからの "ぶち壊せ " 的な、
いわゆる、ある種のロック的定番なエネルギーで盛りあがるのではなく、
あくまでもポジティヴな思いがステージから投げかけられ、
それをみんなで共有していくのだから素晴らしい。
そんな場にはHappinessしか生れない。

自分の思いや想いをそこに重ねるには最高のセット・リストだったが、
きっとこれは誰もが同じであったと思う。
あらゆる年代のファン各々が、
自分の思い入れをぶつけられる曲が演奏され、
その曲はそれを深く受けとめてくれる。
そしてそこから返ってきて欲しいと思っている答えが、
その通りに届くのである。
さらに、こんな自分だけのハイライトが、
3時間の中で何度もやって来るのである。

元春の40年に、ぼくは自分の40年をぶつけた。
返ってきた答えは " 幸せ " だった。
最高のライヴ。
そして最良の音楽の魂にふれた夜だった。

IMG_3454.jpeg

p.s.

遠くから、すーっと現れたその音。
ぼくの耳がそれをキャッチした瞬間、
アタマの中を40年前から今が一瞬にして通り過ぎる。
そしてあのピアノのイントロが鳴った。

image1_2021040723002075a.jpeg

何度ぼくは『Truth '80~'84』を観たことだろう。
そして何度「HEART BEAT」をぼくは観たことだろう。
名演と呼ばれるものが映像化されているケースは、
日本ではそう多くはないと思うが、
R&Rナイト・ツアーで収録されたこの曲は間違いなくそれだ。

80年代から今に至るまで、この映像を観るたびに、
音楽を聴くことでしかできない体験を、ぼくはする。
それを言葉や文章にすることは難しい。
しかし、身体と心は正直だ。
2013年に『Film No Damage』を映画館で観た。
スクリーンいっぱいに映る「HEART BEAT」。
四方から音で包んでくれる「HEART BEAT」。
モノクロとブルーの美しい映像に乗って、
歌われ、語られる「HEART BEAT」。
何かがぼくを肯定し、励ましてくれた。
自分の意思ではどうにもできないほど、
心が動かされ、身体が震えた。

言葉に出来ずとも、こうした体験を何度もしているから、
そしてそれを知っているから、ぼくは音楽から離れられないのだ。

自分の思いや想いを重ねることができ、
しかもその思いや想い通りに受けとめてくれる曲が、
すぐ目の前で演奏されるなんて、何と幸せなことだろうか。
流れた涙のもとは悲しみや切なさではなく、喜びなのだ。
2021年3月13日 日本武道館。
ここで披露された「HEART BEAT」を、ぼくは一生忘れない。

     **********

「緊急事態宣言」

無闇に恐れないで
無駄に油断しないで
いつものフローで行こう

記念ではなく
祝祭でもなく
唄う理由を知るための
まぎれもない証

今ここに迎えた40年ではあるが
今ここで舞台に立てることに感謝

直の場
仮想ではなく現実の場
リアルな場、本物の場

君に会えるのは
これで最後になるのだろうか

そうであっても
そうでなくても
明日は来る

ここにささやかな場を
仲間たちに捧げたい

守って、祈って
準備ができたら知らせてほしい
門は開けっぱなしにしておくよ

一緒に過ごそう


2021.2
佐野元春
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's BBS
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Blog Category
Past Entries
ブログパーツ