中島みゆきコンサートツアー2007/ 2007.11.5 東京国際フォーラム

感動した。

もちろん大阪公演でも感激したのだが、あの時はどちらかと言うと爽やかな印象であり、
所謂 " じ~ん " というものとは違った感動だったのだけれど、今回はまさにその " じ~ん " だった。

東京国際フォーラムに来るのは初めて。凄い建物。
隣はよみうりホールなんですね。
トム・ヴァーライン
をここで観たことを思い出してしまいました。

SBSH0014.jpg SBSH0016.jpg SBSH0017.jpg

会場には三代目魚武濱田成夫による『I Love You,答えてくれ』のタイトル文字の実物が展示されていた。
これは見ものでした。

SBSH0020.jpg SBSH0024.jpg

さて、大阪公演から1ヶ月。
ツアーも3分の1を消化し、音はもちろん構成もかなり整理されていたという印象だ。
MCも、肝心なところでは大阪とは違い余計な言葉は排除され、
言いたいことだけを発するというものになっていたと思う。

僕の席は1Fの中央からやや後ろであるがど真ん中。
ステージを全て見渡せる恰好の場所だった。

まず音の印象。
大阪のフェスティバルホールも音の良さを感じたが、ここ東京国際フォーラムは本当に素晴らしかった。
相変わらずリズム隊は前面に出ない音作りだったが、バランスはまったく問題なく、
とても心地よく楽しむことができた。
特に、あれだけのホールでギターがギターの音として客席に届くのは凄いと思った。
この音の良さは感動ものでした。

定刻から5分遅れで開演。
バンドが音を出し、中島みゆきがステージ後ろから現れた瞬間から、
僕は肉眼と双眼鏡を駆使し、彼女の姿を目に焼き付ける。
今回は席がみゆきの立ち位置と真正面になるため、双眼鏡を覗くとすぐ目の前で歌っていることになる。
大阪では2F席だったので上から見おろしていたのだが、ここでは全身をバッチリと確認できたわけだ。

オープニング。マイク・スタンドの前に立ったときから、もう既にオーラが違う。
照明なんか無くても、そこだけが輝いている(笑)。本当にそうなんだから(笑)。

声も調子が良さそうだった。
今夜もたっぷりと中島ワールドを楽しめることができた。
メニューは僕が観た大阪とは違うパターンだった。これはラッキーである。
今回のツアーは2パターンのメニューを用意し、それを交互に出しているようだ。
例え大阪と同じメニューであったとしても、それはそれで新たにじっくりと聴きなおせるので良かったのだが、
やはり1ツアーでふたつのコンサートを楽しめたのは嬉しい。

ちなみに僕が観た大阪との違いは次の通り。

●大阪(10/4) → 東京(11/5)
with → EAST ASIA
ホームにて → 蕎麦屋
命の別名 → 糸

それでは、印象に残った曲をいくつか。

前半のハイライトは、やはり「ララバイSINGER」。
「アザミ嬢のララバイ」がサビに歌いこまれたスペシャル・ヴァージョンだが、
このアレンジは秀逸。沁みる。

そして中盤の「ファイト!」。
直立し、正面を見つめたままでこの名曲を歌う中島みゆきは迫力満点。
様々なアーティストにカヴァーされている曲だが、本人のライヴ・ヴァージョンを観たら、
とてもカヴァーしようとは思わないのではないか…というか、できないと思うよ(笑)。
その理由のひとつは、この日の「ファイト!」が終わった後、
僕の隣の男性がひとことこう言ったことでもわかるだろう。
  
  すげぇ

本当にこう言ったのだ。言わなかっただけで、他にもそう思った人は多かったと思うが。

僕が特に印象的だったのが、この曲を歌う彼女の両手。
歌っているあいだは、ずっと両手を握ったままだった。
ラストの歌詞 " ああ 小鳥たちの群れきらきらと♪ " のところで、
やっと手を前に差し出して開いたのだが、それまでの握りこぶしは何だったのか。
そういえば、「ファイト!」には" 悔しさを握りしめすぎたこぶしの中 爪が突き刺さる " という歌詞がある。

「誕生」は今回のツアーのテーマのひとつとも言える曲。
生まれたときは誰でも言われたWelcome、それを思い出して…というスケールが大きな名曲。
熱唱だ。

そして本編ラストの「重き荷を負いて」。実はここでも彼女の両手に目が行った。
" がんばってから死にたいな♪ " を歌うところで、やはり両手が握りこぶしになる。
この曲を歌い終え、ステージを去る中島みゆきの後姿。
しびれた!

アンコール。「本日、未熟者」からのロック三連発。
中でも「地上の星」のテンションは高かった。
僕の好きなぶっ飛んだ中島みゆきになりかけていた。

「背広の下のロックンロール」は、アルバムで聴いたときはそんなに目立つ曲じゃなかったのだが、
こんなにライヴのラスト・ナンバーとしてはまるとは思わなかった。感動的な締めくくりだと思う。

2時間40分、たっぷりと中島ワールドを堪能。
それにしても、「with」や「EAST ASIA」、
「ファイト!」に「誕生」「重き荷を負いて」等の大作が目立ってはいるが、
今回のツアーで歌われている曲は、新曲も過去の曲もドラマチックなものばかりであるなぁ。

ツアーは映像作品となる予定みたいなので楽しみだ。
感動的な作品が届けられることは間違いないだろう。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2007年11月25日 広島厚生年金会館 ライブ・レビュー

前回レポートした公演から一ヶ月半ほど経過した。 前は二階席、今回はいわゆるトチリ席のサブセンターという良席でもあるため、単純な比較はできない。 とはいえ、前回に感じた「声」のリソース配分のアンバランス感、一部不足感のようなものは、今回に限って言えばまっ...

コメントの投稿

非公開コメント

お~

東京国際フォーラムも行かれたのですね。
そうかそうか。" じ~ん " ですか。
みゆきオーラが伝わってきます~。
このチケットなら手に入ったのかなあ。

映像化ですか、楽しみにしてよっと。

nobuさん

>そうかそうか。" じ~ん " ですか
いやいや、感動しちまいました v-406
ただ、コンサート自体が、観た人達が必ず感動するように作られているみたいなんですよ(笑)。
これは変な意味じゃなくて、素晴らしいことだと思いました。

>映像化ですか、楽しみにしてよっと
期待できると思います v-218

うちのブログへのコメント、ありがとうございました。

広島公演で書き残したことなんですが、
ちょうどギターの古川昌義さんの視線が来るところに座ってたんですね、
知り合いにそっくりな古川さんが、
こっちを見ながらずーっとニコニコされてたので、
なんていうか、心がほんわかしました。
いいライブでした。

※次の東京も楽しみですね!

ne_sanさん

私も野球に例えてのライヴ・レポをやってみようかな(笑)。

>「歌いこめば」→「投げ込めば」って感じですかね
そうそう、まさに(笑)。それにしてもライヴがこんなにも野球に例えられるとは思わなかったです e-45

>次の東京
次回は、バンドの演奏の気合いとテンションの高さのアップはもちろんですが、
良い意味での大きな余裕も観られるんじゃないかと思っています。
そして、何と言っても中島みゆきのヴォーカルが楽しみですよ。
どれだけの歌を聴かせてくれるのか…いや、剛速球なのか変化球なのか(笑)。

野球にたとえずにはいられないノリでしたので…(笑)

剛速球にせよ変化球にせよ、楽しみですね。
わたくしはこちらのレポートとDVDを楽しみに待ちましょうかね。

※…DVDですよね?
日替わり3曲の扱いがどうなるのか、
はたまたMCは?…など、いろいろかんがえちゃいますが。

ne_sanさん

>DVDですよね?
DVDでしょう! まさかVIDEOなわけ無いし、TVってわけでも無いだろうし。

>日替わり3曲の扱いがどうなるのか
これは6曲共収録して欲しいですよね。

>はたまたMCは?
これはいらないなぁ(笑)。
リハやバック・ステージなんかも含めたツアーのドキュメンタリーも観たいので、
1枚は純粋なライヴ。もう1枚はツアー・ドキュメンタリーの二枚組がいいな。
これなら日替わりの曲もすべて収録できるだろうし。

複数日程ではない会場のヒトのためにも、6曲ほしいですよねー。

「リハ、バックステージなんかのドキュメンタリー」!!
うぁ、それ、ものすごく興味ありますわ。
最初で最後かもしれない純粋ライブDVDだとすれば、豪華版が欲しいですよねー。
そういう希望ってのは、どこに訴えれば…?
やっぱりファンクラブへの直訴とかですかね?

ne_sanさん

過去は、夜会以外の映像作品はあまり積極的じゃなかったような中島サイドですが、
ここまで本格的にやるなら、どか~んといって欲しいものです。
ライヴ本編とドキュメンタリーの二枚組仕様なら、喜ぶファンはたくさんいるんじゃないかと思うんですけれど。

>そういう希望ってのは、どこに訴えれば…?
>やっぱりファンクラブへの直訴とかですかね?
う~ん、どうでしょう? 本人に直訴してみようかな(笑)。
ただ、作品化するからには、かなり気合入れて作ってくれると思うんですけどね。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ