浜田真理子LIVE STREAM Vol.8 2020.11.22(Mon)

ライヴは「森へ行きましょう」で始まった。
川上弘美さんの同名小説が文庫化されるので、
それを見込んでの選曲かもしれないが、
以前はオープニングで歌われていたこともあったとはいえ、
最近は聴くことがなくなっていた曲なので、
意表を突かれながらも、嬉しいスタートだった。

cover-TGzwcCUG4tPZGI6BI7i9rhFB05r1dftN.png

 森へ行きましょう
 Fruitless Love
 モルゲンロート(胡池マキコ)
 はじまりのうた(胡池マキコ)
 さつきの憂うつ
 流転(浜田真理子/胡池マキコ)

これまでの配信ライヴでも、久しぶりに歌われる曲や、
初期の曲が多く取りあげられてきた。
今回も、ゲストの胡池マキコさんのリクエストで「Fruitless Love」。
さらに彼女もカヴァーしているからだろう、共演という形で「流転」。
こうした初期の曲はうれしい。

もちろん単純にレアな曲が歌われることのうれしさもあるが、
今の浜田真理子の音楽として聴ける喜びのほうが勝る。

現在はバンド・スタイルでの演奏ができないこともあるから、
浜田真理子の定番である弾き語りが復活している。
しかし、この弾き語りは、よく言われるような原点回帰ではなく、
今、2020年のスタイルとして出されていることを認識したい。

2017年の『Town Girl Blue』以降の活動により、
彼女に新たに積み上がったものがあっての弾き語りは、
間違いなく最新型のハマダマリコである。
以前に戻ったのではなく、新たな音楽なのである。
今の浜田真理子の弾き語りは無敵のような気がしている。

     **********

日時:2020年11月22日(日)
   START 20:00 (40分程度) 
出演:浜田真理子(p,vo)
ゲスト:胡池マキコ(gt,vo)
料金:投げ銭(donation)1000円~
https://peatix.com/event/1714998
(動画公開終了時11月30日23時0分までできます)
会場: ボルゾイレコード(鳥取市)
https://borzoigaki.exblog.jp/
配信方法:YouTube
mariko channel
https://www.youtube.com/c/marikochannel
(動画公開は11月30日23時0分まで)
音響:奥田隆
撮影:森田裕典(U1 create)、Marino
デザイン:Marino
Movie:Marino

共演者プロフィール
胡池マキコ Makiko koike

三重県出身・在住 シンガーソングライター
2009年より「うたいたい」という衝動に背中を押されて突然ギターを手にし、
オリジナル曲を創作し歌をうたいはじめる。
ノスタルジックで澄んだ歌声と、弱さと強さ、絶望と希望を同時に感じさせる歌の世界は、
聴く人の心のひだに静かに浸透する。
これまでに『ワンダーランド』『ツキミマンテマ』の2枚のオリジナルアルバムを自主制作し
ライブ会場で販売。
地元三重を拠点に各地で弾き語りライブを行う。
2019年New Album『Morgenrot(モルゲンロート)』初の全国リリース。

☆みなさま、お元気ですか。11月も後半ですね。あと少しで今年が終わるー。
毎月配信ライブにお付き合いいただきありがとうございます。
今月は、島根県のおとなりの鳥取県鳥取市へ行ってみようと思います。
ハマダとは昔なじみのボルゾイレコードさんで、
三重県のシンガーソングライターの胡池マキコさんをお呼びしてお送りします。
どうぞお楽しみに!
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしかったです。

素晴らしい歌を聴くことが出来ました。

アラン塚原さん Re: 素晴らしかったです。

コメントありがとうございます。
はい、真理子さんのライヴ、素晴らしかったですね。
Profile

Blue

Author:Blue

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's BBS
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Blog Category
Past Entries
ブログパーツ