命の別名/中島みゆき from 『わたしの子供になりなさい』 -1998-

昨日、今日と、本当に多くの『ララバイSINGER』について書かれたブログの記事を読んだ。

予想外だったのは、TOKIOに提供した「宙船」のヴォーカルについて…だった。
それは、多くの人達が「凄いヴォーカルだ!」のように書いていること。

昔からその気配は十分にあったのだが、
いつからかハッキリと中島みゆきはたくさんの声色…と言うか、
ヴォーカル・スタイルを聴かせてくれるようになった。
それは知らない人が聴いたら、それぞれとても同じ人が歌っているとは思えないものだ。

その中のひとつに、今回話題になっている「宙船」のようなドスの効いたスタイルがある。
だからお馴染みのヴォーカルであるのだ。決して「宙船」が初出では無い。

ドラマ「聖者の行進」に使われた「命の別名」という曲がある。
中島みゆきらしいハードなバラードでシングルも切られているが、
注目すべきはアルバム『わたしの子供になりなさい』に収録されたヴァージョンだ。
ちなみにシングルは『Singles2000』で聴くことができる。

アルバムで聴けるのはシングルとはまったくの別ヴァージョンなのだが、
ここでのヴォーカルがとにかく凄い。ぶち切れているのだ。
だって、あまりにも力みすぎたのか、
バックのオケと明らかにずれているようなところもあるんだよ。
ただ、それくらい歌に集中していたのだろう。
このテイクをOKとした気持ちもわかる気がする。
僕自身は最高の出来だと思っている。

さて、この『わたしの子供になりなさい』だが、この曲を筆頭に、
まるで「みゆきヴォーカル教室」みたいなアルバムでもある(笑)。
彼女の様々なヴォーカルを聴きたいファンは必聴。
「命の別名」と同じようなド迫力ヴォーカルが他の曲でもたっぷり聴ける。
「下町の上、山の手の下」「私たちは春の中で」という歪んだギターが印象的な曲。
そしてイントロがボン・ジョヴィな「愛情物語」。
この中島流ハード・ロックの三曲は凄いよ。

そうかと思えばしっとりと聴かせる「わたしの子供になりなさい」があるし、
これまた定番の甘えたようなヴォーカルの「木曜の夜」もある。

そして全てのヴォーカル・スタイルが合体したかのような名曲「紅灯の海」。

あまり語られることが少ないアルバムだと思うが、僕は大好きな作品だし、
彼女の全作品の中でも上位に置くことができる作品だとも思う。

「宙船」でぶっ飛んだファンでこのアルバムを未聴の人は、是非聴いて欲しい。


中島みゆき, 瀬尾一三, デビッド・キャンベル / ヤマハミュージックコミュニケーションズ(2001/06/20)
Amazonランキング:40817位
Amazonおすすめ度:

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

反応しちゃいました

こんばんわ

虹さんのとこから

辿ってきました

かっぱと申します。

この書き込みに
激しく反応してしまい
書き込みしました。

>ここでのヴォーカルがとにかく凄い。ぶち切れているのだ。

・∀・。(-∀-。(・∀・。(-∀-。(・∀・。(-∀-。(・∀・。(-∀-。)ぅんぅんぅんぅんぅんぅん

>イントロがボン・ジョヴィな「愛情物語」。

・∀・。(-∀-。(・∀・。(-∀-。(・∀・。(-∀-。(・∀・。(-∀-。)ぅんぅんぅんぅんぅんぅん
悲しいことに、周りの中島さんファンは
ボン・ジョビを知らないw
_| ̄|○ ガクッ

>「宙船」でぶっ飛んだファン
でもって、いいんですけど
宙船における歌唱を
殆どのファンが流石「みゆきさん」と
語るのが、嫌いだったりするのですw

個人的には90年代の歌唱が一番凄いと思ってます故に、素直に同調出来なかったりするのです(表現力は抜きでの話です)

なんやかんや言っちゃいましたが
ララバイSinger、ええアルバムだわぁ。

おやすみなさいませ。

m(__)m


かっぱさん

コメントありがとうございます。
虹さんのところでお名前は目にしておりました。

反応して頂き、とても嬉しいです。
イントロがボン・ジョヴィな「愛情物語」…なんて書いていますが、
読んだ人が解ってくれるかなと不安でもありました(笑)。

>宙船における歌唱を殆どのファンが流石「みゆきさん」と語る
あれで感心されて驚かれちゃ困りますよね(笑)。
なんて偉そうな事は言えませんが、中島みゆきはもっと凄いんだよーと大声で叫びたいものです。

>個人的には90年代の歌唱が一番凄いと思ってます
同感。一気にヴォーカルに強さが出ましたよね。
『EAST ASIA』辺りが私は好きですよ。

また反応してください(笑)。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ